公人・著名人


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

爵位を持った人物や騎士団のメンバーなど。
物語で直接交流することは少ないが、物語全体の中で重要な役割を担っている。



ダインハイト公国

ダインハイト公王ヤクーシャ

人間/83歳/男性
病床に伏しているダインハイト公国の国家元首。ダインハイトの独立を実現し、国家の礎を築いたダインハイト公国の父。
元は騎士団の師団長として活躍した腕の立つ剣士でもあったが、老衰したいまでは見る影もない。
+...
ダインハイト・フォールにおいてノイルの手により謀殺される。

ノイル・フォン・ダインハイト侯爵

人間/41歳/男性
ヤクーシャに指名され次期公王の座を確約された侯爵級の騎士。
ユークライント密林まで前線を押し広げた戦いの功労者。
ダインハイト公国騎士団の第一分隊長であり、指揮官としての能力はもちろん、個人的な戦闘能力でも秀でている。
軍略・知略・武術・政略どれをとっても優れた人物で、帝国からも警戒されている。

【技能】ファイター9 マギテック7 エンハンサー5 ライダー8 セージ7
【武装】ミスリルアックス プレートアーマー 高性能魔動バイク
【特技】武器習熟アックスA・S 精密射撃 魔力撃 騎乗攻撃特化構成


公国騎士団第二分隊長クリスティン・ヴェルチ

人間/28歳/女性
現公王の長女で優秀な騎士。指導力に優れ部下からの信頼も厚い。
一部で三月事件と呼ばれている先任者の負傷事件のおり、意識を失った隊長に代わって指揮をとった。
結果として隊長の命だけではなく多くの隊員の命も救い、その判断力が買われて隊長に抜擢された。
幼少期から慈雨神フェトルの信徒として教会で教育を受けたこともあり、忍耐強い性格。
困難が人を成長させると考えており、その信念から部下の訓練にも抜かりがない。
それゆえ彼女の指揮する第二分隊は騎士団の中でも最高の実力を持つと言われている。
【技能】ファイター8 プリースト5 ライダー6
【武装】ノーマルランス プレートアーマー ナイトシールド ウォーホース
【特技】高所攻撃+チャージ+魔力撃



フレデリック・ヴェルチ

人間/12歳/男性
現公王の末子。奔放で自分勝手な性格をしており、ヴェルチ家の悩みの種。
しばしば公邸を抜け出して街をぶらついていたが、ヤクーシャが病床についてから一層奔放ぶりに拍車がかかった。
冒険者たちと一緒に要塞の外に出た感動が忘れられず、今日も自室にかけられた鍵の解鍵を試みる。
【技能】なし
【装飾】剣のアクセサリ
【特技】逃げ隠れ



レシトリア帝国

レシトリア皇帝ロンバルト2世

人間/47歳/男性 在位5年目
レシトリア帝国騎士団長にして皇帝。優れた武勇と政治センスを持ち合わせ、〈大破局〉以降最大のカリスマとの呼び声高い。
市民から強く支持されているものの、分権化が進んだ帝国の政治制度が彼の活躍を阻害している。このため帝国統合論を取り立てて表彰した。
実際、各分隊長はもちろんのこと諸侯にも権限の移譲を迫り、再び強固な中央集権体制の実現を目指している。
【技能】ファイター10 ライダー9 エンハンサー7 セージ7 マギテック8 シューター9
【武装】非公開
【特技】

帝国騎士団魔動騎兵隊長 “天才”スカーレット・ヒューリー

ヴァルキリー/22歳/女性
騎士団入隊直後から圧倒的な戦闘センスと状況把握能力で頭角を現し、並み居るエリート騎士たちを差し置いて騎兵隊長に抜擢された。
初の女性皇帝就任も期待されるが、ロンバルトが病死でもしない限り年齢的に機会を得られないと考えられている。
非常に垢抜けた性格をしており、自信に裏打ちされたはっきりとした物言いに定評がある。こうした態度から先輩騎士からは不満も出ている。
しかし実際にスカイバイクの扱いや騎射の精度は群を抜いており、誰も表立って対立する勇気がない。
【技能】ライダー11 シューター10 マギテック9 エンハンサー4 セージ4
【武装】魔動スカイバイク ダブルバレル バレットシャワー×2
【特技】

