Transform Merge Shader

Node Type: Transform/Warp Shader

ノード説明と目的:

『Transform Merge Shader』を使用すると、他のシェーダのテクスチャ座標を変更してその出力を変換してからメイン入力(メイン入力側は変換されません)と結合する事が出来ます。変換は、平行移動(移動)、回転、拡大縮小(サイズ変更)、が出来ます。'Shader'入力端子に接続されているシェーダとこの接続の上流にあるすべてのシェーダは、それらのシェーダがテクスチャ座標を使用するようにプログラムされている限り、『Transform Merge Shader』の影響を受けます。ほとんどのシェーダはテクスチャ座標を使用しますが、以下にいくつかの例外があります。 『Transform Input Shader』は、上流のシェーダから数値を求める前にテクスチャ座標を変更する事によって機能します。上流のシェーダは修正されたテクスチャ座標を引き受けるため、それらが生成する形状やテクスチャはスペースに変換されます。

『Transform Input Shader』と『Transform Merge Shader』の違いは次の通り:
  • 『Transform Input Shader』は、"Main input"入力端子に接続する直上のシェーダと、さらに上流にあるシェーダを変換します。
  • 『Transform Merge Shader』は、"Shader"入力端子に接続する直上のシェーダと、その入力のさらに上流にあるシェーダ(「サイドブランチ=側枝」)を変換します。サイドブランチと"Main input"をマージしますが、"Shader"から上流のサイドブランチだけが変換されます。

例外設定についてはTransform Input Shaderと同じです。