※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「晴れ屋のスタッフ・関連情報まとめ」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

晴れ屋のスタッフ・関連情報まとめ」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

 *■晴れ屋のスタッフwikiについて
 どうもっ!!
 この度wikiを始めることになりました!
 
 日記を書こうにも、ちょっとめんどくさがり屋な僕なので誰か見られていないと書かないな・・・と思いブログをはじめました!!
 結構僕の仕事中心のブログにはなるかもしれませんが(笑)
 
 僕は晴れ屋という買い取り専門店で仕事をしております。
 もしなにか買い取って欲しい物があれば連絡をいただけたら我々はご自宅までお伺いして買い取り商品を査定させていただきましてその場で現金をお支払させていただく形です。
 ピアノのみその場での査定が少し難しくなってしまいますので後日の振込とさせていただいております。
 
 *■wikiの目的
 昨今は接客がよろしくない買取業者が多いので訪問買い取りというシステムを敬遠しがちな方も多いです。しかし私達晴れ屋は誠心誠意対応いたします!電話でご依頼を受けた商品以外を買い取ることはありませんのでご安心ください!
 
 ここからは講座とまではいかないですが、私なりの接客の仕方やこれは気をつけてほしいと思う業者について少し書いていきたいと思います!
 しっかり勉強してくださいね!【笑】
 
 「〇〇売ってくださいよ~」なんて言う言い方をする業者はお気をつけくださいね!
 我々はもちろんですがちゃんとした業者の接客は、まず名前、会社を名乗って、お客様に安心感と信頼感を与えなくてはいけません。
 それが買取業者の1番の仕事だと私は思います!
 その信頼感が我々とお客様を繋いでいます。
 
 *■接客スタイル
 だから、私は名前を名乗ってもすぐに商品の話はしません。営業等をされてる方はわかると思いますが、まずは世間話をして私と言う人間をわかっていただくことが大事です。
 それが安心感へとつながっています。
 もし売りたいものがあってどうしようとお困りでしたらまずはインターネットで情報を集めて、自分にあった買取業者をしっかり選びましょう!
 そして决めて、会ってみて相手の対応でまた売るか売らないかを判断されたら良いと思います!!
 
 たくさんの業者さんがおられるのでちゃんと探しましょう!!
 そして晴れ屋もよろしくお願いします!
 
 *■リサイクルショップって?
 晴れ屋は買取専門店ですが、この買取専門店と似ている業者で「リサイクルショップ」というのがあります。もう皆さんご存知ですよね?
 このリサイクルショップは店舗型やそれこそ出張査定をするところもあります。
 このリサイクルショップと買取専門店の違いを今日は書いていこうかなと思います。
 リサイクルショップは手軽でどこにでもあって一般の方々からしてみたら行きやすい場所です。
 買取専門店でもブックオフなどの大手はいたるところにあるので行きやすいです。
 
 *■査定の質は?知識は?
 しかし!皆さんの中では何人か思っている方もいるかもしれませんが、「いろんな物が集まるリサイクルショップに、こんなバイトっぽい人がちゃんと査定できるのか?知識はあるのか?」とおもいますよね?
 ある程度は査定できると思うのですが、リサイクルショップは店舗によって、家具が強いとか、電化製品が強いといった偏りが見られます。
 なので電化製品はここのリサイクルショップ。家具はここのリサイクルショップ。としっかり分けなければ大きな損につながります。
 じゃあ大手でいいじゃないか?となりますよね?
 ここは多分どの業者でもそうですが、大手になると沢山の店舗、そして沢山の人件費がかかってしまいます。だからといって売る時に高値をつけて売り出してしまうとだれも買うわけがありません。
 ということは・・・そう。買い取る時のお金を減らされてしまいます。
 これはしょうがないことではあるのですが、お客様からしたらたまったもんじゃないですよね!?
 
 *■オススメの買い取り業者、選び方は?
 大手や、リサイクルショップも良い所は沢山あるとは思いますが、僕がおすすめするのは「大手ではない買取専門店」です。
 ちゃんとしたバイト出ないスタッフがしっかり査定してくれて、人件費にお金をかけない。
 こういうところを探してみるべきかなと個人的には思います!
 その選択肢に晴れ屋を選んでいただけたらありがたいかぎりです!!
 
