Cスティック


赤字はforから変更があった個所。


仕様

共通

  • 入力の性質は、「1FのLスティック+攻撃/必殺ボタン押しっぱなし」。
    • 倒すだけで一瞬Lスティックを入れた扱いになり、Lスティックを倒していなくてもファイターが移動する
    • 空中回避中に左右にCスティックを倒すと分かりやすい。

  • Lスティック換算の入力値の大きさは、 Cスマッシュ≧C必殺>C攻撃 の順に大きい。
+入力値参考図


  • ジャンプ+Cスティックを先行入力した場合、空中攻撃の方向がLスティック依存になるという不具合(?)がある。
    • 「Cスティックを倒した方向に攻撃が出なかった」という状況は、ほぼ全てこの仕様で説明される。

  • ヒットストップずらし、ベクトル変更も可能。
    • ただし今作は、 Lスティックを倒している間はCスティックのずらしが利かない
    • ベクトル変更は、ベク変受付タイミングちょうどにCスティックを倒したときのみ有効になる。

Cスマッシュ

  • 倒しっぱなしでスマッシュホールドできる。
  • シールド中に上に倒すと上スマ、横・下に倒すと対応した方向の地上回避が出る。
  • 単体でのシフトに対応。斜めに倒すと横スマをシフトできる。
  • Lステ併用のシフトに対応。「Lスティック上下+Cスマッシュ真横」でシフトできる。
  • Cスティックを倒している間、Lスティックが効かなくなる仕様がなくなった。
  • 空下を出すときに急降下が出なくなった。
  • ステップ中のDAに対応しているのは前方向のみ。下に倒してもDAは出せない。
  • 攻撃ボタンを押しっぱなしにした状態で倒してもワザを出せる。


C攻撃

  • シールド中に倒すと、つかみが出る。
  • 単体でのシフトに対応。斜めに倒すと横強をシフトできる。
  • Lスティック併用でのシフトは非対応。
  • ステップ中のDAに対応しているのは前方向のみ。下に倒してもDAは出せない。
  • 攻撃ボタンを押しっぱなしにした状態で倒すとワザが出ない。


C必殺

  • 単体でのシフトに対応。
  • Lステ併用のシフトに対応。
  • 長押し対応。
  • スティックの操作には非対応。
  • 必殺技ボタンを押しっぱなしにした状態で倒すとワザが出ない。

<例>
  • デデデ横Bは、Cステ単体なら横Bが出る範囲で、Lステと併用すれば全方位に打ち分けられる。
  • ベヨネッタの下横Bは「Lスティック下+C必殺横」で出せる。
  • フォックスなどのリフレクターは、スティックを倒しておけば貼りっぱなしにできる。
  • PKサンダーの操作はできない。


その他仕様

ジャンプ、シールド、つかみ
ジャンプ、シールド、つかみ設定のCスティックは、それらをボタンに設定したときの挙動と全く変わらない。
前後ジャンプやシールドシフトなどの特殊な操作はできない。


コマ送りモードのCスティック
Cスティックを倒した状態でコマを送ると、ボタンと同じように入力を仕込むことができる。
Ver1.2.x以前は仕様が異なっていた。
+開く
  • Ver1.0.0: Cスマッシュは倒した方向によらず横スマッシュ入力になっていた。
  • Ver1.2.x以前: C攻撃・C必殺を仕込もうとするとニュートラル攻撃/必殺ワザが出ていた。



Cスティックを利用した入力テクニック

Cスティックに1FのLスティック成分が含まれることを利用した入力テクニック。
特に記載が無い場合、Cステの設定はスマッシュまたは強攻撃を想定している。

最長ステップ

ダッシュ出始めにCスティックを下に倒し、その後Lスティックを倒しっぱなしにしておく と、通常よりも距離の長いステップが出せる(理論上の最長距離)。
C攻撃の場合、Cスティックを上に倒すことでも可能。
このテクニックを使うとLスティックを倒し続けても走行には移行せず、ステップの後は歩行状態になる。

原理的には、Lスティックの入力がCスティックで一度中断されることで走行に移行しなくなるという仕組みである。
通常のステップ入力ではLスティックを途中で離すため、ファイターの速度は地上抵抗値で減少し、ステップの距離はその分だけ短くなる。
一方、このテクニックではステップ中ずっとLスティックを倒したままになるので、ファイター速度は最大走行速度を保つ。
よって、ステップ距離も通常ステップよりも長くなる。

C反転

Cスティックを自分の向きと反対に倒すことで、ファイターの向きを反転させられる状況がある。

C反転横B(NB)
C反転と必殺ボタンを同時入力すると、反転横Bが出る。
C攻撃のみ、Cステを斜めに倒すことで反転NBが出せる。


C反転空ダ
慣性反転必殺ワザ(空ダ)に必要な反転入力をCスティックで行うテクニック。
必殺ワザを出した後、C反転入力をするだけでよい。

例1:C反転空ダ横B
  • 入力:横B > C反転 ※Lステは最初の方向に倒したまま

例2:C反転空ダ下B
  • 入力:(右向きの場合)ジャンプ > Lステ左下+必殺技 > Cステ右で反転
  • 下Bの2式/4式空ダが簡単に出せる。


C反転ジャンプSJ攻撃
ダッシュ出始めにC反転+ジャンプを同時入力 すると、 ファイターの向きが反転しながらSJ最速空中攻撃 が出る。
「進行方向に空後が出る」もしくは「進行方向と逆に空前が出る」という2つのパターンがあるが、両者を出し分けるための条件は不明である。
なお、このテクニックはトレモコマ送りの入力仕込みでは再現不可能。


C反転ジャンプ必殺ワザ
C反転とジャンプを同時入力し、続けてジャンプ踏切中に必殺ワザボタンを入力 すると、反転SJ最速必殺ワザが出る。
原理的には、C反転ジャンプでSJ空中攻撃が先行入力された後、必殺技で空中攻撃を上書きするという仕組みである。
Lスティックと組み合わせると簡単に空ダが出せる。

例1:C反転ジャンプ空ダ横B
  • 入力:ダッシュ > C反転ジャンプ > B ※Lステはずっと倒したまま
  • 進行方向にジャンプした後、引きながら前方に横Bが出る(空ダ4式)。

例2:C反転ジャンプ空ダNB
  • 入力:ダッシュ > 斜めC反転 + ジャンプ > B ※Lステはずっと倒したまま
  • 進行方向にジャンプした後、引きながら前方にNBが出る。
  • C攻撃のみで可能なテクニック。 C攻撃を斜めに倒すことで、横Bの代わりにNBが出る。


参考



コメント

名前: