ぷちぐるラブライブ!のプレイに役立つかどうかよく分からない、小技や小ネタを紹介するページです。





プレイ中の映像・画像


ロード画面

タイトル画面をタップすると「ぷちぐるラブライブ!」のボイスが流れた後、ロード画面に移行します。
ボイスはμ's&Aqoursの18人×発音2種類=総計36種類の中から1種類がランダム選出されたものです。

ロード画面で表示されるプロフィールのメンバーはボイスが流れたメンバーと一致している演出ですが、
この時プロフィールの左右のカーソルをタップするとメンバーを切り替え可能です。
並び順は左から「Aqoursのメンバー順」「μ'sのメンバー順」でループしていないため、
左端は高海千歌、右端は矢澤にこ でカーソルが無くなります。

タイトル以外でのロード画面では、使用中のユニットに編成されている各キャラクターのシンボルが表示されます。
μ's・Aqours・Saint Snowの20人には個別のシンボルが設定されていますが、「サンリオキャラクターズ」のシンボルはありません。
高坂穂乃果 絢瀬絵里 Я 南ことり 鳥の顔
園田海未 星空凛 猫の顔 西木野真姫
東條希 三日月 小泉花陽 ごはん 矢澤にこ 笑顔
高海千歌 みかん 桜内梨子 ピアノ 松浦果南 イルカ
黒澤ダイヤ 梅の花 渡辺曜 ヨット 津島善子 小悪魔
国木田花丸 花丸 小原鞠莉 キラキラ 黒澤ルビィ キャンディ
鹿角聖良 雪の結晶 鹿角理亞 雪の結晶

ぷちぐるの表情

  • パズルゲーム中、つながっていないぷちぐるは寝ている顔ですが、タップすると起きます。
  • ホーム画面で数秒間放置すると、表示されている使用中のユニットのぷちぐるが寝ているような顔に変わります。
  • 「セガコラボ」「サンリオキャラコラボ」などの、コラボキャラクター付きのぷちぐるは
    ぷちぐるの表情の変化と連動して、コラボキャラクターの表情も変化します。

ホーム・各モードBGM

このゲームのBGMは
OPと、パズルで流れるBGM(μ's&Aqours楽曲のインストアレンジ)以外の画面で、
すべて汎用BGM1曲に統一してある
……ように見せかけて
下記画面によって微妙に旋律の組み合わせを変更しています。

画面を切り替えるとフェードで曲も切り替わるので、遊びながらイヤホンで聞き比べるのも面白いでしょう。
  • 旋律が同じ画面(未確定)
    • ホーム、さつえいモード、お知らせ、メニュー内コンテンツ
    • ミッションモード、スコアアタック、イベント
    • ガチャ、スクールアイドルショップ、カード関連画面
    • チーム編成、ぷちぐる一覧
    • ハート送信


パズル開始時、ステージイラストに光

パズル開始時は、画面上部から45個のぷちぐるが落ちます。
そのぷちぐる達の落下直前、パズル開始ボイスの頃に
たまに上のステージイラストの辺りがキラリと光る事があります。

これは、ぷちぐるが白色のつながり(7個以上)になると出す光。
落下前の配置でつながりが出来ていると時々起こる現象のようです。
長めのつながりが出来ている目印にできます。

光らない場合もあり詳しい発生条件は不明。
光の形と場所はつながりの形状と位置に沿いますが、つながりの一部分しか光らないケースも。
青いつながりだと青い光、黄色のつながりだと黄色い光になります。


ボム消去ミッションの画像

ボム消去ミッションでのボム見本画像はなぜか
「ボム」「ゴールドボム」「スコアボム」「タイムボム」の順に表示されています。


マップ進行イベント背景

うきうきピクニックまきりんぱな海賊団
マップ進行の期間限定イベントは
マップ画面が縦長なので、上下にスクロールして進む形式です。

マップのミッションマスを選ぶとチーム選択画面に移行しますが
その画面の背景は実はマップの物がそのまま残っています。
背景をスクロールさせると元のマップと同じ長さだけ上下に動かせます。
(ミッションモードの選択画面背景は横スクロールできません。)

ぷちぐるガチャの演出

ぷちぐるガチャを引いて、ぷちぐるが登場するシーンは6つのパターンがあります。
  • その1:ほとんど回転せずに着地。
  • その2:顔を手前に向けて、頭でバウンド。空中で半回転して着地。
  • その3:足を手前に向けて、頭でバウンド。空中で半回転して着地。
  • その4:顔を下にして着地。そのまま台座側に倒れる。
  • その5:顔を下にして着地。そのまま台座の外へ落ちる(失敗)。再び降ってきて「その4」で着地。
  • その6:台座から遠く離れた場所に落ちる(失敗)。下の方からジャンプして台座に飛び乗る。



