情報

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 【証拠 花刀『宴』】
 ・被告人が所有している完成形変体刀の一振り。
 ・どこかに置き忘れたと被告人は主張している。
 ・被害者の身体に突き刺さっていた。ただし誰の指紋も検出されなかった。

 【証拠 被害者】
 ・背中から凶器で刺されていた。刺された後、数秒は意識があった。
 ・後頭部に強打した跡があった。
 ・傷口や大量の血痕からして、何度も同じところを刺された可能性が高い。
 ・被害者は左利き。
 ・左手の指は全て斬り落とされていた。死後によるものだと推測される。

 【証拠 被害者の泥棒被害】
 ・何かを盗まれたらしいが、何かは誰にも言っていない。

 【証拠 被害者が持っていた小箱】
 ・被害者の持ち物。四ケタの数字で開くようになっている。
 ・中には紙が入っているような音がする。
 ・斬鉄剣でも斬れないほど頑丈。

 【証拠 提灯】
 ・被害者の持ち物。現場に落ちていた。誰の指紋も検出されていない。
 ・所々が破損しているが灯はつく。
 ・特殊な提灯でスイッチを切らない限り、風や雨でも消えない。
 ・島村卯月、阿良々木が見た時には既に灯が消えていた。

 【証拠 被告人の彫刻】
 ・被告人そっくりで色も塗装されている。被害者の血液が付着していた。
 ・左腕が折られていた。
 ・依頼したのは被告人。

 【証拠 被告人の薔薇】
 ・とても珍しい青い薔薇。世界に一つしかない。
 ・ただし薔薇の匂いは全くしない。
 ・手に入れた方法は不明。

 【証拠 赤い薔薇】
 ・被告人が事件当日の午後に配りまくった。
 ・会う人、会う人、全てに配りまくったという。

 【長屋〔ネロ〕の屋上の鍵】
 ・屋上を開ける為の鍵。特殊な鍵で、複製しても意味はない。
 ・スペアもあるが、そちらは無くしてしまった。
 ・鍵にはAと刻まれている。

 【長屋〔ネロ〕の三階の鍵】
 ・三階を開ける為の鍵。特殊な鍵で、複製は不可能。
 ・スペア『B´』もあるが、そちらは石動の部屋で見つかった。
 ・鍵にはBと刻まれている。

 【石動の部屋(2階)】
 ・事件当日に引っ越してきた。
 ・高性能なカメラがあった。
 ・窓はあまり大きくなく、空を見上げるには不向き。

 【ネロの部屋(3階)】
 ・中からなら誰でも開けられる。
 ・豪華な料理とケーキがあった。全くの手つかず。

 【とがめの部屋(3階)】
 ・大量の酒瓶があった。
 ・空っぽの箱があった。
 ・真っ二つに割れたクマの置物があった。

 【とがめの香水】
 ・薔薇のよい香りがする。
 ・数日前、ネロから誕生日プレゼントで貰った。

 【証拠品 石動の刀の鍔】
 ・何者かの血が付着している。おそらく指を切断した時の被害者のもの。
 ・四ケタの数字が刻み込まれている。