Terragen 4ベンチマーク

Terragen 4ベンチマークを使ってあなたのコンピュータの能力測定を行い、他のマシン環境と比較します。

注意: このベンチマークはTerragen 4.3以降の使用のみを目的としています。4.3より前のバージョンのTerragenやTerragen 2、3を使用して結果を送信しないで下さい。あなたがTerragen 3を使用している場合、そのバージョンに合わせた古いベンチマークを使って他のマシン環境と比較する事も出来ます。

まず、この ベンチマークファイル (14MBのZipファイル)をダウンロードして下さい。ダウンロードファイルは"Terragen-4-Benchmark-1.0.zip"と言う名前で保存されます。圧縮ファイルを任意のフォルダに解凍して下さい。

ベンチマークを実行するには、インストールしたTerragen 4.3以降(無料またはライセンス版)で任意のフォルダに解凍した"terragen-4-benchmark_v1.0.tgd"ファイルを開き、レンダリングを実行します。レンダリング設定やその他のシーンの詳細の一切を変更しないで下さい。ベンチマークの精度は、全員がまったく同じ方法で実行するテストに依存します。レンダリングが完了したら、「Render View」ウィンドウの上部に報告されているレンダリング時間を記録します。レンダリング結果の画像は以下の様になります:

結果を報告して他の人と比較するには、この" レンダリング時間とシステムの詳細を送信 "フォームで所定の書式で送信して下さい。

ここ をクリックするか、下の画像リンクをクリックすると、ソート可能なスプレッドシートに提出済みの結果の全リストを閲覧する事が出来ます。

Terragen 4ベンチマーク結果


ベンチマークの"レンダリング時間とシステムの詳細を送信"フォームの内容について

Terragen 4ベンチマーク結果の提出

これは特に、Terragen 4.3以降の新しいベンチマークです。お使いのコンピュータのパフォーマンスが他のTerragenユーザコミュニティとどれだけ匹敵するかを調べるためのものです。Terragen 4のベンチマークプログラムをダウンロードし、Zipファイルを解凍し、Terragen 4.3以降で読込み、シーンのレンダリング(レンダリング前に一切の設定を変更しないで下さい)結果を以下の項目ごとに報告します。

最新のTerragen 4ベンチマークの最新版は、こちらからダウンロードできます。
http://planetside.co.uk/files/Terragen-4-Benchmark-1.0.zip
(右クリックまたはOptionを押しながらクリックして"名前を付けてリンク先を保存"を選択します)

基本情報

あなたの名前、またはニックネーム
これはあなたの結果の単なる識別子です。これが公表される事に注意して下さい。ベンチマーク結果を特定のユーザーと一貫して関連付ける事が出来るように、複数の結果を送信する時は常に同じ名前を使用して下さい。

Eメールアドレス
あなたの結果提出に問題がある場合、我々があなたに連絡する事が出来るように、我々はあなたのEメールアドレスを控えさせて頂きます。これはあなたをメーリングリストに追加するものではなく、我々があなたのアドレスへのアクセスを他の誰かに譲渡する事は決してありません。Eメールアドレスは結果リストに表示されません。

Terragenバージョン (ビルド番号)
ベンチマーク結果を記録するために使用したTerragenのビルド番号またはバージョンを提示して下さい。例えば"4.3.23"です。「frontier(開発途上)」バージョンの場合は、最後に"f"を追加する事が出来ます(例:"4.4.18.f")。 このベンチマークはTerragen 4.3以降用です。バージョン情報は、【Help】またはアプリケーションメニューの"About Terragen"にあるバージョン情報の画面に表示されます。バージョン4.3より以前のより前のTerragen 4、またはTerragen 2やTerragen 3からの結果を送信しないで下さい。また、最新の無料バージョンを使用してベンチマークを実行する事も出来ます。

総レンダリング時間
レンダリング完了後、Terragen 4のレンダリングウィンドウに表示される正確な時間(時分秒)を報告して下さい。

コンピュータスペック

あなたの結果報告を他の人と正しく比較するために、あなたのコンピュータの仕様について少し知る必要があります。下記の基本情報を記入して下さい。お使いのハードウェアに対応するオプションが表示されない場合は、support@planetside.co.ukまでEメールでお問い合わせ下さい。

