魔剣伝説


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シナリオ内で発見された資料のアーカイブ。



魔剣クラウ・ソラスの伝説

発見:開始前
概要:静謐の魔剣クラウ・ソラスにまつわる短い詩文。

クラウ・ソラスは世界を駆け巡る。
あるときは大海に揺蕩う波のように。
あるときは草原を撫でる風のように。
あるときは雪原を覆う吹雪のように。
あるときは密林を裂く河川のように。
あるときは山肌に轟く稲光のように。

クラウ・ソラスは世界のどこにでもあって、世界のどこにもない。
それはときの訪れを待っている。

人々が英雄を望むとき、クラウ・ソラスはそこにある。


ピオニエ・デ・フィネア:フィネア開拓記

発見:開始前
概要:フィネア地方を開拓したフィネア候の伝記

執筆中…


ロッテル・ヴェルチとクラウ・ソラス

発見:第1シナリオ
概要:〈大破局〉に際して活躍したロッテル・ヴェルチについて

レシトリア奪還作戦において大隊長にまで出世していたロッテルは、帝都攻撃の際多数の騎兵隊を率いて西部からの突撃を行った。
このときロッテルの部隊は本来陽動を担うはずであり、敵中突破など指示も期待もされていなかった。
しかし平生のお調子者ロッテルとは打って変わって、このとき彼は勇ましくも敵中突破を強行した。
西からレシトリア中央までを突貫したロッテルの部隊は、当然敵中孤立に追い込まれる。
このとき騎士団全体も劣勢に置かれており、ロッテルの救出は不可能と考えられた。
しかし、ロッテルの所在地から詳細不明の光線が東に向けて放たれ、ロッテルの騎兵隊は敵陣を西から東に打通。
敵陣を蹂躙して帰還を果たした。

レシトリア奪還後、放たれた光線の痕跡が残されており、ここに石畳を引いて大通りとした。
ロッテル自身はこの攻撃を「クラウ・ソラスの導き」と説明したため、帝都最大の大通りは「クラウ・ソラス斬開の道」と呼ばれている。
この攻撃に本当にクラウ・ソラスが関わっていたのかについては、現在専門家の間でも意見が分かれている。


ヴェルチ家と魔剣クラウ・ソラスに関する遺跡の碑文

発見:第3シナリオ
概要:クラウ・ソラスは返却されておらず、ヴェルチ家がその鍵を担っている

フィネア侯爵に託された剣をダーレスブルク公王のもとへ返す務めを放棄する。
それは私の見た悪夢のためだ。蛮族はいつか勢力を整え、この地を再び襲う。
その時にこの剣がなければ、メリーチカの開拓したこの土地に移住した我々は、
ことごとく滅ぼされてしまう。その悲劇を避けねばならない。

フェトル様の導きに従って、私は厳重なる封印を施した。
ここに至った勇気ある盗賊よ、あるいは騎士なのかもしれないが、求めるものはここにはない。
それは私が記した封印の詩の通り「世界のどこにでもあって、世界のどこにもない」。
ただ時が来るのを待っている。

すべてが杞憂ならば、それに越したことはあるまい。
だが、私は確信している。
フィネア侯爵の拓いたこの土地を、これからも幾度となくあの魔剣が救ってくれることを。
それを掲げる英雄を、私の子孫が導いてくれることを。

イウクレイト伯 ハウゼン・ヴェルチ