※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「会話データ」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

会話データ」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 **ユニット用データ
-
 【例】
 UNIT:知世の野望U.xml
 木之本桜:さくら
 高町なのは:なのは
 ユーノ・スクライア:ユーノ
 フェイト・テスタロッサ:フェイト
 アルフ:アルフ
 
 ----
 
 マップ上で表示するユニット画像の設定ファイルです
 
 &bold(){UNIT:画像ファイル用XMLファイル名}
 ユニットに使用する画像ファイルを指定します
 ここで記入したimg/unit内の同名ファイルが読み込まれます
 移行、【CHARA:】か、別の【UNIT:】を使用するまで、同一のファイルで設定が可能です
 
 &bold(){データ名称:画像名称}
 データ名称に、xmlファイル内の画像を指定します
 このデータ名称を、[[キャラクターデータ]]のユニット画像に記述すると
 そのキャラクターユニットの画像が設定されます
 
 ----
 
 **キャラ用データ
-
 CHARA:知世の野望.xml
 name:木之本桜
 nickname:さくら
 type:立ち絵
 x:160,	y:160
 ボディ, 	さくら, 	0
 basic:ボディ
 
 name:ケルベロス
 nickname:ケロちゃん
 type:立ち絵
 x:160,	y:160
 ボディ, 	ケルベロス, 	0
 真の姿, 	真ケルベロス, 	0
 basic:ボディ
 
 ----
 
 &bold(){CHARA:画像ファイル用XMLファイル名}
-
 会話、及びキャラクター情報表示時に表示される画像の設定ファイルを指定します
 ここで記入したimg/chara内の同名ファイルが読み込まれます
 移行、【CHARA:】か、別の【UNIT:】を使用するまで、同一のファイルで設定が可能です
 
 &bold(){name:(キャラクター名)}
 会話で使用するデータです
 会話設定時に指定すると使用できます
 キャラクター追加時には、一番最初に記入してください
 
 &bold(){nickname:(愛称名)}
 会話で使用するデータです
 会話設定時に指定すると使用できます
 名称欄には愛称の方が表示されます
 
 &bold(){type:(立ち絵orアイコン)}
 画像のタイプです、立ち絵かアイコンで指定してください
 
 &bold(){x:(アイコンモード時中心位置)、y:(アイコンモード時下辺位置)}
 立ち絵をアイコンモードで使用する時に使用されます
 対象画像のx位置から左右に90ピクセル、上に180ピクセルがアイコン欄に表示されます
 
 &bold(){パーツ名, 	パーツ画像名, 	階層名}
 立ち絵の画像パーツを設定する時に使用します
 パーツ画像名にはxmlファイル内の使いたい画像名を
 階層名には、どの回想に使用するか(0が最下層)を設定してください
 また、パーツごとの差分を使用しない場合は、階層は全て0に設定してください
 基本的に、全てのパーツ画像サイズは同一での使用を予想しております
 
 &bold(){basic:パーツ名1,パーツ名2,...}
 デフォルト状態で表示するパーツの組み合わせを指定します
 何も表示しないレイヤーを作成する場合は、パーツ名に透明の画像を設定する必要があります