マップデータについて

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マップデータは、ツールダウンロード内にあるマップエディタで作成します
32×32のマップチップ画像を、画像ファイルの準備でシート状にして
img/mapフォルダ内の対応したフォルダ内に入れてください

シナリオボタンでシナリオフォルダ(xxx.srctxtのあるフォルダ)を選択すると
そのシナリオで準備しているマップチップが使用できます

フォルダについての状態は、以下の通りです

tileフォルダ

通常マップチップのシート

objフォルダ

現状はtileと同じ、後に変更予定

autotileフォルダ

オートタイルに対応したシート、基本シート1枚で1タイプのオートタイルに対応

autoobjフォルダ

繋がる山など、autotileとは微妙にタイプの異なるオートタイルに対応



オートタイル作成法

オートタイルを作成する場合、以下の手順で作成した画像を用意します

  • オートタイルの場合
上記のような、・マップ単置き・上下繋がり・左右繋がり・四方向繋がり・全方向繋がり
これを縦につなげた32×160の画像を用意

  • オートオブジェの場合
上記のような、・マップ単置き・マップ単置き・マップ単置き・マップ単置き・斜め四方繋がり
これを縦につなげた32×160の画像を用意

用意した画像を、toh様のページにあるマップチップ変換ツールのページの手順に従い変換し
対応XMLファイルをダウンロードして、テキストデータで編集し
中の【imagePath】、並びに【name】のbase(アンダーライン右の数字はそのまま)を、画像ファイルと同じ名前に置換すればOKです

※toh様、どうもありがとうございます
toh様のホームページ
オートタイル変換ツール

※現在ホームページ改修中との事で、繋がらない状態となっております
落とせない場合などは、以下のリンクからダウンロードしてください(配布許可済み)




また、画像分割結合ツールを使って分割し、ファイルを(設定したい名前)_xxxx.pngにリネームしてから
TexturePackerでつなぎ合わせる手もあります
手間はかかりますが、オブジェの方でいくらか容量を削減できます