File(ファイル)

【File】(ファイル)

ファイルメニューでは、Terragen 4ファイルの保存、読込みだけでなく、他の属性のファイルのインポートやエクスポートに関連する項目などが含まれています。
  • New(新規):新規プロジェクトを作成します。TGのデフォルト設定からプロジェクトを作成する、または、【Edit】->[preferences..]->"Startup"で、あなた自身のカスタム設定を読み込み作成する事が出来ます。
  • Open(開く):保存されたTGプロジェクトファイル(.tgd、.xml)を開きます。
  • Open Project From Library...(ライブラリからプロジェクトファイルを開く):ライブラリウインドが開きます。ライブラリにはプロジェクトファイルのみが表示されます。
  • Open Recent(最近使用したファイルを開く):クリックすると、最近使用、保存したプロジェクトファイルをポップアップメニューで選択するサブメニューが表示されます。メニューは最大10ファイルを保持します。最下段の"Clear Menu(メニューのクリア)"をクリックすると、全てのメニューを消去します。Terragenがクラッシュした時は安全措置として全てのファイルを消去します。実ファイルが削除されるわけではありません。
  • Save(保存):現在のプロジェクトを保存します。
  • Save As(別名で保存):現在のプロジェクトを別ファイルとして保存します。
  • Save Incremental(増分保存):現在のプロジェクトファイルのスナップショット(バージョン)として保存します。例えばシーンの編集結果が気に入らなかった時、迅速に前バージョンに戻ってやり直す時などに有効です。例えば「sample.tgd」で保存した場合、次からこの項目をクリックする都度「sample_0001.tgd」と連番が1ずつカウントを増やして保存されていきます。常時この機能を有効にしておきたい場合は【Edit】->[preferences..]->"File Saving"の「Always save -project files incrementally(常にプロジェクトファイルを増分保存する)」にチェックを入れて下さい。
  • Revert to Saved(保存時の状態に復帰):最後にプロジェクトファイルを保存した状態、あるいは"Open"時の状態まで全ての設定を復帰させ、これまでプロジェクトに手を加えた全ての変更を破棄します。


  • Export Gathered Project(結集したプロジェクトのエクスポート):プロジェクトの結集(パッケージ化)を可能とするプロジェクトウインドウを開きます。これはプロジェクトに関連付けられたアセット(イメージファイルやオブジェクトファイルなど)を任意のフォルダに一纏めする事が出来ます。(基本的にはアセットとはプロジェクト内で設定したノードが参照する外部ファイル。)アーカイブ化する事で、あなたのプロジェクトを容易にパッケージ化して誰かに送る事を可能にしました。ただし、この機能はライセンスバージョンに限ります。任意のフォルダにプロジェクトファイルと、アセットが全てコピーされます。プロジェクトやアセットのコピーは新しいパスにより更新されていきます。全てのアセットが1つのフォルダにコピーされるため、アセットの収集過程は、ファイル名の変更などの必要に応じたファイルを参照して更新していきます。この詳細は「Gather Project Window」を参照して下さい。


  • Import Object(オブジェクトのインポート):1つ、またはポピュレーション用の3Dオブジェクトファイルをインポートするためのサブメニューを表示します。
  • Import Object From Library…(ライブラリからオブジェクトをインポート):ライブラリウインドが開きます。ライブラリにはオブジェクトファイルのみが表示されます。
  • Import FBX Scene(FBXシーンをインポート):Autodesk社フォーマットのFBXファイル(アニメーションを含むカメラ、照明、マーカー、NULL)をインポートします。FBXファイルのエクスポートについては、FBXリファレンスを参照して下さい。
  • Export FBX Scene(FBXシーンをエクスポート):Autodesk社フォーマットのFBXファイル(アニメーションを含むカメラ、照明、マーカー、NULL)をエクスポートします。FBXファイルのエクスポートについては、FBXリファレンスを参照して下さい。


  • Insert Clip File(クリップファイルの差込み):クリップファイル(保存されたノードファイルのコレクション)を現在編集中のプロジェクトに差込みます。
  • Insert Clip From Library…(ライブラリからクリップファイルを差込み):ライブラリウインドが開きます。ライブラリにはクリップファイルのみが表示されます。
  • Insert Recent Clip File(最近使用したクリップファイルを差込み):クリックすると、最近使用、保存したプクリップファイルをポップアップメニューで選択するサブメニューが表示されます。メニューは最大10ファイルを保持します。最下段の"Clear Menu(メニューのクリア)"をクリックすると、全てのメニューを消去します。Terragenがクラッシュした時は安全措置として全てのファイルを消去します。実ファイルが削除されるわけではありません。
  • Save Nodes as Clip File(ノードをクリップファイルとして保存):クリップファイルとして最後に使用した、または焦点となるネットワークビューで選択されたノードをクリップファイルとして保存します。TGがレンダー出力でファイルを自動で保存したフォルダを開きます。【Edit】->[preferences..]->"Rendering"で、「Automatically save all renders(自動ですべてのレンダー結果を保存)」にチェックを入れる事でTGは自動でレンダー出力を保存します。Windows版ではエクスプローラから、Macintosh版ではファインダーからフォルダを開きます。


  • Explore Automatic Render Output Files(エクスポローラで自動でレンダリングの出力ファイルが格納するフォルダを開く):TGがレンダリングして自動保存するフォルダを開きます。このフォルダはPreferences(環境設定)の"File Saving(ファイル保存)パネル"で設定を変更する事が出来ます。
  • Explore Temporary Files(エクスポローラでテンポラリーファイルを格納するフォルダを開く):TGが使う様々なテンポラリファイルを格納するフォルダを開きます。このフォルダはPreferences(環境設定)の"File Saving(ファイル保存)パネル"で設定を変更する事が出来ます。


  • Exit(終了):終了時、TGは変更された(または新規で作成された)現プロジェクトの保存、キャンセルして作業に戻る、終了処理を尋ねるダイアログを表示します。