 *■新生活にリサイクルショップを活用
 毎日買い取り査定の依頼が多く嬉しい限りでございます!
 新生活が始まる前に不要なものを売りに出している方が多いのでしょうかね?
 新生活で買い換えるものが買い取り依頼や査定の依頼が多く感じております…。
 みなさん新生活の準備は済んでいるのでしょうか?
 この前私も友人の引っ越しを手伝いに行きました!
 新しいお部屋や家具などを見ていると気持ちのよい気分になりますよね。リフレッシュをした気分と言いますか…!
 私は、引っ越しなどは行わないので、4月に向けてお家の掃除をしています。お家をキレイにして不要なものを手放そうと考えています!
 
 *■接客にとっての笑顔
 そして、今回は接客について考えていきたいと思います!
 晴れ屋は、リサイクルショップですが、買い取り査定も行っています!そのためお客様とお会いする機会も大変多いです!ですので、接客に仕方、態度について十分気をつけているつもりではいます!今回は私が行っている接客のコツについて書いていきたいと思います!
 
 まずは、当たり前のことかとは思いますが、【常に笑顔でいること】です!
 これが案外難しいことなのは、接客業を行っている方なら分かりますよね??
 接客中に気を抜くということはないのですが、普通の顔に戻ってしまったりすることが多いのです。お客様から見ると仏頂面に見えてしまうのですよね…。ですので、常に笑顔でいることには注意をしています!
 
 *■挨拶は接客の基本!
 そして、【挨拶を忘れず大切に!】です。買い取り査定でお客様のお家にお伺いする時に気持ちのよい挨拶が出来ていないと、悪印象を与えてしまいますよね。私は最初の頃には声が大きくなくボソボソと挨拶をしていたことを上司に注意されまして…。そこから常に気をつけるようになりました!気持ちのよい挨拶をすると、お客様も自然と笑顔になってくれることが多いことを実感しているので、今後もこの事は重要だなと考えております!
 他にも私が気をつけていることは多々ありますが、今回はこのへんで終わりにしたいと思います!またの更新を楽しみにしてください!!
 
 *■装身具
 身に着けるもの関連!装身具などですね!
 ダイヤや宝石などは、鑑定書がなくても買い取り可能です。
 壊れていたりしても、鑑定士が一つ一つ価値を見定めます。鑑定書がなくても査定には響きませんよ。古くなったアクセサリーや小傷があるものでも大丈夫です。
 腕時計などは、動作確認が不可能なもの、電池切れ品物でも気軽に査定にお出ししてください。古いし、汚いし、価値があるとも思えないものでも、年期が入っていても買い取りができる可能性は多いに秘めています。
 保証書、ギャランティーカード、箱、修理証明書などの付属品がある場合には、有無により査定額が変動する時計があります。購入された時の付属品は保管しておくことをオススメします。
 
 *■貴金属
 貴金属などは、壊れている、片方しか残っていないピアスやイヤリング、鑑定書のない貴金属でも買い取りが可能です。デザインが古い…、当時は高価で買ったけれど壊れているなど、ご自宅に眠っている貴金属を、現在の貴金属の市場価格に照らし合わして、適正な価格にて買い取りをいたします。指輪の石が取れてしまっている、ネックレスが途中で切れてしまっている、指輪が曲がってしまっているプラチナや金などでも大丈夫ですよ。
 
 *■家電品
 家電品についてです。
 カメラは、晴れ屋では、他社と比較すると圧倒的な実績と買い取り可能商品が多数にあると言っても良いでしょう。そのため、多少の汚れや破損があっても、パーツ取りとして商品の価値を見出すことが可能です。CANONやNICON、RICHO、LIKA、一眼レフが高値で買い取らせて頂いております。
 ミシンは、アンティークミシンや使わなくなったミシン、工業用ミシンから家庭用ミシンまで、どんなものでも買い取りが可能です。
 電子ミシンや電動ミシン、ロックミシン、足踏み式のアンティークも買い取りが可能となっているので、他店では引き取ってもらえなかった商品でも、気軽にお申し付け下さい。
 
