概要

祓所の巫女とは、絶対的にこの世界線内に1人存在する(しなければならない)ものである。天族の固有領域「ガルティクサ76」にて、原初祓所(そのサイクルの中で最初に生まれたホモサピエンス)のクローンとして生成される。
祓所の巫女には親がいない。先代で扶養・住まわせて貰っていた人物が生きている場合その元へ引き続きお世話になり(傍目からは入れ替わったことに気づかない)、亡くなっている場合は子を求めている夫婦の元へお世話になりに行く。

分布

基本的にハビタブルゾーン上にある惑星になら生存・移住・ワープ可能。また、ハビタブルゾーン上でなくとも、そこに文明が存在しているならばそこでも生存・移住・ワープができる(植民用惑星でも)。
習性として、「ホモサピエンスが黎明を迎えている」惑星に住まうことが多い。

能力

  • 「空亡」
このまま野放しにしておくと世界線の存続が危うい場合に使われる「最終兵器」。
  • 「解読」(祓所)
「解読」の抱えるデメリットがなくなっている。
すべての言葉を天族の言葉としてとらえ、話すときは聞き手の母語に変換される。

武器

祓所の巫女はそれぞれオーパーツ扱いされるような強力な武器を持っており、俗に「祓所物品」と呼ばれる。これらは普段使われることはない。所有する祓所の巫女が生存中は髪の毛一本でも触れる権利はなく、所有していた祓所の巫女が死んだ後は即座に消滅するため、人間はその技術を得られない。