APU > IPL

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

IPL (Initial Program Loader) ブート ROM

これは SPC700 のブート ROM イメージで、リセット時に実行される。

$CD $EF $BD $E8 $00 $C6 $1D $D0 $FC $8F $AA $F4 $8F $BB $F5 $78
$CC $F4 $D0 $FB $2F $19 $EB $F4 $D0 $FC $7E $F4 $D0 $0B $E4 $F5
$CB $F4 $D7 $00 $FC $D0 $F3 $AB $01 $10 $EF $7E $F4 $10 $EB $BA
$F6 $DA $00 $BA $F4 $C4 $F4 $DD $5D $D0 $DB $1F $00 $00 $C0 $FF
.ORG $FFC0
        MOV X, #$EF    ; *** 初期化 ***
        MOV SP, X      ; スタックのセットアップ
        MOV A, #$00    ; ページ 0 RAM のクリア
-       MOV (X),A
        DEC X
        BNE -
        MOV $F4,#$AA   ; "ready" 信号を 5A22 に送る: $2140-1 は #$BBAA を返す
        MOV $F5,#$BB
-       CMP $F4,#$CC   ; 5A22 が $2140 に #$CC を書き込むまで待つ
        BNE -
        BRA Start
Trans:  MOV Y,$F4      ; *** 転送ルーチン ***
        BNE Trans      ; 最初に、5A22 の $2140 から バイト 0 (準備完了) が書き込まれるのを待つ
-       CMP Y,$F4      ; ループスタート: $2140 から 次のバイト/終了 信号を待つ
        BNE +
        MOV A,$F5      ; 次のバイトを取得 ($2140 がバイトインデックスに一致するのを期待する)
        MOV $F4,Y      ; $2141 からバイトを読み込み、$2140 にエコーする
        MOV [$00]+Y,A  ; 準備。バイトを書き込み、カウンタを更新
        INC Y
        BNE -
        INC $01        ; (handle $xxFF->$xx00 overflow case on increment)
+       BPL -
        CMP Y,$F4      ; If "next byte/end" is not equal to expected next byte
        BPL -          ; index, it's "end": drop back into the main loop.
Start:  MOVW YA,$F6    ; *** メインループ ***
        MOVW $00,YA    ; 5A22 の $2142-3 からアドレスを取得
        MOVW YA,$F4    ; $2141 からモードを取得, $2140 からエコーバック
        MOV $F4,A
        MOV A,Y
        MOV X,A
        BNE Trans      ; Mode non-0: 転送開始
        JMP [$0000+X]  ; Mode 0: アドレスにジャンプ
        .DW $FFC0      ; RESET ベクタ

アップロードしたデータを正しく処理するために、 次の手続きを実行する。

  1. $2140-1 から 16 ビット読み込み、$BBAA を返すまで待つ
  2. ターゲットアドレスを $2142-3 に書き込む
  3. $2141 に 0 以外の値を書き込む
  4. $2140 に $CC を書き込む
  5. $2140 が $CC を返すまで待つ
  6. 最初のバイトを $2141 に書き込む
  7. $2140 にバイトインデックスを書き込む ($00 が最初のバイト)
  8. $2140 がセットしたバイトインデックスを返すまで待つ
  9. ステップ 6 に戻り、次のバイトを書き込み、++index を入れて完了まで続ける
  10. 他のブロックを書き込みたい時、次のアドレスを $2142-3 に書き込み、 0 以外の値を $2141 にセットし、index+2 を $2140 に入れ、 エコーバックを待つ。 そして、ステップ 6 に index=0 で戻る。
  11. アップロード後にどこかのコードへジャンプしたい時は、 ターゲットアドレスを $2142-3 に書き込み、 $2141 に $00 を、$2140 に index+2 を書き込み、 エコーバックを待つ。 すぐ後に、コードが実行される。

電源ONの後、最初のユーザコードに入る時に次の値がレジスタにセットされる。 A=0, X=0, Y=0, PSW=$02, SP=$EF

このアップローダに戻りたい時は、0x00F1 から IPL を有効にして、 P フラグをクリアして、 $FFC0 に単純にジャンプする (もしくはスタックとページ 0 のリセットをスキップして、$FFC9 にジャンプする)。