 *■接客について
 一言に接客と言っても、人によっては、十人十色な答えが出てくるのではないでしょうか。 
 接客とは何かを改めて考えることによって、接客の質を高め、よりお客様の満足度を高めることに繋がると思います!晴れ屋で接客を行っていますが日々精進の身です…。
 
 接客とは、お客様に対するお店の姿勢や態度を明確に表したものだと私は思います。
 お客様への接客が最悪なお店は、お客様のことを軽く見ているという捉え方ができますし、心を込めた接客を行っているお店はお客様との関係性を良い方へ作っていこうと捉えることが出来ると思いませんか。最悪な接客をされた場合と、心を込めた接客をされた場合を比較してどちらが良いか考えれば分かりますよね?
 
 *■接客の意味
 接客は、ただ単にお客様と接するということだけではなくて、商品やお店のサービスに対して付加価値を与えるといった部分にも大きな意義があると思います。
 接客というのは、お客様と接することを意味しており、商品やサービスとお客様をつなぐ行為のことを指すそうです。
 そもそもお客様という言葉には、モノを買いに来た人という意味以外にも、訪ねてくる人、訪問者、招かれてくる人といった意味を持っているのです。この意味を知らないという人も多いのではないでしょうか。
 
 *■マニュアル通り…?
 多くの企業では、接客に対し、マニュアルを作成しているところが多いと思いますが、マニュアルで対応できる接客には限界がありますよね。
 時にマニュアル通りの接客は、かえってお客様を怒らせてしまう場合もあるからです。見たくはないですけど、飲食店などで、よくその場面を見かけてしまいますよね…。
 
 ではどのようにすれば良いのかと考えた時に、その接客を行う人の経験やスキルが問われます。接客の対応次第では、結果が良くも悪くもなってしまいますよね。
 つまり、その場面での状況に応じた、臨機応変な接客術が求められるということです。
 今後も私も臨機応変な接客術が可能になれるように、経験を積んでスキルを磨いていきたいと思います。
+
+*■接客に何が大切か?
+今日は接客には欠かせない「笑顔」の大切さについて書いていきたいと思います。
+私は、晴れ屋のスタッフとしてお客様のご自宅に赴き、様々な物を出張買取しているのですが、プロとしてお客様が満足いくには何が必要かを常に考えています。
+お客様の大切なお品物の価値を見落とさないよう、日々変動する相場を把握し、社内での情報共有も徹底する。そういった“知識”の面は、プロとしては最低限当たり前に持っていなければいけないことだと思います。全員が最低限の知識を持っているとするなら、どこで差がつくかというと私は“笑顔”だと思います!!
+
+*■接客をする上で大切なものは笑顔である。
+笑顔って!!と嘲笑する人もいるかもしれませんが、私は本気で思っています。
+接客される側の立場で考えても、笑顔が素敵な人程気分を良くしてくれるものはありません。「笑顔に勝る化粧なし」という言葉がありますが、本当にそう思います!!
+笑顔を心がけるとどんないいことがあるかも本気で考えてみました。
+たとえば……。笑顔だと人に好印象を与えられます。その人の良さが伝わり、人に好かれるようになっていきます。笑顔を心がけると相手も笑顔になれます。温かな雰囲気が生まれ、人間関係が良くなっていきます。笑顔で仕事をすると、まわりの人も励まされます。次第に、いい人やいい仕事に恵まれるようになっていきます。おまけに、笑顔だと健康や美容にもいいのです。
+少し話が脱線しましたが、人と接する仕事をする以上、自分の仕事に付加価値をつけるのであれば、“笑顔”!!これもバカにならないのではと思います。
+
+*■笑顔の練習
+私は今、ポリバケツ運動というのを毎日5分日課でやっています。ポリバケツ運動というのは一文字ずつ“ぽ”~“り”~“ば”~“け”~“つ”~と口を大きく開けてある程度形をキープしながら声にする運動です。これを続けることで綺麗な笑顔にもなるということで百貨店等でも講習で必ずやられています!!
+笑顔を追及することでお客様満足度は上がっていくと私は信じています!是非皆さんもポリバケツ運動やってみてください!!