シフト攻撃





シフトとは

「シフト」 (Angling)とは、一部のワザの攻撃の角度をずらすテクニックのこと。
シールドの展開位置をずらす「シールドシフト」とは異なる。
ワザによって、シフトに対応しているものとそうでないものが存在する。

なお、このページでは シフトできる通常攻撃についてのみ記述する。
移動方向を変更できる必殺ワザや、発射方向を変更できる飛び道具などについては扱わない。


概要

シフト対応のワザは、上・横(無入力)・下の3つの方向にシフトすることができる。
ちなみに、64では5方向にシフトすることができた。

シフトすることでワザの判定位置を上下方向に変更させることができるため、相手の位置に応じて狙いを定めやすくなる。
多くの場合ではワザの判定位置がずれる以外の差異点はない。
ただし、ワザやファイターの組み合わせによっては無シフトでは当たらないコンボがつながったり、崖つかまり中の相手のヒットさせることもできる。
前者の例としては、ガオガエンの下強攻撃 → 上シフト横強攻撃での撃墜コンボなど。
後者の例としては、ウルフの横強攻撃を「崖の2F」に当てる場合など。

なお、 ワザの中にはシフトすることで判定位置以外の性質が変化する場合もある。
例えば、ダックハントやジョーカーの下シフト横強攻撃はベクトルがかなり低いため、無シフト時よりもかなり撃墜しやすい。
また、ピーチ・デイジーやリトルマックの横スマッシュ攻撃のようにワザ自体が大きく変化するものもある。


シフトの入力

シフトを入力するためには、特定のフレームのスティック入力角度(入力値ではない)が条件を満たす必要がある。
なお、使用するスティックは左スティック・Cスティック(攻撃・スマッシュ両方)どちらでもよい。

ワザの種類ごとのシフトタイミングとスティック角度は以下の通り。
基本的に、スティックを45度方向に倒すことを心がけるとシフトしやすい。
ワザの種類 シフトタイミング スティック角度
横強攻撃 入力の瞬間(1F目) 16度 ~ 60?度
横スマッシュ攻撃 溜め開始フレーム
or
溜め解除フレーム
16度 ~ 60?度
空中攻撃 入力の瞬間(1F目) 15度 ~ 65度

表から分かるように、 横スマッシュ攻撃のシフト入力のみシフトタイミングが異なる。
溜めを挟まない場合は溜め開始フレーム、溜めを挟んだ場合は溜め解除フレームがシフトタイミングとなる。

なお、横スマッシュ攻撃を入力した瞬間には適切な角度でも、シフトタイミングまでにスティックがずれてしまうとシフトできないので注意。
ちなみにゼロスーツサムスの横スマッシュ攻撃のみ例外で、一段目が終了したあとでもシフト可能(22F目まで)。



横強攻撃の上下シフト

横強攻撃のシフトタイミングは「入力の1F目」。
あらかじめ45度方向にスティックを倒してから入力すると出しやすい。

横強攻撃をシフトできるファイターは以下の38体。





シフトによる変化

攻撃範囲のみが変化する場合は記載していない。
ファイター 説明
上・下シフトはダメージが高く、ふっとばしが大きい。
下シフトのみ、転倒率が高い。
上・下シフトはダメージが高く、ふっとばしが大きい。
上・下シフトはダメージが高く、ふっとばしが大きい。
上シフトはダメージが高く、ふっとばしが大きい。
下シフトはダメージが低く、ふっとばしが小さい。
上・下シフトはダメージが高く、ふっとばしが大きい。
上・下シフトはダメージが高く、ふっとばしが大きい。
上・下シフトはふっとばしが小さい。
上・下シフトはダメージが高く、ふっとばしが大きい。
下シフトのみ攻撃判定の属性が異なる。
エフェクトやSEの他には、対戦は影響しない。
上シフトはベクトルが361度で高い。
下シフトはベクトルがかなり低い。
上シフトはふっとばしが大きいが、ベクトルが高い。
下シフトはふっとばしがわずかに小さいが、ベクトルがかなり低い。
上・下シフトはダメージが高く、ふっとばしが大きい。

+詳細な相違点を見る
横スマッシュ攻撃のシフトによる詳細な相違点
ファイター 種類 シフト

ドンキーコング
ダメージ 上シフト 9%
無シフト 8%
下シフト 9%
転倒率 上シフト 0
無シフト 0
下シフト 0.15

サムス
ダークサムス
ダメージ 上シフト 9%/10%/11%
無シフト 8%/9%/10%
下シフト 9%/10%/11%

フォックス
ダメージ 上シフト 7%
無シフト 6%
下シフト 7%

ピカチュウ
ダメージ 上シフト 10%
無シフト 9%
下シフト 8%

キャプテン・ファルコン
ダメージ 上シフト 9%/9%/10%
無シフト 8%/8%/9%
下シフト 9%/9%/10%

ゼロスーツサムス
ダメージ 上シフト 8%/8%/6.5%
無シフト 7%/7%/6%
下シフト 8%/8%/6.5%

リュカ
本当て
BKB
上シフト 35
無シフト 45
下シフト 35

ゲッコウガ
ダメージ 上シフト 8.3%
無シフト 7.3%
下シフト 8.3%
KBG 上シフト 100/79/58
無シフト 98/77/56
下シフト 100/79/58

