Visualise Tex Coords

Node Type: Colour Shader

ノード説明と目的:

『Visualise Tex Coords』は、3DベクトルのRGB描写(サーフェス法線またはテクスチャ座標)を与えるシェーダです。RGB色の構成要素に対してベクトルのXYZ座標がそれぞれ、R=X、G=Y、B=Zとなります。RGB成分が0から1(8ビットの場合0-255の整数)に対してベクトルXYZは小数点を含む-1から+1までなので、このままでは負の値を扱えないRGBに対応出来ません。そこで、RGB成分の0-127を負の数値、128を0、129-255を正の数として、サーフェス法線値の-1を0、0を128、+1を255として補完し、RGBの可視範囲0から1に再マッピングされます。

インポートされたジオメトリからのUV座標は通常X(U)とY(V)のみを占めるため、青(B)は通常0です。通常は0-1の範囲です。しかし、地形または他のプロシージャルオブジェクトに適用される場合、テクスチャ座標はXYZです。プロシージャルオブジェクトに関しては0-1の範囲に限定されないため、テクスチャ座標のための"Repeat(反復)"オプションがあります。このオプションを使用すると、0から1の範囲で値が反復されます。

テクスチャ座標を視覚化する事は、とりわけ、インポートされたオブジェクトUVが正しいかどうかをテストするのに適しています。

Diffuse 拡散色 拡散色を使って法線マップの変換を行います。
Luminous 発光 発光色を使って法線マップの変換を行います。
Repeat 反復 チェック時、RGB値0から1の範囲で値が反復されます。