ジャストシールド




関連ページ



ジャストシールド

攻撃を受ける直前にシールドを解除 すると、通常のシールドよりもメリットの多い「ジャストシールド」で相手の攻撃を防ぐことができる。
通称はジャストガード、または略してジャスガ。英語ではよくParryと呼ばれる。

受付フレーム

ジャスガ判定は シールド解除モーションの1-5F目。
シールド強制展開時間が3Fあるため、 立ち状態からの受付フレームは最速で4-8Fである。

非常に重要なこととして、 ガード硬直終了後3F以内にシールドを解除した場合はジャスガできない。
そのため、 連続攻撃の途中でシールドを解除してもジャストシールドにはならないことが多い。

ただし、攻撃間隔が十分長い連続攻撃(マルキナ・ロイクロムの通常空中攻撃やクラウドの凶斬りなど)は、連続ヒットを通常のシールドで防ぎつつ最終段のみをジャスガすることができる。
どのような多段ワザがジャスガ可能であるか確認したい場合は、 このスプレッドシート を参照。

なお、中間段をジャスガしたあとに再度シールドを展開・解除して再びジャスガ判定を出現させることも可能。
対通常攻撃の場合は展開・解除ともに最速で行えば理論上可能なことが多いが、あまり現実的ではない。

受付範囲

ジャストシールドの受付範囲は、 「無シフト時の最大シールドサイズ」の領域。

この仕様のため、次のようなときはシールド最大時よりもジャストシールドを狙いやすくなる。
  • シールドの耐久値が減り、シールドサイズが小さくなっているとき。
  • 攻撃が来る方向と逆にシールドシフトしているとき。
どちらも「シールド範囲には攻撃が触れていないが、ジャストシールド受付範囲には触れている」という状況が起きやすくなる。

逆に、パルテナの通常空中攻撃など攻撃判定が大きく移動する多段ワザでは、この仕様により〆でない部分をジャスガしてしやすくなってしまうことも。


ジャストシールドの効果

ジャストシールドには次のような効果がある。

1. ガードストップフレームが変化する。
ガード対象 攻撃側の
ガードストップ
防御側の
ガードストップ
直接攻撃 14F増加 11F増加
飛び道具
(2人対戦時)
- 1F減少
飛び道具
(3~8人対戦時)
- 2F増加

2. ガード硬直終了後から、ダッシュ・反転・強攻撃などあらゆる行動が可能になる。
 2.1. 「ガード硬直の4F後までつかみが出せない仕様」を無視できる。

3. シールド耐久値が減少しない(攻撃判定からダメージを受けない)。

4. ガードストップ中・ガード硬直中は、防御側のみ全身が当たりなし無敵になる。

5. 防御側のノックバック速度が0.15倍になり、のけぞりがとても小さくなる。

6. ガードストップ・ガード硬直時の先行入力が10Fから30Fに延長される。

2人対戦時のみ防御側のストップ時間が減少する仕様は、Ver. 3.0.0で追加された。


ジャストシールド時に「通常シールドと比べて」どれだけ早く動けるようになるか をまとめると下表のようになる。
シールドキャンセル行動各種 も参照。
ガード対象 ガーキャン行動 ガーキャンつかみ 非ガーキャン行動
直接攻撃 3F早くなる 7F早くなる 14F早くなる
飛び道具
(2人対戦時)
1F早くなる 5F早くなる 12F早くなる
飛び道具
(3~8人対戦時)
2F遅くなる 2F早くなる 9F早くなる


攻撃がジャストシールドされると、実際には攻撃側・防御側のファイターの時間は次のように進行する(直接攻撃の場合)。


オート連続ジャスガ

ジャストシールドの無敵時間中に 飛び道具あるいは第3のプレイヤーからの攻撃 を受けると、その攻撃も自動的にジャストシールドする(オート連続ジャスガ)。
同一ファイターからの直接攻撃では発動しない。
ただし、アイスクライマーの攻撃は本体・パートナーでオート連続ジャスガが発動する。

シークの針、ルカリオのNB溜め部分などで簡単に確認可能。
飛び道具とプレイヤー自身の直接攻撃は別物扱いなので、「ピカチュウNBをジャスガ→ピカチュウの直接攻撃」などでも発動する。


ジャスガできないワザ

「攻撃判定のダメージが0%」でかつ「風判定もしくは感知判定の直接攻撃でない」ような場合には、その攻撃判定をジャスガすることができない。

このようなワザはジャスガすることはできないが、 ジャストシールド受付判定中は攻撃判定を通常ガードすることが可能。
ロックマンの横必殺ワザの場合はクラッシュボムが消去され、インクリングの下必殺ワザの場合はスプラッシュボムがバウンドする。
なお、ともに爆発部分のダメージがある攻撃判定はジャスガ可能。

ファイター ワザ
空中前攻撃
(爆弾, 感知)
下必殺ワザ
(溜め無し)
横必殺ワザ
(感知)
下必殺ワザ
(感知)

また、スネークの上スマッシュ攻撃の飛び道具や横必殺ワザのニキータなどの感知判定もジャスガ不可だが、これらはそもそも対ガードに対して反応しない攻撃判定である。