PushList

概要

Setで選択肢用配列を作成したのちに
これを使ってSelectで表示する選択肢の内容を追加します
ルートで変化する選択肢などに使用してください

パラメーター


target

選択肢を追加する選択肢型変数名を指定してください

key

選択肢の内容を指定してください

value(省略可)

選択肢選択時に入る値を指定してください
Switch使用時のcase文で、この値と比較されます
省略した場合は、keyの値が入ります



【例】
Set name:選択肢 list:選択
PushList target:選択肢 key:ドアを押す value:押す
PushList target:選択肢 key:ドアを引く