パズルゲームの仕様


アンコールの出現条件

ミッションがもうすぐ達成できそうな状態で時間切れになると
アンコールに突入するか否かを聞かれます。

ところがアンコール演出はラストボーナスの前になるので、ラストボーナス前後でパズルの最終結果が変わる件を加味していません。
アンコールをせずとも、ラストボーナスのボム消去かセンターぷちぐる消去をこなすだけでミッションの残りを達成できるケースがよく起こり得ます。

衣装ボーナス、アイテムボーナスの方はアンコール突入判定に入っています。
ただその2つの加算ポイントがいくつであるかはパズル中のミッションゲージと、パズル終了後のスコア結果画面でしか確認できないため要注意。


つながり

ぷちぐる達は一度つながると、ちょっとやそっとでは離れません。
  • 消去スキルでつながりの真ん中を消す
  • 巻き込みの爆発でつながりの端同士以外が全て弾ける
  • ライン変化スキルでつながりが二分割される
といった状況にあっても
まるでトリモチのようにお互い引き寄せあい、くっつき続けます。

パズルの途中で稀に
ぷちぐるに半分重なった他種ぷちぐるが1個現れたり、2種類のつながりがクロスした状態になったりするのは
こんなつながりの強力さが影響している可能性があります。


同じメンバーをチームに編成

チーム編成では、同じメンバーの衣装違い同士を組ませる事が可能ですが
つながりが視認しにくくなる、ユニットボーナスや編成制限を満たせない
などの理由で、通常はオススメできない手段です。

ただ、そんなプレイしづらさを無視してでも行う価値のある使い方も。
  • メリット
    • ミッション(強力スキルのセンターと、有利な衣装や特技のサポートが同じメンバー)
      • 衣装ボーナスが最大40%ある期間限定イベントで有効
        • 例:イベントミッションの内、Aqours2年生がボーナス対象エリアで「桜内梨子をセンターにして 1プレイで1800ゴールドを獲得しよう」が出現しボーナス対象の高海千歌や渡辺曜を入手できていない時、1000ゴールド稼げそうな桜内梨子 (青空Jumping Heart)をセンター、ボーナス40%衣装の桜内梨子をサポートにする
    • 称号狙い
      • 「(メンバー)ぷちがいっぱい」称号はこの方法で簡単に取得可能
      • 各メンバー100万個消し称号を取得する近道に
  • デメリット


チームSaint Snow

Saint Snowは異例の2人組グループであるせいで、
チームに鹿角聖良と鹿角理亞を揃えてもスコアボーナスが発生しません。

この仕様のため、「Saint Snowぷち推し」系統の称号は
鹿角聖良と鹿角理亞を同チームに編成した時の合計消去数ではなく
どちらかをセンターに編成してのセンター消去数がカウントされています。



その他

余ったガチャチケットの扱い

イベントで入手できるガチャチケットは、排出対象のぷちぐるのスキルLvが最大になる分だけの枚数が用意されています。
しかし、排出対象のぷちぐるにスキルパフェを使用しておくと、
ガチャチケットを使い切る前に全てのぷちぐるのスキルLvが最大にすることができます。
そうなった状態でガチャを引こうとすると、
すべてのぷちぐるがスキルレベル最大です。
【チケット名】をスキルパフェに交換しますがよろしいですか?
というダイアログが出現し、スキルパフェと交換することができます。
ガチャチケットを全て取れるなら、使った分のスキルパフェがそのまま戻ってくるため、得にも損にもなりません。

雑多な情報

  • ミッションモードの楽曲選択は、楽曲アイコンが画面上に少しでも見えていればタップして選択できる。
    • フリック操作で画面端にわずかに現れた状態から指を離して、自動で画面端に消えていく最中でもタップ可能。
  • ぷちぐるの高さは頭の部分が20cm。アプリ配信前に公開されたミニゲームに書かれている。
    • 実際に流通している商品の中では、「メガジャンボ寝そべりぬいぐるみ」が最も近いサイズ。
  • カード
    • プロフィールに設置できるカードのレア度は、図鑑のカード一覧画面で表示される時のランクに準ずる。進化経験ありのカードなら進化後のレア度となり、図鑑の「レア度切替」機能で進化前に戻しても反映されない。



コメント

コメント: