「E形蒸気機関車18号」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

E形蒸気機関車18号」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 
 <h1 style="text-align:center;"><a href="//img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/qtrain/attach/231/230/s_IMG_1151.JPG"><img alt="" src="//img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/qtrain/attach/231/230/s_IMG_1151.JPG" style="width:800px;height:600px;" /></a><br /><font size="4"><strong>E18 (<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%99%B8%E8%BB%8D%E9%89%84%E9%81%93%E9%80%A3%E9%9A%8AE%E5%BD%A2%E8%92%B8%E6%B0%97%E6%A9%9F%E9%96%A2%E8%BB%8A" target="_blank">日本陸軍鉄道連隊E形蒸気機関車</a></strong></font><strong><font size="4">) <br />
 東京都練馬区豊玉北1丁目1-12 株式会社エリエイ(<a href="https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%92176-0012+%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E7%B7%B4%E9%A6%AC%E5%8C%BA%E8%B1%8A%E7%8E%89%E5%8C%97%EF%BC%91%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%91%E2%88%92%EF%BC%91%EF%BC%92/@35.7340459,139.6695783,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x6018ed426b150a79:0x71344babec086eb5!8m2!3d35.7340459!4d139.671767" target="_blank">MAP</a></font></strong><font size="4"><strong>)</strong></font></h1>
 <hr /><p style="text-align:center;"><br />
-写真提供 提供者の名前:撮影 年月日<br />
-最新の情報提供 提供者の名前:情報更新年月日</p>
+写真提供 刑事長:撮影 2016/10/23<br />
+最新の情報提供 刑事長:情報更新 2017/07/06</p>
 <hr /><p> </p>
 <table border="2" cellpadding="1" cellspacing="1" style="height:250px;width:700px;"><tbody><tr><td style="text-align:center;"><span style="font-size:16px;"><strong>現在の状況</strong></span></td>
 <td>静態保存</td>
 </tr><tr><td style="text-align:center;"><strong><span style="font-size:16px;">管理者</span></strong></td>
 <td>株式会社エリエイ</td>
 </tr><tr><td style="text-align:center;"><span style="font-size:16px;"><strong>協力募集</strong></span></td>
 <td>なし</td>
 </tr></tbody></table><p><br />
 備考:株式会社エリエイは、雑誌「月刊とれいん」を編集・発行する会社(プレス・アイゼンバーンという名前でも知られる)</p>
 <p>
 保存機であるE18は、日本陸軍が野戦軽便鉄道用にドイツ、オーレンシュタイン・ウント・コッペル社に31両発注したE形蒸気機関車のうちの1両。1921年製造。大戦中に大陸に渡らず国内に残留した車両で、戦後西武鉄道に払い下げされ、安比奈線の砂利採取線で使用された。採取線廃止後は保管され、後にユネスコ村に移設、静態保存。1990年のユネスコ村閉園で株式会社エリエイに引き取られ、その後社屋改築の際に大井川鐡道に一時移設。2012年に外観整備をうけ、東京ビッグサイトで開かれた国際鉄道模型コンベンションでお披露目されたのちに株式会社エリエイの正面玄関前に再移設。</p>
 <p> </p>
 <p> </p>