佐久鉄道 キホハ二56


56 (佐久鉄道キホハ二51形) 
 長野県佐久市中込1881 成知公園(MAP



写真提供 刑事長:撮影 2018/08/19
最新の情報提供 刑事長:情報更新 2018/08/23


 

現在の状況 静態保存 車内見学は隣接の旧中込学校の事務所に申し出る(9~17時 月曜休み)
管理者 佐久市
協力募集 なし


備考:1915年開業の佐久鉄道(現JR小海線の一部、小諸~小海)が無煙化のために導入したガソリンカー。1930年日本車輛製造製。1932年に鉄道省小海北線(小海~佐久海ノ口)間開業に伴い乗り入れ開始(他の省線とは繋がってなく、運行を委託された)。1934年に佐久鉄道が買収国有化され、キハニ40605(キハニ40600形)として編入。1935年に小海線全線開業後も使用され、1937年にキハニ40706に改番(キハニ40700形)。1942年に廃車され、三岐鉄道に払い下げられキハニ6形6に。車体前後に荷台を取り付けてキハ6となり、1954年に別府鉄道に移り、キハ3となり1984年の廃線まで主に野口線で使用。その後佐久市に譲渡され旧態復元の上保存。

 

 

添付ファイル