名古屋鉄道デキ202

s_deki202.JPG


デキ202 (瀬戸電気鉄道デキ1形電気機関車) 
 愛知県瀬戸市上松山町2丁目466 
瀬戸市民公園交通児童遊園(MAP


写真提供 P.M.(すふぃ):撮影 2017/09/04
最新の情報提供 P.M.(すふぃ):情報更新 2018/03/19


 

現在の状況 静態保存(屋根付きだが、周囲はフェンスで囲われているため入れない)

*公園の営業時間外も、道路から展示場所まで入ることは可能
(交通児童遊園から一段下がった広場にある。駐車場からは遠い)

管理者 瀬戸市
協力募集 なし

*屋根はあるが雨風が当たるためか、外板の痛みや塗装の退色が目立つ。敷地内の雑草、フェンスのために「いい角度」での撮影が難しい。

備考:
1927(昭和2)年にデキ2として日本車輛で新製。主電動機は三菱電機で、電装品の一部にWH(ウェスチング・ハウス)の部品を使用。
1939(昭和14)年に名鉄に吸収合併された時にデキ202に改番される。新製から瀬戸線の貨物を担てきたが、1500V昇圧の際に廃車された。
僚機デキ201も南知多ビーチランドに保存されたが塩害のため解体。現在ではこの車両のみとなってしまった。
(名鉄の電気機関車の保存車両もこれ1両しか現存しない。)

 

 

添付ファイル