「システムファイルについて」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

システムファイルについて」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *【システムファイル】
 
 ゲームの基本設定が記入されたファイルです
 シナリオファイル直下に、『.srcsys』、もしくは『.srctxt』があれば読み込まれ
 セミコロン(:)の左側が項目名、右側が入力する内容となります
 
 内容に関しては、以下の通りとなります
 
 ----
 
 **※スタートファイル
  
 ニューゲーム選択時に読み込まれるシナリオファイルです
 ゲーム開始する時の物を設定してください
 
 &bold(){【例】}
 スタートファイル:知世の野望_00.srceve 
 
 ----
 
 ----
 **※資金
 資金パラメータの表示を変更します
 設定しなかった場合、表示が資金のままとなります
 &bold(){【例】}
 資金:ガバス
 
 **※強化資金
 ユニットの強化に使用する資金を設定します
 カンマで区切った分だけ、強化が可能になります
+省略した場合の区切りは、【10000, 20000, 30000, 40000, 50000】になります
 &bold(){【例】}
 強化資金:3000, 8000, 15000, 25000, 50000
 
 **※セーブ名、セーブ数
  
 セーブデータのファイル名と、最大セーブ数です
 {0}の部分が、セーブデータファイルの番号になります
 {0}の記入は、外さないようにお願いいたします
 最大セーブ数は、設定した数だけセーブデータが作成できるようになります
 最大50件が上限となり、それ以上を設定しても、50件となります
 
 &bold(){【例】}
 セーブ名:知世の野望_{0}
 セーブ数:10
 
 ----
 
 **※参戦作品
  
 作品内に使うキャラクターデータです
 dataフォルダ直下の設定した.srcdat(変換後専用ファイル)
 もしくは.txtファイルが読み込まれます
 
 また、複数の作品を使う場合は、カンマ(,)で区切って下さい
 
 &bold(){【例】}
 参戦作品:カードキャプターさくら, 魔法少女リリカルなのは
 
 ----
 
 **※会話キャラデータ
 
 キャラクター会話画像データを設定します data/img直下のデータが読み込まれます また、複数使う場合は、カンマ(,)で区切って下さい 
 
 &bold(){【例】}
 会話キャラデータ:メインキャラ画像
 
 ----
 
 **※会話タイプ
 
 ゲーム内で使用する会話タイプです
 現在、以下の2つのタイプが存在します
 
 ・立ち絵
 メッセージウィンドウ1つで、立ち絵を表示するタイプのシステムです
 
 ・アイコン
 メッセージウィンドウ3つで、ウィンドウ左側にキャラアイコンを表示します
 バストアップや、SRCのキャラクターアイコンを使用する時におススメのスタイルです
 また、立ち絵をトリミングして表示する事も可能です
 
 &bold(){【例】}
 会話タイプ:立ち絵
 
 *インターミッション
 インターミッション時に表示するボタンとラベルを設定します
 showパラメーターを0にすると、初期状態で表示されず
 [[IntermissionItem]]で表示を設定すると表示されるようになります
 x、yを設定するとその位置を基点として表示されます
 typeで表示したいものを設定してください
 
 **ラベル
 資金、及び現在設定している変数を表示します
 資金の場合はパラメータのkeyを資金
 グローバル変数の場合はkeyを変数名にしてください
 titleを1にすると項目名を表示し、0にすると項目名が表示されません
 fontsize、color、backを指定すると、それぞれ文字の大きさ、文字の色、文字の背景色を設定できます
 width、heightでラベル範囲を設定でき(省略した場合は適当なサイズに設定されます)
 alignにLEFT、RIGHT、CENTERを設定すると画像がそれぞれの位置に揃えられます
 
 **ボタン
 インターミッションのボタンを設定します
 画像は[[systemフォルダ>>画像ファイルの準備]]内のインターミッションパーツの中から
 使用する物をimgパラメータで指定してください
 デフォルト機能を設定する場合は、以下の値をactionに設定してください
 ***次のステージ
 NextStage
 ***ユニット一覧
 UnitList
 ***セーブ
 DataSave
 ***強化
 UnitStrength
 
 実行時に特定のEveを設定する場合は、actionの代わりに
 fileパラメータに実行するsrceveを、labelに開始時のラベルを設定してください
 labelを指定しない場合は、スタートラベルから開始されます
 
 ----
 
 **≪全体例≫
 マイユニット
 スタートファイル:クラフターストーリー_00.srceve
 資金:マギス
 強化資金:3000, 8000, 15000, 25000, 50000
 セーブ名:クラフターストーリー_{0}
 セーブ数:4
 参戦作品:クラフターストーリー, ザコ
 会話タイプ:立ち絵
 インターミッション
 name:背景, type:img, img:back/温泉_夜_緑.jpg
 name:資金, type:label,key:資金, x:10, y:10, color:0xFF44FF, fontsize:36 ,back:0x55FFFF44, width:200, height:44, align:RIGHT
 name:捕虜, type:label,key:捕虜数, x:10, y:40
 name:次へ, type:btn,action:NextStage, x:20, y:100
 name:一覧, type:btn,action:UnitList, x:180, y:100
 name:セーブ, type:btn,action:DataSave, x:340, y:100
 name:強化イベント,type:btn, action:UnitStrength ,x:20, y:200,show:0
 name:ふれあい, type:btn, img:btn_event, file:event/セシルイベント.srceve, label:セシルスタート, x:180, y:200, show:0
 name:盗賊狩り, type:btn, img:btn_event, file:event/盗賊狩り.srceve, x:340, y:200, show:0