LCD Photon

機種名 LCD Photon 3D Printer
方式 DLP (LCDシャドウマスク)
外形寸法 幅22cm*奥行20cm*高さ40cm
出力範囲 幅115mm*奥行65mm*高さ155mm
推奨積層ピッチ 0.025mm~0.1mm
XY解像度 0.047mm(2560*1440)
Z軸精度 0.00125mm
推奨印刷速度 20mm/h
操作インターフェイス 2.8インチタッチスクリーン
接続方法 USBメモリ (カードリーダーを介しSDカード等接続可)
定格電力 40w
光源 UV-LED(波長405nm)
重量 6.6kg
スライサ Anycubic Photon Slicer (Mac,Win64bit,Win32bit)
対応データ形式 STL
公式ページ Anycubic 販売ページ
公式サポートページ ANYCUBIC Photon Support


おすすめレジン・パラメーター設定

※他社製のUVレジンについてもおすすめの設定があれば追加してください。
※※同じメーカー・種類のUVレジンでも、積層ピッチ等異なる設定でおすすめのものがあれば追加してください。
メーカー 色・種類 積層ピッチ(mm) 出力品露光時間(秒) 消灯時間(秒) ラフト露光時間(秒) ラフト層数 備考
Anycubic 透明グリーン - - - - - -
Anycubic 透明イエロー - - - - - -
Anycubic - - - - - -
Anycubic - - - - - -
Anycubic グレー - - - - - -
Anycubic クリア - - - - - 2018年6月の新色
Anycubic アクアブルー - - - - - 2018年6月の新色
Anycubic マルーン - - - - - 2018年6月の新色
Anycubic 肌色 - - - - - 2018年6月の新色
Anycubic 歯科キャスタブルレジン - - - - - 2018年6月の新色、緑色
Anycubic - 0.025~0.1 6~15 3~6 20~60 3~6 日本語ユーザーマニュアル記載の範囲
Anycubic - 0.05 10 1 50 8 初期設定、かつAnycubic推奨設定。
Anycubic 透明グリーン 0.05 8~12 3 50 4 B.C.R.のレビューより
Monocure グレー 0.05 12~14 3 50 4 B.C.R.のレビューより
Wanhao グレー 0.05 17~20 3 50 4 B.C.R.のレビューより



X3msnake氏によるレジン露光調整用ファイル解説動画(英語)

X3msnake氏によるレジン露光調整用ファイル(Github)(最新版)
上記ツールのインストラクション和訳


PCB to Photon (英語)
上記ツールのReadme和訳
※Reonarudo氏による画像ファイルを.photonファイルに変換するツール。



名前:

備考

  • 日本での実売価格6万円代(2018年6月現在)
  • 紫外線を遮光するアクリル板は青のものと黄色のものの仕様がある。
  • 透明グリーンのUVレジン(250g)と予備のFEPフィルム、樹脂製ヘラ、六角レンチ等工具、マスク、手袋。予備のネジ等が付属。
  • レジンタンクは金属製。
  • 日本語ユーザーマニュアルあり。
  • 実は日本語以外のユーザーマニュアルでの推奨積層ピッチは0.01mm~0.2mmと記載されている。(2018年6月現在)(Anycubic サポートページ)
  • AmazonではFEPフィルムや交換用液晶モニタを購入可能(2018年6月現在)
  • カバーは正面のみ上部に跳ね上げる形。可動範囲は180°ほど。
  • スタンドアロンで稼働する。
  • 出力時の問題点とその解決法に関しては、BOULDER CREEK RAILROAD(BCR)のレビュー(英語)が詳しい。濃い色の不透明樹脂は透明樹脂と比較し長い露光時間を必要とするとのこと。
 (ただしWanhaoのクリアレジンのように長い露光時間を必要とするものもある)
  • Anycubic公式が投稿した動画より「解像度2kの液晶パネルは紫外線による劣化で半年ごとの交換が必要かもしれない」とのこと
  • 本体タッチパネルで確認できる.photonファイルのプレビューは、同ファイルデータをPC上(ANYCUBIC Photon Slicer)で作成したときのアングルで保存される作業画面のスクリーンショット。

コメント

名前: