バグ・不具合

バグ・不具合を発見されたら日付とともに記入してください。
修正を確認したら修正されたバグ・不具合に修正日とともに記入していただけるとわかりやすいと思います。

  • THE WORLD EVOLVEでのバグ・不具合一覧はこちら
  • トーキョーグリモワールでのバグ・不具合一覧はこちら
  • 暁の鐘でのバグ・不具合一覧はこちら
  • 天の学舎でのバグ・不具合一覧はこちら
  • 賢者の扉(season2含む)でのバグ・不具合一覧はこちら

MAXIVCORDで確認されたバグ・不具合


ゲームシステム

  • (天の学舎の復習システムから存在)画像タッチの「正解はここ」の指し示す位置が境界部分を指しており正解を教える機能として機能しないケースがある(特に国や県境)
    • 内部的に設定された正解の座標の角を参照している可能性がある
  • 2018/04/26 リコード購入の画面で、残り時間が無くなるギリギリに購入単位を選択すると、購入単位選択の場面に戻ったときに残り時間が表示されなくなり、キャンセルを押さない限りその画面から変わらなくなる。
  • 2018/05/18 中央上のジャンル・形式表示と違うジャンル・形式の問題が出題されることがある。具体的には理系学問・線結びで芸能・タイピングが出題された。この場合の正解率は理系学問・線結びにカウントされる。
  • 2018/07/16 リザルト画面で表示される次のレベルまでの魔法石数が上4桁しか表示されないため、1レベルアップに必要な魔法石数が10、000個以上になるレベル宝石賢者・煌あたりから違和感が出てくる。前作 WORLD EVOLVEでアップデート修正されたが、今作で再び再発した症状。グリバスであったHPが5桁になると上4桁しか表示されないのと同じ不具合。具体的には残りが10000個の場合「あと1000」と表示され、この後魔法石を獲得すると9000台になるためいきなり数字が跳ね上がるように見える。

ゲームシステム以外


修正されたバグ・不具合

  • 2018/04/23 マイルームで確認できる「累積獲得Qメダル」の枚数が、現在持っている枚数と連動してしまっており、Qメダルを交換すると累積獲得Qメダルの枚数も同じように減ってしまう。
    • 2018/07/24 アップデートにより修正を確認。ただし、アップデート以前に交換したQメダルの枚数は反映されていない。

嘘問など

旧筐体・DS版などから存在する嘘問等・当時は正しいが現在では嘘問等も含まれます。当該機種でプレーされる際には注意されたい。
  • THE WORLD EVOLVE以前から存在し、なおかつMAXIVCORDで修正が確認されていない問題はこのページでも載せています
  • 暁の鐘からクイズ更新ペースが「2週間に1回」に変更されているため、問題の更新が遅れている可能性あります。事実の変更であっても次の新問の追加まで様子を見てください。

アニメ&ゲーム

  • 2016/05/17 グループ分け「次のゲーム『桃太郎電鉄』シリーズに登場するカードを当てはまるものごとにグループ分けしなさい」 A.利益がある B.不利益がある
    • 使ったプレイヤーには利益があるが他のプレイヤーには不利益になる「坊主丸儲けカード」「乗っ取りカード」の選択肢が存在。どちらもAに入れると正解となる。
    • 問題文に「使ったプレイヤーが」の文言がない以上、これらはどちらに入れても不正解とは言えない。
      • 「赤マスカード」などの使うことができないカードもあるため、Bを「不利益しかない」とすればこのような別解釈はなくなる。
  • 2017/10/30 四択「アーケードゲーム『パズドラバトルトーナメント』を発売したメーカーは?」
    • タイトーが正解となっているが、このゲームの発売元はスクウェア・エニックスとなっており、稼働終了に伴い公式サイトも消滅しているため、タイトーが正解というソースが見当たらない
  • 2018/07/03 エフェクト「ゲーム『アズールレーン』のキャラクターの住処のことです」(寮舎)
    • 「ルーム」が正解となっているが、「寮舎」と書いて「ルーム」と読む明確なソースが存在しない公式サイトのシステムのところに「キャラクターたちの寮舎(ルーム)を好みに改造可能!」と書かれているが、これはあくまで寮舎が同様のゲームで言うルームに当たるという説明であり、読みを表したものでない。
      • ラジオ番組『Yostar presents 加隈亜衣のアズールレーディオ』では「りょうしゃ」と発音されている。また、ゲームを紹介する漫画でも「りょうしゃ」とルビが振られている。

