Ver. 2.0.x


Ver. 2.0.0

2019年1月30日に配信された。
スマブラの更新データで初めて、公式から ファイターのパッチノート が公開された。
ただし、バグの修正と思しき変更については公開されていない。
ファイター以外にも、ゲームバランスの調整と称してひそかに変更されている箇所があるため注意が必要。

公式発表による変更点

Ver2.0.0更新データ

ファイターの調整内容

+変更点概要

オフライン

  • 「スピリッツボード」が最大4人で一緒に遊べるようになりました。
  • 「ターゲットリスト」で挑戦したいスピリットを選択後に、「マイ編成」→「ファイター」から遊ぶ人数を変更できます。
  • 複数人で遊ぶ際は、誰か一人が撃墜された時点で敗北となります。
  • 「ショップ」に以下のスピリッツが並ぶようになりました。
    • ピカチュウ(相棒)
    • イーブイ(相棒)
    • サイコロ
    • リバーサバイバル
    • パワフルダッシュキノコ

オンライン

  • 世界戦闘力の算出方法を調整しました。
    • ※上記をご利用いただくには、有料サービス「Nintendo Switch Online」への加入が必要です。

全般

  • DLCファイター「パックンフラワー」を追加しました。
    • ※パックンフラワーは、後日追加コンテンツとして有料での配信も予定しています。
  • ジャンプボタンを2つ同時に押すと、小ジャンプができるようになりました。
    • ※あらかじめ2つのボタンに「ジャンプ」を設定しておく必要があります。
  • チームアタック「あり」ルールで味方を撃墜した際、撃墜数が加算されていた問題を修正しました。
  • ゲームバランスの調整を行いました。
  • そのほか、ゲームを快適に遊んでいただけるよう、いくつかの問題を修正しました。


パッチノートの読み方

主要なもののみ掲載。

公式の文 意味
攻撃が出るまでのタイミングを早くしました。 発生F短縮
スキを減らしました。 全体フレーム短縮
ふっとぶ距離を伸ばしました。 リアクション値増加
ヒットストップの時間を短くしました。 ヒットストップ倍率減少
ふっとぶ距離を維持しつつ、攻撃力を上げました。 ダメージが増加した分、リアクション値が減少
ワザを出したあと、専用の着地になる時間を短くしました。 着地隙フラグ付与フレーム短縮
ワザを出したあと、ガケをつかむことができない時間を短くしました。 空中攻撃の全体モーションフレーム短縮

着地隙フラグ
このフラグが設定されているフレーム中に着地すると、ワザ固有の着地隙が出てしまう。
フラグ付与フレームが短縮されると、ワザ後半にある着地隙が出なくて済むタイミングが増える。
着地隙フラグの無いフレーム区間に着地するテクニックは オートキャンセル と呼ばれる。

全体モーションフレーム
全体フレームとは別物。 全体フレームよりも長い。
全体モーションフレーム中は、ガケつかまりやアシストフィギュア召喚などごく一部の行動が取れない。



共通システム

  • ジャンプボタンを2つ同時に押すと小ジャンプが出るようになった。
    • ジャンプ踏切中にジャンプボタン2つが押されたフレームがあると小ジャンプになる。

  • 終点・終点化ステージの復帰台の位置が中央に変更された。
    • Ver1.2.1までは左寄りだった。

  • ガードキャンセル上B仕込みが削除された。
    • Ver1.2.1までは、ガードストップ・ガード硬直中にスティックを上に倒しながらBを連打するとガード硬直後に最速でガーキャン上Bが出せていた。

  • 崖上がりジャンプ中に「空中ジャンプ+空中攻撃/ワイヤー」を先行入力すると無敵終了後の後隙2Fをキャンセルできる仕様が削除された。

  • 地上すれすれで移動回避を使用すると着地した扱いになり、空中ジャンプや崖無敵が復活する仕様が削除された。

  • トレーニングモードにて、「止まる」設定のCPUが「CPのずらし」でヒットストップずらし・ベクトル変更を行うようになった。

  • トレーニングモードのコマ送りモードにて、強攻撃・必殺ワザ設定のCスティックでもポーズ状態から入力を仕込めるようになった。

  • スピリッツボードでスピリッツイベントに失敗してもスピリッツがすぐには消失せず、3回連続で失敗すると消失するようになった。



バグ・不具合修正

確認されているバグ・不具合の修正についてはほとんど下記のサイトに記載されている。



その他上記サイトに記載されていないもの

  • ヨッシーのつかみに対して、60Fの「つかみ不可時間」が適応されない不具合が修正された。
  • マルス・ルキナ・ロイ・クロムの後ろ空中攻撃のアニメーションが変更され、腕がねじれる現象が修正された。



ファイター

赤字はパッチノートに載っていない変更点。
全ての変更点を載せているわけではない(2019/2/18現在)。

マリオ

  • [DA] 角度 60/58 → 50/48 (本当て/持続)

サムス・ダークサムス

  • ホーミングミサイルのステージに対する上下方向の衝突判定が小さくなった。
    • 上側 2.4 -> 1.6
    • 下側 -2.4 > -1.6
    • 横は2.4 で変化なし。
  • [サムス]空中スーパーミサイルの全体フレームが59Fから61Fになった。
    • 1/30発表の公式のパッチノートでは「スキを減らしました」と誤植されていた。現在は訂正済み。
    • Ver1.2.1では、このワザのみダークサムスと全体フレームが異なっていた。今回の調整はダークサムスに合わせた形。

ピーチ・デイジー

  • 上Bで傘を開いている時のガケつかまり範囲が広くなった。
    • (X1, Y1, X2, Y2) = (15, 23, -9, 9) -> (15, 23, -9, 6.5)
    • ライラットクルーズの傾いているガケをつかみやすくなった。
  • 最後の切りふだのカメラワークに関するパラメータである"scroll_rate" が0.5から0.3に変更された。

アイスクライマー

  • "jostle_data_nana_small"というパラメータが追加された。
    • Z軸の押し出し判定に関係しているが、いつ使用されているかは不明。
  • 上必殺ワザのパラメータの1つである"cliff_offset_x"が、0から-1に変更された。
    • ガケにつかまりやすくなった。

ミュウツー

  • [DA] ガード硬直倍率 1.875 → 1.3

スネーク

  • 「セルフC4」が不可能になった。
    • 崖から飛び出す瞬間に慣性反転で下Bを出すと、スネーク自身にC4爆弾をくっつけることができていた。

ロボット

  • "jostle_front" 1.4 → 0.1
    • ぬるり判定が調整され、シールド中に一部のファイターからつかまれない現象が起こらなくなった。
    • ただし、未だにシールド解除モーション中につかまれないケースがある模様。

パルテナ

  • [空N] ヒットストップ倍率 1.0/2.0 → 0.5/1.5 (連続ヒット/最終段)

インクリング

  • [横B] BKB 60→25
  • [横B] KBG 80→105
    • ダメージの低い相手を埋める時間が短くなった一方、ダメージによる拘束時間の伸びが良くなった。

キングクルール

  • [下投げ] 埋め時間の式が変更された。
    • ダメージの低い相手を埋める時間が短くなった一方、125%よりもダメージが高い相手に対しては埋まり時間が増加した。
変更前: 90 + 0.51 * 相手% [F]
変更後: 60 + 0.75 * 相手% [F] ※相手%は埋める前のダメージを参照


ガオガエン

  • [上スマ] BKB 50 → 53
  • [上スマ] KBG 94 → 95