リコードアリーナ(戦略指南)

リコードアリーナ(戦略指南)

さほど練り込まれているわけではないのでご了承ください。

デッキ構築

  • レベル1キャラは1ターン目に最低2枚、できれば3枚出したいので、枚数を多めに。
  • レベル1~2キャラは基本「使い捨て」。どんどんブロックにまわしてブレイクさせて、ドローに替えよう。
    よってHPよりもAPが高いことを優先したい。
  • スペルは4~6枚程度が良いと思われる。
  • SPスキルはマジドローが安定した強さ。手札があふれることになってもいいので、1ターン目に使ってしまおう。
    • マジリターンは1ピリオド目、相手キャラが1枚のときに戻して直接攻撃×2を狙うか、4ピリオド目に数的優位を作るために使うのが基本。うまい使い所は難しいので上級者向けと言える。
    • マジパワーは単純に攻撃力が上がるので、主に緑デッキへの打開策となりそう。

枚数の目安

レベル 枚数
1 12~15
2 6~10
3 6~8
4 3~5

+レベル1が手札にある確率
レベル1が手札にある確率
デッキ中のレベル1の枚数 先手 後手
0枚 1枚 2枚 3枚以上 0枚 1枚 2枚 3枚以上
3枚 36.3% 47.3% 15.3% 1.1% 31.9% 47.9% 18.4% 1.8%
6枚 11.6% 37.2% 36.5% 14.8% 8.8% 32.5% 38.1% 20.6%
7枚 7.6% 30.9% 39.2% 22.3% 5.5% 25.6% 38.7% 30.1%
8枚 4.9% 24.8% 39.6% 30.7% 3.4% 19.4% 37.0% 40.2%
9枚 3.1% 19.3% 38.1% 39.5% 2.0% 14.2% 33.6% 50.2%
10枚 1.9% 14.5% 35.2% 48.4% 1.2% 10.0% 29.1% 59.7%
11枚 1.2% 10.6% 31.3% 57.0% 0.6% 6.9% 24.3% 68.2%
12枚 0.7% 7.5% 26.9% 64.9% 0.3% 4.5% 19.4% 75.7%
13枚 0.4% 5.1% 22.3% 72.2% 0.2% 2.9% 15.0% 82.0%
14枚 0.2% 3.4% 18.0% 78.5% 0.1% 1.7% 11.1% 87.1%
15枚 0.1% 2.1% 13.9% 83.8% 0.0% 1.0% 7.9% 91.1%
初手4枚→レベル1以外をすべて交換→第1ピリオドドローまで進めたときの確率

  • 第1ピリオドで2体のキャラリコードを安定して出す(90%以上)ならば、デッキに12枚のレベル1カードが必要。
  • 《桜舞うアカデミー メディア》の効果を安定させるには17枚必要ということになる。
    • 《桜舞うアカデミー メディア》を3枚入れて1枚でも初手にくる確率は63.7%。

おすすめコード(レベル1)

  • 『トーキョー制服 ラスク』 ブロンズ・赤(1/1/1) <オープン時>【正解数2】このキャラを+2/+2する
    • 正解数の縛りはあるものの成功すれば(1/3/3)と序盤最高の強さ。

  • 『トーキョー制服 ヴァニィ』 ブロンズ・黒(1/3/3) <オープン時>次のピリオドの自分のクイズ回答時間を-2秒する
    • 回答時間10秒に対し-2秒はかなり厳しいが、見合った強さを誇る。クイズに自信がある方向け。

おすすめコード(レベル2)

  • 『5度目の勝利 セリオス』 シルバー・赤(2/3/3)<オープン時>【正解数2】このキャラを+1/+1する
    • やはり正解率の縛りはあるものの、レベル3並の強さになるのはうれしい。

おすすめコード(レベル3)

  • 『レースの行方は! ヴァニィ』 ゴールド・赤(3/4/2)<スライド時>相手のキャラ1体に2ダメージ
    • キャラバトルのルキアも使ってくる壊れカード。最大6ダメージをばらまくのは強すぎでは。

プレイの立ち回り

1ターン目

  • いかにキャラを並べて直接攻撃ができるか、がポイント。直接攻撃はほぼこのターンにしかチャンスがない。
  • 上でも書いたが、レベル1のキャラコードは使い捨て。どんどんドローに変換しよう。
  • 逆にキャラを1体しか並べられなかったときは、相手の強いキャラはブロックせず、HPを残して弱いキャラ2体をブロックできるようにしたほうが、自分のライフを残せる。

2ターン目

  • 3ターン目の布石なのであまり重要ではないターン。
  • 3ターン目に手札にあるレベル3キャラをすべて並べられるよう、ブロックでブレイクしたりしてスペースを調整しよう。

3ターン目

  • 最重要ターン。いかに「4ターン目の自分の場を有利に」「相手の場を不利に」できるかにかかっている。
    • 具体的には、次のターンはお互いレベル4のカードを出せるので、それを数多く出させないことを目指したい。すなわち、相手のキャラをあまりブレイクしすぎない、ということ。

4ターン目

  • キャラが確実に4枚出ているので、それを崩すことができれば有利になる。
    • すなわち、「手札に戻す」「ブレイクする」系のコードを使いたい。
  • とはいえ、このターンには結果が見えている(ターン開始時にライフ1で、1体でもブレイクされたら敗北、など)ことが多々あるので、逆にHPの高いキャラを揃えて耐える、という手もある。