オペレーティング・システム
どのオペレーティングシステムを実行していますか? 下記の特定のバージョン番号を選択して下さい。お使いのオペレーティングシステムがリストに表示されていない場合は、"Other"を選択して、"Notes"項目に選択肢以外のオペレーティングシステムを入力して下さい。

物理プロセッサ数
ほとんどのシステムには1つしかありませんが、ハイエンドのワークステーションを持っている場合、2つ、4つの場合があります。2つ以上あるかを確認して下さい。これは別々のプロセッサ(CPU)を指す事に注意して下さい。"core(コア)"や"thread(スレッド)"と同意義ではありません。CPUあたりのコア数は(オプションで)、下記に報告項目として挙げられています。

プロセッサあたりの物理コア数
最近のほとんどのコンピュータプロセッサは、1つ以上の"core(コア)"を持っています。これは、ほとんど付加的なプロセッサのようですが、それでもメインCPUの一部です。これは、あなたのCPUが同時に処理できる"thread(スレッド)"の数と同意義ではありません。ここでは物理コア数を参照しています(例えば、ハイパースレッディングを備えたIntel/AMDのCPUは、物理コアの2倍のスレッドを持つ事が出来ます)。一般的なコア数は2、4、6、8、12、16、24、32ですが、最新のCPUには56以上のものがあります。ほとんどのCPUは偶数のコアを搭載していますが、AMD CPUの中には3つ搭載されているものがあります。覚えておいて下さい、これはシステムあたりのコア数ではなく"1プロセッサあたり"のコア数です。例えばあなたのシステムに4コアを持つCPUが2つ搭載されている場合、あなたはここで答えとして4を選択します。この設問に対する回答が判らない場合は空白のままにして下さい。以下のCPUモデル番号から同じ情報が利用可能です。

プロセッサーブランド
IntelかAMDの二者択一しかありません...

プロセッサモデル名/シリーズ
CPUが属するモデル名またはシリーズ名を選択します。たとえば、Core i7(Intel)またはRyzen 7(AMD)です。参考までに、IntelのCPU情報は https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/products/processors.html に、AMDの場合は[https://www.amd.com/ja/products/processors-desktop>https://www.amd.com/ja/products/processors-desktop]]にあります。お使いのCPUの"世代"を指定することについて心配しないでください。以下のモデル番号がそれを処理します。

プロセッサモデル番号
可能であれば、特定のプロセッサ(CPU)のモデル番号を確認して下さい。Intel CPUの場合は通常"i7-7700K"や"E5620"のようなものになり、AMD CPUの場合は"2700x"や"2990W"のようなものになります。Windowsでは、お使いのコンピュータのプロパティを表示してこの情報を見つける事が出来ます。 Macでは、アップルメニューの[このMacについて]を使用します。このフィールドにはモデル名(例: "Core"や "Ryzen")を入れないで下さい。前のフィールドに入れて下さい。モデル番号は、上記のモデル名の一部(i7-xxxxなど)を含む場合があるので、たとえそれが重複しているように思われる場合でも、この情報を含めて下さい。

CPUオーバークロック?
あなたのCPUはオーバークロックされていますか?

CPU速度-(Ghz)単位
ベンチマークのレンダリング中に使用された実際のCPU速度を示します(オーバークロックを含む)。 ギガヘルツで速度を示してください。例えば"3.4"。このフィールドに"Ghz"等の単位文字は入力しないで下さい。最近のCPUの標準となる"boost speeds"はオーバークロックとは見なされない事に注意して下さい。

RAMの容量-(GB)単位
コンピュータに搭載されているシステムメモリの量。ギガバイト(1ギガバイトあたり1024MB)で示されます。数値のみを入力し(1GBの場合は1、16GBの場合は16など)、"GB"のみ等の単位文字は入力しないで下さい。

RAMの種類
コンピュータのRAMの種類。わからない場合は、"Unknown"を選択して下さい。

ノート
あなたの設定に関するメモをここに書いて下さい。あなたがハードウェアオプションのいずれかで"Other"を選ばなければならなかった項目についての詳細を提供して下さい。