ホルティ

人材情報

列伝

オーストリアの海軍軍人。 
アドリア海を連合国艦隊に海上封鎖されていた状況を、 
オトラント海峡海戦で、一隻も失わず東地中海艦隊を壊滅させた英雄。 
ドイツが躓きソ連がハンガリーに迫ると、ヨハンと共に交渉を行うが、 
察知したドイツによって息子を誘拐され、交渉を止める事を要求。 
彼女はその要求を撥ねつけたが、親独派によるテロの脅迫によって、 
ついに彼女はその要求に屈した。 

台詞

雇用時

「軍人は何処まで行っても軍人さ、出来る事なんて一つしかないよ。」

退却時

「聖冠の導きのままに」

ボイス

+待機時
「お家でゆっくりしたいなぁ」
「機を待つか、賭けに出るか……」
「人種なんて、唯の戯言に過ぎない」
「人が居ないね 私程度が駆り出される位に」
「寒いのは苦手だから 冬に戦う…何て無いと良いなぁ」
+前進時
「行くよ、皆」
「まずは、軽く蹴散らそうかな」
「皆の勇敢さに期待しているね」
「私は皆の命を守り通すよ、絶対に」
「期待に恥じない程度には 活躍はするつもりだよ」
+互角時
「一撃離脱を心がけてね」
「上手く決まれば嬉しんだけど」
「こつこつ損害を与えて行こう」
「数が多くても 烏合じゃあ話にならないよ」
「指示を待つ間も 各自、己の判断で行動して」
+優勢時
「我らが主、聖冠に万歳」
「ようやく退いてくれたね」
「私はまだ死にたくないからね」
「私は、命令を下したに過ぎないよ」
「この勢いに 振りまわされなければいいけれど」
+劣勢時
「世の罪は本当に大きい」
「夢破れるまでが戦争かな」
「大間抜けだ…私も、この国も……」
「最低な人達へ 私を殺す準備は出来た?」
「私は軍人だから 国民を護る義務があるんだよ」

基本情報

人種 スラヴ系 性別 女性
クラス エスクワイア exp_mul 120
HP 3800 MP 100
攻撃 120 防御 135
魔力 80 魔抵抗 70
素早さ 60 技術 100
HP回復 36 MP回復 16
移動力 160 移動タイプ 海上
召喚数 6 召喚レベル 90%

  • 成長率(%)
HP MP 攻撃 防御 魔力 魔抗 技術 HP復 MP復 exp_mul
12 3 12 10 8 5 10 5 3 120→122→125→129(Lv.10ごとに増加)

耐性

斬撃 打撃 刺突 突撃 狙撃 神聖
+4 -2 +2 +4 -3 -3 -3 +1 +1 +1 +3 +1 +1 0
幻覚 混乱 恐慌 石化 沈黙 麻痺 即死 ドレイン 吸血 魔吸 死霊 精神
0 0 +4 0 0 +2 +2 +2 -1 -1 -1 +1 +1 0

スキル

個人スキル

スキル名 使用可能Lv. 攻撃倍率 発動距離 射程 属性 消費MP 備考
艦砲射撃 30~ 攻撃×60% 2000 (必殺技)「『要請』再使用時間:5」「ASD:60%」「32連射」
「範囲攻撃」「ノックバック:吹き飛ばし」
カウンター 1~ 800 (必殺技)「相殺:斬撃・打撃・刺突・突撃」
→(攻撃+技術)×150% 200 斬撃 「範囲攻撃」「貫通」
「相殺:斬撃・打撃・刺突・突撃」
クレイモア 1~ 攻撃×150% 近接 斬撃 「貫通」「範囲攻撃」「2連射」
弾幕防護術式 1~ 0 500 80 「相殺:銃・狙撃・魔法」「加速:300%」

リーダースキル

スキル名 使用可能Lv. 攻撃倍率 発動距離 射程 属性 消費MP 備考
海嘯撃 1~ (攻撃+技術)×35% 500 200 (必殺技)「範囲攻撃」「ノックバック」
「5連射」「沈黙:80%」

部隊スキル

HP+25%、攻撃力+35%、移動力+75%、移動タイプ変更:海上、
水耐性+2、混乱耐性+2、沈黙耐性+2、幻覚耐性+2、

キャラ特徴

全般

海嘯撃を付与するリーダースキルを持っている。

海マップでの機動戦で強みを発揮するが本人の性能は控えめ。
指揮官としての能力を活かすなら部下は騎乗砲兵あたりがいいだろうか。

操作方法

敵対時対処法

シナリオ雇用

人種 スラヴ系、ゲルマン民族
兵科 エスクワイアユサール騎兵近代歩兵選抜猟兵ニザーム・ジェディード
マグス・シーカーペイガニスト騎乗砲兵中砲兵修道士イェフーディー看護兵

勢力のマスターとして


元ネタ

ホルティ・ミクローシュ

  • 銃兵の集団に突っ込ませると単騎で大暴れしてくれる -- 名無しさん (2016-11-28 21:37:42)
名前:
コメント: