レバガチャ


レバガチャ

概要

つかまれ状態、埋まり状態、氷結状態などは、レバガチャで拘束時間を短縮できる。
レバガチャ1カウントにつき拘束時間が一定量減少する。

レバガチャが 有効でない 代表例は、
  • ゼロサムNBなどによる「しびれ状態」
  • セービングアタックの「崩し」
  • ウィッチタイム
など。

レバガチャ1入力で短縮できる時間は、拘束の種類によって異なる。
普通の「つかみ」状態でのレバガチャは、 スティック1入力につき拘束時間を 8F 短縮できる(ボタンは 14.4F )。


スティックとボタン

レバガチャには、 スティック ボタン を使用することができる。
ただし アピールコマンドは効果が無い。

Lスティックは 上下左右の4成分 でカウントされる。
Lスティックを1周させると、スティックを4回倒したのと同じ効果になる。

ボタンはスティック1入力の1.8倍 の効果がある。

Cスティックを倒すと、スティックを1回倒すのと同じ効果になる。
しかし、 Cスティックはぐるぐる回してもカウントが増えない


同時入力

ゲームが受け付けるレバガチャ入力は、 1Fにつき1つだけ である。
例えば攻撃ボタンとジャンプボタンを同時に押しても、ボタン1つ分にしかカウントされない。

同フレーム内での入力優先度は、スティック弾き > ボタン
ただしスティックを倒しっぱなしにしている場合は、ボタンでのレバガチャは有効。

ボタンホールド中に同コマンドのボタンを押しても、レバガチャにはカウントされない。
例1:X・Yがジャンプの場合、Xボタンをホールドしながら押したYボタンはレバガチャ入力にならない。
例2:十字ボタンを全て攻撃ボタンにして「上&右 > 右&下 > 下&左 …」と同時入力を繰り返しても、レバガチャ入力は最初の1回しかカウントされない。


つかみボタン

ゲーム上では 1Fの攻撃+シールドのホールド という処理のつかみボタンだが、
レバガチャ時には他のコマンドと同様、ボタン1入力分となる。

つかみボタンホールドは、シールドボタンホールドと同じ状態として扱われる という仕様がある。

<つかみボタンの、攻撃ボタン・シールドボタンとの同時入力の関係>
ホールド 後から入力 カウント
シールド つかみ
攻撃 つかみ
つかみ つかみ ×
つかみ シールド ×
つかみ 攻撃



レバガチャの連打制限

SPからの新仕様。
ボタンを組み合わせたレバガチャには 連打制限 があり、毎フレームの入力ができないようになっている。
最短連打周期(間隔)は、直前にカウントされたレバガチャと次のレバガチャの組み合わせに依存する。
制限時間中に無駄なレバガチャをしてしまってもペナルティは無い。

<組み合わせと連打制限時間>
直前のレバガチャ 次のレバガチャ 最短連打周期
スティック スティック 制限なし
スティック ボタン 3F
ボタン スティック 3F
ボタン 同じコマンドのボタン 2F
ボタン 違うコマンドのボタン 3F

  • 例1: A > B と押す場合、Aボタンの3F以上後に押さないとBボタンはレバガチャとしてカウントされない。
  • 例2: 1フレームごとに順に A>B>X>R と入力した場合、1F目のAボタンと4F目のRボタンがレバガチャにカウントされる。

なお、Ver2.xまではABスマッシュ入力(Aホールド+B)は連打制限を回避できるという仕様だった。Ver3.xで廃止。


レバガチャ最適化

ボタン設定
同じコマンドの同時押しを避けるのが大原則。
同じコマンドは最短連打周期が短いが、それを活かすには1F入力を安定させなければならないのであまり考えなくてよい。
  • ABXYは 隣り合うボタンを違うコマンド にしておく。
    • 余ったボタンがあるなら、その対角線上にあるコマンドを当てる。
  • 十字ボタンは、ABXYに含まれないもしくは少ないボタンを当てる。対角線上は同じコマンドでよい。
  • ジャンプ抜けを嫌うなら、ジャンプボタンの数をなるべく減らす。
  • レバガチャにおいてL,R,ZL,ZRは重要度が低い。お好みで。

↑ ボタン設定一例。

入力方法
ABXYボタンを擦るようにずらし押し。
ずらし押しはギリギリを攻めすぎると連打制限に引っかかるだけなので、ほどほどに。
とにかく速さを求めるなら十字ボタンも併用。
L,R,ZL,ZRは、ABXYが疎かにならない程度に使う。

実戦では、抜けたり投げられたりしたときのことを考慮して、
ベクトル変更を仕込んでからレバガチャを始める のがおすすめ。
スティックを倒しっぱなしにしておく分にはボタンレバガチャへの影響は無い。


拘束時間計算式

拘束時間の式と、スティック1入力での時間短縮量を記載。
ボタンはスティック1入力の1.8倍の効果。

拘束ワザ 拘束基礎時間[F] レバガチャ
つかみ 90 + 1.7*蓄積% 8



コメント