帝国騎士団重装歩兵隊長ドグラス・ベンハート

ドワーフ/64歳/男性
ドワーフらしくなく、何かを企んでいるようなヒゲおやじ。
振る舞いがいちいちわざとらしく、もったいをつけたような態度をとる。腹の底を読み兼ねるため、部下からも恐れられている。
【技能】ファイター8 エンハンサー6 レンジャー7
【武装】未定
【特技】全力攻撃

帝国騎士団弓砲隊長フロンタ・ラトヴィック

人間/46歳/男性
弓術の名手。現皇帝のロンバルトと年齢も近いことから大変親しくしている。
優れた指揮官ではあるが出世欲がそう強くないため、ロンバルトにとっても信頼出来る相談役である。
高い信頼から、ムートランドに次ぐ食料生産地として開拓されているアイラットの開拓を任された。
しばしば帝都とアイラットを往復する生活を送っている。

【技能】シューター9 マギテック7 エンハンサー7 スカウト5 セージ5


帝国商会長ホンデン・マネリッチ

リルドラケン/72歳/男性

交易促進会議所議長ルナ

ルーンフォーク/不明/女性型
いったい誰の召使なのか実はわかっていないルーンフォークの議長。
まさしくお飾りとして議長職に据えられており、書類に印を押すだけの仕事をしている。
逆に説得が難しいために帝国商会側も対応に苦労しており、誰の指示で行動しているのかを特定するために、密偵が帝都中を駆け回っている。

アイラット候コリンズ

アイラット地域の統治を任されたそう有力でない騎士団員。
開拓計画以降この地域の重要性が急速に高まったために、より地位の高い騎士に地位を奪われそうになっている。
目下の敵は開拓事業団の団長を務める重装歩兵隊長ドグラス・ベンハート。
地味ながら地元住民とともに開拓事業団に対する反対運動を行って、摩擦を高めることで保身を図っている。

ブラックバーン上院議員

人間/47歳/男性
騎士団出身者ではないにもかかわらず上院議員に選出されたことで知られる人物。
知られるといっても政治に興味がなければ知る由もない。
帝国商会の豪商で、会長のマネリッチとも親しい。


北レシトリア国

スレイン公爵

エルフ/男性/116歳
先帝ヴィルフリートから北レシトリア公に任じられたエルフ。
長年凍土地帯グラン・イチにおける蛮族との小競り合いで人族陣営の指揮を担当してきた。
陣頭指揮をとる勇ましい指導者でありながら、思慮深く徳のある人格者として知られている。
エルフ族という寿命の長さも手伝って、北レシトリア公国民の間ではスレインへの個人崇拝も発生しつつある。
当人はこれを望ましいことと思っておらず、ことあるたびに帝国への恭順と皇帝の臣下として国を治めている旨強調している。


歴史上の人物

メリーチカ・ド・フィネア

人間/女性/活躍時期:魔動機文明時代初期
フィネア地方を開拓した伝説上の人物。どうやら実在したらしいことは確か。
魔剣クラウ・ソラスの初めての使用者でもあり、フィネア地方各地にその伝説が語り継がれている。

ロッテル・ヴェルチ

人間/男性/活躍時期:〈大破局〉前後
現在のダインハイト公王ヤクーシャ・ヴェルチの祖先にあたる。
レシトリア民主革命時騎士団に所属して、革命軍側として侯爵打倒に加勢した。
以降〈大破局〉後も騎士団員として活躍。帝都奪還戦にも参加した。

ヴィルフリート・ホーエンシュヴァン

人間/男性/活躍時期:近年まで
レシトリア帝国の先帝。民主派への理解が深く、帝国の分権化事業を引き継いで北レシトリア国の独立を承認した。
妻マールシアには先立たれたものの、死亡するまで帝位を全うし、帝国の現在の繁栄に貢献した。
その遺志は三人の子に受け継がれている。