芸能

  • 2018/05/01 多答「次のうち、2018年公開の映画『レディ・プレイヤー1』に登場したキャラクター、メカを全て選びなさい」
    • 「江ノ島盾子」という選択肢があり選ぶと正解となったが、登場しているという確定情報がない。原作である「ダンガンロンパ」のプロデューサーも話は聞いていない(該当ツイート)とのこと。作品のWikipediaからも「ダンガンロンパ公式側に否定されたので」との理由で削除されている。
      • おそらく見た目がよく似ているハーレイ・クインを見間違えてWikipediaに書き込みされたものや、ネット上の情報をそのまま問題にしたものと思われる。
  • 2018/05/03 線結び「次の2017年の第89回アカデミー監督賞にノミネートされた監督とその作品名の正しい組み合わせを選びなさい」
    • デンゼル・ワシントン→Fences、ライアン・ゴズリング→ラ・ラ・ランド、A・ガーフィールド→ハクソー・リッジと結ぶと正解になったが、これらは全て監督賞にノミネートされた監督ではなく主演男優賞にノミネートされた俳優である

ライフスタイル

  • 2015/04/14 タイピング「2015年3月にアップル社から発売されたウェアラブル端末は「アップル・○○○○?」」
    • アップル・ウォッチが正解だが、これが発売されたのは2015年4月24日である。
      • ちなみにこれは予約すら始まっていない天の学舎から(この問題文のまま)存在する問題である。実際に発売された現在(少なくとも2018/05/18時点)でもこの問題文のまま変わっていない。

社会

  • 2017/11/28 グループ分け「次の企業を、本社の所在地ごとにグループ分けしなさい」京都市/大阪市
    • 「シャープ」という選択肢があり、大阪市に入れると正解になるが、シャープは2016年付で本社を大阪市から堺市へ移転しているため不適切である。
  • 2018/08/09 順番当て「次の銀行を支店が多い順に選びなさい」
    • 三井住友銀行→三菱UFJ銀行→みずほ銀行と選ぶと正解となったが、公式サイトなどでも確認できるように、支店の数は三菱UFJ銀行のほうが三井住友銀行より多い
      • 出張所も含めるとこの通りになるようだが、公式サイトでもWikiでも出張所は支店の数に含まれていないので、問題文を変更するか両銀行を入れ替える必要がある。

アーケードゲーム検定

  • 2018/04/23 嘘問ではないが、アーケードゲームではなく家庭用の内容に踏み込んだ問題など、検定の内容にそぐわない問題の出題が確認されている。
  • 2018/04/23 ○×「ゲーム『天下一将棋会2』には史上最年少プロ棋士の藤井聡太四段ももちろん実名で登場する」
    • 答え自体には問題ないが、藤井聡太は四段ではなく2018年2月時点で六段に昇段している
      • 更に2018年5月には七段に昇段したので、名前のみにした方がいいと思われる。
  • 2018/04/23 並べ替え「2012年に昭和技研が発売した懐かしのアーケード用エレメカ『新幹線ゲーム』をアレンジしたゲームは?」
    • 「日本一周旅行ゲーム」が正解で、これ自体は全く問題ないのだが、「ー(促音)」と「一(漢数字)」がフォントの都合で区別がつきにくいため、並べ替えとして出題するのは不適当である。
      • 同様のことは別の問題や大文字の「I」と小文字の「l」にも言える。
      • 2018/05/11 並べ替える部分が「日本一周旅行」のみになり、不具合は解消された。
  • 2018/05/03 多答「次の漫画・アニメのうちアーケード用対戦格闘ゲームとして発売されたことがあるタイトルを全て選びなさい」
    • 「幽々白書」という選択肢があり、選ばないで正解になった(復習にて確認)が、これが「幽☆遊☆白書」のことだとすると、2006年にアーケード用対戦格闘ゲームが発売されている(紹介サイト)ので選ばないで正解になるのはおかしいし、「『幽☆遊☆白書』ではなく『幽々白書』だから違う」というのならば悪問である。

洋食検定

  • 2018/05/09 嘘問ではないが、トレーディングカードを使用するアーケードゲームのタイトルを問う連想など、内容にそぐわない問題の出題が確認されている。

日本の古代・中世史検定

  • 2018/06/06 嘘問ではないが、「中世」の概念から外れる時代に関する問題の出題が確認されている(江戸時代に入っている大坂の陣に関する問題など)。
  • 2018/06/17 連想「藤原四家の一つ/琵琶の名人・藤原貞敏/歌人の藤原興風/始祖は藤原宇合」
    • 式家が正解となっているが、歌人の藤原興風は式家ではなく京家出身である

グルメ漫画検定

  • 2018/06/20 タイピング「大竹利のグルメ漫画『もぐささん』の続編は『もぐささんは○○と闘う』?」
    • 答え自体に問題はないが、この漫画の作者は大竹利である。なお、別の四択でも同様に「大竹利」となってしまっている。

アニマル検定

  • 2018/08/03 四択「南米に棲む次のげっ歯目のうちモルモットと同じテンジクネズミ科に属するものはどれ?」
    • 「マーラ」が正解となっており、これ自体は問題がないが、ダミー選択肢に同じくテンジクネズミ科である「カピバラ」が出てくることがあり、カピバラを選ぶと不正解となる。


トーキョーグリモワール・暁の鐘で確認された問題については現在コメントアウトとして残しています。適宜移動を行ってください。