Merge Shader

Node Type: Other Shader

ノード説明と目的:

『Merge Shader』では、マスクとして機能する3番目のシェーダの入力に基づいて、2つの別々のシェーダ(またはシェーダネットワーク全体)をマージする事が出来ます。各入力シェーダの寄与量とマージに使用する方法をコントロールする事が出来ます。

設定

Shader A シェーダ A マージするシェーダ、またはその上流のすべてのシェーダを含みます。

Mix controlタブ

Mix to A Aの混合比 "Shader A"の混合率をコントロールします。0の場合、シェーダ Aはマージされません。0.5の場合、インプットシェーダとシェーダ Aの割合が半分づつになります。1の場合、インプットシェーダはマージされません。
Mix controller 混合のコントロール 主にマージの範囲などに使うマスクを設定します。例えば『Simple shape shader』や『Painted shader』など。
現行では、このフィールドに設定されたノードを無効("Enable"のチェックを外す)にしても誤動作を与えるため、コントロールしない場合はノードネットワークを切断("Mix controller"のフィールドを空白にする)して下さい。
現在このコントロールに関する作動は調査中。
Choose by altitude 高度の選択 マージするインプットシェーダとシェーダ Aの基となる高度を下記から選択します:
-All: 全高度を基にマージを行います。例えば100mの高度と200mの高度の山を、"Mix to A"が0.5でマージした場合、50mと100mの高度の山となります。
-Highest (raise): 最高高度を基にマージを行います。例えば100mの高度と200mの高度の山を、"Mix to A"が0.5でマージした場合、100mの高度と200mの高度の山となります。
-Lowest (cut away): 最低高度を基にマージを行います。海抜-50mと海抜0mの地形を、"Mix to A"が0.5でマージした場合、海抜-25mになります。
Texture space テクスチャスペース このパラメータは2Dを扱うため、オーバーハングなど底辺の形状はそのままに、上部だけが突起したような形状などには対応出来ません。適用するテクスチャスペースを下記から選択します:
-Current texture space (most uses): 現在のテクスチャスペースに適用します。主な使用でこれを選択します。
-Undisplaced space (for alignment): ディスプレースメントで形状が変わる前の非配置スペースに適用します。位置を合わせる場合に最適です。
-Legacy: 不明パラメータ


Merge mode

マージを適用する方法をコントロールします。ここではマージモードの効果を以下のサンプルで行います。「Difference」以降についてのディスプレースメントのマージモードは「Mix」で行っております。"Mix to A"は0.5。
Merge colour カラーをマージ チェック時、カラーのマージを有効にします。
Colour merge mode カラーのマージモード マージの方法を以下から選択します。
-Mix (Normal): 混合(通常)はインプットシェーダとシェーダ Aを"Mix to A"で設定した寄与率でマージします。互いにディスプレースメント(標高)とカラー濃度が通常の半分になります。

-Add: インプットシェーダに対して寄与率0.5のシェーダAを加算するので、シェーダ Aのみディスプレースメントとカラーが通常の半分になります。

-Subtract (Input - A): インプットシェーダをシェーダ Aで減算します。

-Subtract (A - Input): シェーダ Aをインプットシェーダで減算します。

-Difference: インプットシェーダに対するシェーダ Aの差をコントロールします。

-Multiply (Input * A's diffuse colour): インプットシェーダに対しててシェーダ Aの拡散色を乗算します。

-Multiply (A * input's diffuse colour): シェーダ Aに対してインプットシェーダの拡散色を乗算します。

-Screen by A's fiffuse colour: シェーダ Aの拡散色を投影します。「Multiply」が色のCMYKに対し、「Screen」は光のRGBの効果を与えます。

-Screen by Input's fiffuse colour: インプットシェーダの拡散色を投影します。
Merge displacement ディスプレースメントをマージ チェック時、ディスプレースメントのマージを有効にします。
Displacement merge mode ディスプレースメントのマージモード マージの方法を選択します。("Colour merge mode"と同様)