Timeline

タイムラインは、アニメーションデータの概要を示します。これを使用する事で、作業フレーム範囲を設定し、アクティブフレームを操作し、アニメーションを再生する事が出来ます。タイムラインには2つの主なパートがあります。一番上にはタイムラインビューがあり、その下にツールエリアがあります。

タイムラインは、アニメーションパネルの右側にある[Timeline(タイムライン)]ボタンを使用して表示/非表示を切り替える事が出来ます。

タイムラインビュー

タイムラインビューには、アクティブフレーム(カーブエディタやドープシートの作業フレームの範囲内で現在選択中の選択されているポジションキー)を表示します。

アクティブフレームのポジションは、編集ビューの全体の高さが描かれた緑色のフレームカーソルで示されます。フレームカーソルはクリックしてドラッグする事で移動が可能となります。フレームカーソルを選択すると、オレンジ色の縞模様が表示されます。

フレームカーソルがビューに表示されている範囲外にある場合、カーソルがどのフレーム上に配置されているかを示す小さな緑色の矢印ボックスが、ビューの左上または右上に描画されます。その小さなボックスをダブルクリックすると、フレームカーソルのビューを中心に持ってくる事が出来ます。

作業フレームの範囲は、ビューエリアの背景濃度を暗くする事で識別する事が出来ます。

カーブエディタやドープシートで選択した項目のキーポジションは、黄色のバーで表示されます。最初のキーには緑色のストライプ、最後のキーには赤色のストライプが描画されます。

タイムラインビューの直下にスクロールバーがあります。スクロールバーは、作業フレームの範囲内のビューのみをスクロールします。スクロールバーの両端には、二重の矢印アイコンを持つ小さなボタンがあります。これらのボタンを使用して、作業フレームの範囲外にスクロールする事が出来ます。スクロールはクリックを続ける事で進めていきます。

ツールエリア

3Dプレビューの切替ボタン このボタンは、アニメーションパネルでの編集に応じて、3Dプレビューの随時更新のオン/オフを切り替えます。デフォルトはオンになっています。シーンが複雑になるにつれて編集が遅くなりそうであればボタンを使って随時更新をオフにして下さい。キーを移動するなどの編集操作が終了する度に3Dプレビューは更新されます。
Frames : Start/End フレーム : 開始/終了