キャラクターバトル(デッキ別)攻略

熱血パワーズ

すべて赤色のリコードで構成されている。
+ブロンズ
ブロンズ
No 名前 種類 レアリティ 属性 レベル AP HP 能力(条件) 効果 枚数
3 トーキョー制服 マヤ キャラ ブロンズ 3 5 4 3
4 マッシュル属 アカマッシュル キャラ ブロンズ 4 6 5 3
5 マジックペット ドラゴン キャラ ブロンズ 1 2 3 3
7 トーキョー制服 ラスク キャラ ブロンズ 1 1 1 <オープン時>【正解数2】 このキャラを+2/+2する 3
10 スコーピオン属 スカーレットニードル キャラ ブロンズ 3 4 3 <ダメージドロー時> 相手のキャラすべてに1ダメージ 3
12 5度目の勝利 シャロン キャラ シルバー 1 2 2 <アタック選択時> 自分の『扉の音色 リエル』がいるなら、相手の最もAPの高いキャラ1体に2ダメージ 3
14 5度目の勝利 セリオス キャラ シルバー 2 3 3 <オープン時>【正解数3】 このキャラを+1/+1する 3
17 トーキョー制服 ヤンヤン キャラ ブロンズ 2 3 2 <スライド時> このキャラを+1/+0する 3
28 テンションアップ! マジック ブロンズ 1 【設置型】<バトルフェイズ開始時>【正解数2】 自分のキャラ1体を+1/0する 3
29 ヤルキデール マジック ブロンズ 1 【消費型】 自分のキャラ1体を+1/+1する 3
  • 前半は「ラスク」「セリオス」「ヤンヤン」などAPが上昇するリコードが登場する。マジックリコードも主にAP上昇。
  • 後半は「マヤ」「アカマッシュル」など特殊効果なしだがAP・HPともに高いので注意。
+シルバー・ゴールド
シルバー・ゴールド
No 名前 種類 レアリティ 属性 レベル AP HP 能力(条件) 効果 枚数
3 トーキョー制服 マヤ キャラ ブロンズ 3 5 4 3
8 トーキョー制服 アロエ キャラ ブロンズ 2 4 2 <アタック選択時> このキャラを+1/0する 3
12 5度目の勝利 シャロン キャラ シルバー 1 2 2 <アタック選択時> 自分の『扉の音色 リエル』がいるなら、相手の最もAPの高いキャラ1体に2ダメージ 3
13 扉の音色 リエル キャラ シルバー 1 2 2 <オープン時> 自分の『5度目の勝利 シャロン』がいるなら、このキャラを+2/+1する 3
14 5度目の勝利 セリオス キャラ シルバー 2 3 3 <オープン時>【正解数3】 このキャラを+1/+1する 3
15 5度目の勝利 カイル キャラ シルバー 2 3 3 <アタック選択時>【正解数2】 相手の最もAPの高いキャラ1体に1ダメージ 3
18 5度目の勝利 マラリヤ キャラ シルバー 4 5 5 <アタック選択時>【正解数3】 相手の最もAPの高いキャラ1体に3ダメージ 3
19 円転剛力 サンダース キャラ ゴールド 1 4 2 <スライド時> このキャラをブレイクする 3
22 レースの行方は! ヴァニィ キャラ ゴールド 3 4 2 <スライド時> 相手のキャラ1体に2ダメージ 3
26 紅の一撃 マジック ブロンズ 4 【消費型】 相手の最もAPの高いキャラ1体にXダメージ。Xは自分の赤キャラの数に等しい。 3
  • 1stピリオドから「シャロン」「リエル」のコンボが登場する。先制権が相手の場合、2ダメージの追加攻撃があるため、「3/2」のリコードなどは狙われやすくなる。
  • 「サンダース」を並べて出してくることがある。ピンチに見えるが、スライドさせて相手のライフを減らすチャンスになる。
  • 3rdピリオドからは「ヴァニィ」が登場する。スライド時の2ダメージに注意。
    • 「ヴァニィ」と「マヤ」セットで置かれた場合、「最もAPの高いキャラにダメージ」は「マヤ」に飛ぶ。
  • Finalピリオドは「紅の一撃」最高4ダメージの攻撃が最大3回発生。HP5のリコードを揃えておくか、マジックリコードで相手のキャラをブレイクさせることで被害を軽減できる。

堅牢なる緑の壁

すべて緑色のリコードで構成されている。
+ブロンズ
ブロンズ
  • 前半は追加ドロー系のリコードが多い。
  • 後半3rdピリオドからは「ハルト」「リック」が登場し、ゾーンのキャラが手札に戻されることがある。
+シルバー・ゴールド
シルバー・ゴールド
  • 2ndピリオドからHP4のリコードと「ビルドアップ!!」の組み合わせで強化することがある。
  • 3rdピリオドはダメージ軽減の「シャロン」や、5/6の「クララ」が登場。

反撃のインテリたち

すべて青色のリコードで構成されている。
+ブロンズ
ブロンズ
  • 前半は特殊効果なしのリコードが多い。
  • 後半は「威圧の眼光」によるAP減少、「ルキア」をブレイクした時のHP減少に注意。
+シルバー・ゴールド
シルバー・ゴールド
  • 1stピリオドは「アイコ」AP減少がある。
  • 2ndピリオドからは、「シャロン」と「バランスアッパー」でキャラを強化することがある。APとHP同値が条件なので、マジックリコードによるダメージが有効。3rd以降のキャラも同値のリコード。
  • 3rdピリオドは「ルキア」「マラリヤ」によるHP減少に注意。
  • Finalピリオドは「マヤ」のAP・HP減少に注意。

絶対にすべるデッキ

青春ゲットバック