新しくなったTerragen 4

Terragen 4は、より高速で、よりインタラクティブで、より使いやすくなりました。これまで以上により迅速に、直感的にあなたのシーンを探求して創造するためのツールを提供する一方で、私達はフォトリアリズムの向上を目指します。
製作者: Jeff Boser 製作者: Rene Van Megen 製作者: Oshyan Greene


レイ・トレース・プレビュー(RTP)

新しいレイ・トレース・プレビュー(RTP)は、Terragenの使いこなしに革命をもたらせます。オブジェクト、シェーダ、大気、ライティング作業時に、このRTPは瞬時に結果を提供し、これまで以上に迅速かつ容易にシーンの微調整を可能にします。


雲の多重散乱

何年もの社内の研究開発は、写実的なシェーディングで雲をレンダリングするための画期的な成果を引き起こしました。Terragen 4は、雲の内部と表面の相互作用はもちろん、雲の独特な柔らかさを生成するために雲の中に何百回も光の散乱シミュレートする事が出来ます。高積雲などのさまざまな共通の雲タイプを具現化するための新しく簡単に使えるプリセットと共に、新しい雲のシェーディング技術は、容易で非常にリアルな空を生み出す事を可能にします。
製作者:Martin Huisman 製作者:Luc Bianco 製作者:Luc Bianco 製作者:Martin Huisman


オゾン シミュレーション

大気中のオゾンによる光線の吸収シミュレーションを追加した事で、もはやリアルな大気モデルは現実とほとんど見分けがつかなくなりました。
オゾン無効(0.0) オゾン有効(0.6)

軌道ビュー:オゾン無効 軌道ビュー:オゾン有効(最大の推奨設定)


オブジェクトが大量のシーンを倍速レンダリング

レンダリングエンジンの強化によって、オブジェクトを主体としたシーンにおいてTerragen 4は、Terragen 3の2倍、場合によってはそれ以上の速さでレンダリングが可能となりました。


レンズ効果

高品質の追加は、コンテキストアウェアネスのレンズ効果として、ブルーム(光の反射を鈍くさせる効果)やスターバースト(星状に光線を放射)等の写真描写の追加レイヤーをもたらし、さらにすべての効果は、あなたの光源、鏡面反射、画像の明るい領域の特性に現実的に対応します。レンズ効果は、光源と鏡面反射強度、色、オクルージョン、大気散乱を校了した上でハイ・ダイナミック・レンジ(HDR)で作用します。


全てにアニメーション

Terragen 4のすべてのバージョンは、現在アニメーション機能を含んでいます。これは誰もが自分たちのシーンをアニメーションさせる能力だけに利用するのではなく、モーション・ブラーや静止画像にも非常に有用なアニメーション指向のツールです。


新しいシェーダと改良

最後に、私達はいくつかの全く新しいシェーダの追加と、"Fake Stones(偽造石)"、"Fractal Warp(フラクタル・ワーピング)"、オブジェクト・シーケンス機能の向上を含め、既存のものに多くの機能拡張を行いました。
石の高さと大きさを持つプロシージャルのバリエーション


機能紹介において、Terragenについてより多くを探り当てる、または今日、
あなた自身でしようする試みるために無料版をダウンロードして下さい。

Terragen 4を無料でダウンロード

無料版は以下の基本的な使用制限があります:
  • 最大レンダーサイズ: 1280×900
  • 最大ディテール: 0.6
  • 最大アンチエイリアシング: 6
  • レンダーポピュレーションの最大数: 3
  • マイクロポリゴンのエクスポート用の最大レンダーディテール: 0.1
  • アニメーション機能無し
Terragen 4の無料版とライセンス版の違いを一覧にした Terragen 4 製品比較 をご確認下さい。