クッパ Jr.
属性 上シフト sting
無シフト sting
下シフト cutup

ダックハント
ベクトル 上シフト 48度
無シフト 361度
下シフト 30度

ジョーカー
Hit 2
ベクトル
上シフト 45度
無シフト 35度
下シフト 25度
Hit 2
(アルセーヌ)
KBG
上シフト (121/121)/128
無シフト (106/106)/110
下シフト (106/106)/105

格闘Mii
ダメージ 上シフト 8.5%
無シフト 8%
下シフト 8.3%




横スマッシュ攻撃の上下シフト

横スマッシュ攻撃のシフトタイミングはスマッシュの「溜め開始フレーム」と同じであり、ワザによって異なる。
横強攻撃と違って入力の瞬間ではないので、比較的入力が容易である。
溜め中から出す場合には、溜め解除の瞬間のスティック入力値によってシフトが判別される。

なおゼロスーツサムスのみシフトタイミングが異なり、一段目が終了したあとでもシフト可能(22F目まで)。


横スマッシュ攻撃をシフトできるファイターは以下の25体。




ピーチ・デイジーのシフト

ピーチ・デイジーの横スマッシュ攻撃は、シフト方向によってフライパン(上)・ゴルフクラブ(無)・テニスラケット(下)の3種類のスマッシュを出すことができる。
全体フレームや判定持続フレームなどはすべて同じだが、攻撃判定の性能が異なる。

おおまかな性能は以下の通り。
  • フライパン(上シフト)
ダメージが18%で3つの中で一番高いが、攻撃範囲は小さめ。
ベクトルがかなり上方向でふっとばしも大きいので、撃墜ラインから遠い場合は撃墜%が一番小さくなる。

  • ゴルフクラブ(無シフト)
ダメージが15%と中程度だが、攻撃範囲は3つの中で一番大きい。
3つの中で唯一先端・根本判定があり、先端の方がふっとばしが大きくなる。

  • テニスラケット(下シフト)
ダメージが13.5%と3つの中で一番低く、攻撃範囲は中程度。
ベクトルが非常に低い上にふっとばしが強力で、撃墜ラインから近い場合は撃墜%が一番小さくなる。


シフトによる変化

攻撃範囲のみが変化する場合は記載していない。
ファイター 説明
上シフトの本当てはふっとばしが少し大きい。
下シフトの本当てはふっとばしがわずかに大きい。
上シフトはダメージが高く、ふっとばしが大きい。
下シフトはダメージが低く、ふっとばしが小さい。
上シフトはベクトルが高いが、ふっとばしがかなり大きい。
下シフトはベクトルが低いが、ふっとばしがかなり小さい。
上シフトはベクトルが高いが、ダメージが高くてふっとばしがかなり大きい。
下シフトはベクトルが低く、ダメージが高くてふっとばしが大きい。
上シフトの本当てはふっとばしが少し大きい。
下シフトの本当てはふっとばしがわずかに大きい。
上シフトの本当てはベクトルが高い。
上・下シフトのHit 1は判定持続フレームが1F長い。
上シフトはダメージが高く、ふっとばしが大きい。
下シフトはダメージが高く、ふっとばしが少し大きい。

+詳細な相違点を見る
横スマッシュ攻撃のシフトによる詳細な相違点
ファイター 種類 シフト

マリオ
本当て
KBG
上シフト 101
無シフト 99
下シフト 100

サムス
ダークサムス
ダメージ 上シフト 13%/13%/15%
無シフト 12%/12%/14%
下シフト 11%/11%/13.5%

ルイージ
ベクトル 上シフト 52度
無シフト 42度
下シフト 37度
KBG 上シフト 131
無シフト 121
下シフト 116

キャプテン・ファルコン
ダメージ 上シフト 20%
無シフト 19%
下シフト 20%
ベクトル 上シフト 45度
無シフト 42度
下シフト 38度
KBG 上シフト 94
無シフト 94
下シフト 87

ドクターマリオ
本当て
KBG
上シフト 96
無シフト 94
下シフト 95

フシギソウ
本当て
ベクトル
上シフト 44度
無シフト 361度
下シフト 361度

シュルク
Hit 1
判定持続
上シフト 14-16F
無シフト 14-15F
下シフト 14-16F

キングクルール
ダメージ 上シフト 19.95%/17.325%
無シフト 19%/16.5%
下シフト 19.57%/16.995%





空中攻撃の上下シフト

空中攻撃のシフトタイミングは、横強攻撃と同じく「入力の1F目」。
空中攻撃をシフトできるファイターはシモンとリヒターのみで、前空中攻撃と後空中攻撃の両方を上下シフトすることができる。


シフトによる変化

空中攻撃のシフトによって、ワイヤー復帰の際の崖つかまり範囲も変化する。
ファイター ワザ 受付フレーム 範囲X1 範囲X2 範囲Y1 範囲Y2
前空中攻撃
(上シフト)
(無シフト)
(下シフト)
13-14F 70 19 58 -15
13-14F 70 19 40 -20
13-14F 70 19 30 -40
後空中攻撃
(上シフト)
(無シフト)
(下シフト)
13-14F -70 -19 58 -15
13-14F -70 -19 40 -20
13-14F -70 -19 30 -40