「西武鉄道 5」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

西武鉄道 5」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 
-<h1 style="text-align:center;"><br /><font size="4"><strong>5 (国鉄400形蒸気機関車同型機)</strong></font><strong><font size="4"> <br />
+<h1 style="text-align:center;"><a href="https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/qtrain/attach/548/569/IMG_8469.JPG"><img alt="" src="https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/qtrain/attach/548/569/IMG_8469.JPG" style="width:800px;height:600px;" /></a><br /><font size="4"><strong>5 (<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%89%84400%E5%BD%A2%E8%92%B8%E6%B0%97%E6%A9%9F%E9%96%A2%E8%BB%8A" target="_blank" rel="noreferrer noopener">国鉄400形蒸気機関車</a>同型機)</strong></font><strong><font size="4"> <br />
 東京都西東京市下保谷5丁目14 西武鉄道保谷車両管理所跡地(<a href="https://www.google.com/maps/place/%E3%80%92202-0004+%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E8%A5%BF%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%B8%82%E4%B8%8B%E4%BF%9D%E8%B0%B7%EF%BC%95%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%91%EF%BC%94/@35.748727,139.5628246,296m/data=!3m2!1e3!4b1!4m5!3m4!1s0x6018ef2b86babef1:0xcfdf44fa651770f3!8m2!3d35.7488361!4d139.5636814" target="_blank" rel="noreferrer noopener">MAP</a></font></strong><font size="4"><strong>)</strong></font></h1>
 <hr /><p style="text-align:center;"><br />
 写真提供 刑事長:撮影 2018/12/19<br />
 最新の情報提供 刑事長:情報更新 2019/01/14</p>
 <p> </p>
 <table border="2" cellpadding="1" cellspacing="1" style="height:250px;width:700px;"><tbody><tr><td style="text-align:center;"><span style="font-size:16px;"><strong>現在の状況</strong></span></td>
 <td>静態保存 西武鉄道敷地内にあり通常非公開</td>
 </tr><tr><td style="text-align:center;"><strong><span style="font-size:16px;">管理者</span></strong></td>
 <td>西武鉄道</td>
 </tr><tr><td style="text-align:center;"><span style="font-size:16px;"><strong>協力募集</strong></span></td>
 <td>
 <p>なし(2018年12月に覆っていたシートが外され、現状確認が行われたが、詳細は不明)</p>
 </td>
 </tr></tbody></table><p><br />
 備考:敷地内で西武鉄道社員寮の建設工事が行われているため近づけず、また穴の直径数ミリのフェンスに囲まれているため肉眼では見えにくい</p>
 <p>
 川越鉄道(現西武国分寺線・新宿線の一部)のK2形No.3として導入。1896年ナスミス・ウィルソン社(イギリス)製造。西武鉄道となっても使用され、番号整理により5に。多摩川線で使用され、後に上武鉄道に貸出。1965年に西武に引き取られ以降静態保存。露天保存で痛みが進行したものの2012年に「武蔵野鉄道開業100周年記念」イベントの一環として修復され、初めて一般公開。以降ビニールシートに覆われている。</p>
 <p> </p>
 <p> </p>