Fuzzy Zones



「ファジーゾーン」は、特定ノードに付随するパラメータです。一例として、『Surface Layer』ノードと『Distribution Shader』は高度と斜面の制限にファジーゾーンを使用します。ファジーゾーンは、基本的に、完全に覆われたエリアから覆われていないエリアの境界をスムーズにぼかして混合する方法です。

一例として、『Surface Layer』ノードにおいて、1000の最大高度制限を設定するとします。サーフェスレイヤーは1000mを超えた高度では出現せず、1000m以下で出現します。1000m付近のレイヤーは非常に透明で、高度が低くなるほど不透明になります。

ファジィゾーンのパラメータは完全に単純ではありません。これは、混合に使用するカーブをコントロールするために使用されます。高度の制限がある大まかな基準として、サーフェスレイヤーはファジーゾーン設定の約5倍の不透明です。例えば、デフォルトのファジーゾーンは200で、200の5倍は1000です。これにより、最大高度制限よりも1000m低い高度では完全に不透明になります。この場合、高度は0になります。

それは広域に見えるかもしれませんが、混合に使用される曲線は特有の形をしています。下のグラフをご覧下さい。このグラフは、ファジーゾーンの混合に使用されるカーブを示しています。下のX軸は距離をメートルで示しています。縦に走るY軸は、混合の透明度/不透明度を示します。下部の0は完全に透明である事を意味し、1は上部では完全に不透明である事を意味します。


赤い曲線はファジーゾーンの値が設定されています。見てわかるように、曲線はかなり急角度に始まります。これは、不透明度が増加している事を意味します。約460mで、レイヤーは0.9(90%)の不透明度に達しています。その段階後、不透明度は、ゆっくりと約1000mまで増加し、0.99(99%)を少し上回っています。厳密には、レイヤーは100%の不透明度に達する事はありませんが実用上の目的には十分です。

専門用語で言えば、ファジーゾーンパラメータは、不透明度が0.63の曲線上の点と一致します。それを考察する簡単な方法は、ファジーゾーンのパラメータが、レイヤーがどれだけ迅速に不透明になるかをコントロールする事です。値が小さいほど、より迅速に起こります。グラフ上の青い曲線は、ファジーゾーンの値50値が設定されています。見てわかるように、曲線は最初から極めて急勾配で、より迅速に平坦化になります。「5倍」の経験則を使用すると、50の5倍は250なので、レイヤーは約250mで完全に不透明になるとであると断言できます。

混合せずに1000mまでのサーフェスレイヤーを望む場合は、ファジーゾーンのパラメータを0に設定する事で可能となります。

ファジーゾーンと斜面制限についての詳細情報もこれに準じており、ファジーゾーンの挙動は高度制限と本質的に同様です。