「Smoothing filter Shader」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

Smoothing filter Shader」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 #image(Smoothing_filter_shader.jpg)
 Node Type: Other Shader
 
 *ノード説明と目的:
 『Smoothing Filter Shader』は、上流のシェーダに(メイン入力を介して)、"より滑らか"な出力を誘導し、スムージング・スケールをコントロールをする事が出来ます。これを使用して、さまざまな場所で滑らか効果をマスクしたり、微妙なバリエーションを追加したりする事が出来ます。しかし、このシェーダは特別にプログラムされたシェーダを滑らかにする事しか出来ず、現時点(4.1..18)では非常に小さなシェーダです。すべてのノードに関連付ける事は出来ません。(今後のバージョンで対応するシェーダを拡張する予定です。)
 
 現在、正常に機能するシェーダは、『Power Fractal Shader v3』、『Cloud Fractal Shader v3』、『Fractal Warp Shader』とわずかですが、今後は多くのシェーダに対応する予定です。
 
 **設定
 |&bold(){Smoothing scale}|スムージング・スケール|滑らかにする最小単位を設定します。このスムージングスケールに従って鋭いエッジを滑らかにしますが、この値より小さく鋭いエッジの容貌は、上流のシェーダで作成された状態から滑らかにする事は出来ません。|
-|&bold(){Scale modulator}|スケール・モジュレータ|スムージング・スケールを関数やシェーダを使って調整する事が出来ます。。|
+|&bold(){Scale modulator}|スケール・モジュレータ|スムージング・スケールを関数やシェーダを使って調整する事が出来ます。|