Constant Shader

Node Type:Surface Shader

ノード説明と目的:

『Constant Shader』ノードは、デフォルトの『Background(Sphere)』オブジェクトのサーフェースシェーダで割り当てられたシェーダです。レンダー時に色とアルファーチャンネル色を提供します。オブジェクトなどをマスク処理する時など、このシェーダーを割り当てる事で、出力用の特定の色とアルファを提供して簡単にマスキング画像を出力します。また、RGB画像とは別にアルファーチャンネル画像は、『Render』ノードの「」Sequence/Output」タブの、"Extra output images"をチェックする事で、デフォルトで「temp.tgAlpha.0001.tif」と言ったファイル名で保存されます。

設定

Colour カラーアイコンをクリックする事でカラーパレットを呼び出し、任意の色を設定する事が出来ます。
Alpha アルファ カラーアイコンをクリックする事でカラーパレットを呼び出し、任意のアルファ色を設定する事が出来ます。
このサンプル画像では、手前の小さな樹木のオブジェクトのサーフェスシェーダに『Constant Shader』を設定しました。
左画像はレンダリング結果で、オブジェクトは設定した水色一色で塗り潰され、右画像は背景色の透明度を活かした上で樹木のオブジェクトを黒色一色でマスキングしています。