■キャラクター名
鬼龍院華(きりゅういん・はな)

■ステータス
攻撃力:20/防御力:0/体力:5/精神力:5/FS(リボ払い):0

■能力名
ホワイトフラワー(発動率100%)

■特殊能力内容
隣接1マス以内の敵一体に任意のアイテムを一点所持させる。(他の能力が絡まない限り、アイテムにはフレーバーとしての意味合いしかない)

■キャラクター説明
主婦。42歳。ティッシュ配りの完全熟達者(オーバーアデプト)。
始めはただのアルバイトとしてティッシュを配っていたが、家庭の貧しさも相まって一日32時間という人類の限界を超えたシフトを入れたことにより覚醒。
過労死の境を四年間に渡り彷徨い続けたが、その間もティッシュを配り続け、ついにはティッシュ配りの深奥へと達する。
今では一日152時間のシフトを入れることすら可能で、年収は実に7000万円を超える。
ティッシュ配りとは身体運用の極地であり、またコミュニケーションでもある。彼女がティッシュを差し出せば相手は受け取らざるを得ないのであるが、それは彼女の身体運用が世界全体に対して影響を及ぼした、ごく局地的な顕れに過ぎない。極端な話をすれば彼女は渋谷でティッシュを配ることにより、ホワイトハウスの大統領に核ボタンを押させることすらできる。

彼女の能力『ホワイトフラワー』はポケットティッシュをその手の中に無限に生み出す力であるが、今回のゲームではティッシュ配りを応用した「相手に任意のアイテムを所持させる」力として便宜上設定している。