シェーダ

Terragen 4は、複雑なテクスチャやサーフェスの巧みな操作を可能にするために、洗練されたシェーダシステムを使用しています。多くのビルトイン・シェーダは、注目せずにはいられぬほどのリアルなサーフェスを作るのに役立ちます。あるいは、カラーテクスチャやディスプレースメント・シェーダ、マスキング機能、オブジェクト分布などのコントロールが可能なする事が出来る、カスタム関数ネットワークに没頭する事が出来ます。定義済みシェーダは、非常にリアルな水面効果を可能にする鏡面反射、反射率、透明度を含む多種多様な効果を扱います。シェーダは、地形にディティールと現実味を加えるサーフェスのディスプレースメントに影響を与える事も出来ます。


シェーダは他のシェーダにマスクを被せる事にも使う事が出来、自然界の多様性を再現する無数の異なる方法で、複数のシェーダをブレンドする事が出来ます。Terragen 4の強みはプロシージャル機能にある一方で、あなたのシーンの任意の場所に適用する外部イメージマップを読み込み、あなたのプロシージャル・テクスチャとシームレスにブレンドする事も出来ます。シェーダはまた、オブジェクトに適用する事も出来るので、インポートされたオブジェクトにディティールと現実味を加えるために、Terragen 4のプロシージャル機能の能力を活用する事が出来ます。


基本的なシェーダ・コントロールは、効率化された階層的ノードリストを通して簡単に処理する事が出来ますが、システムの真の力はノード・ネットワークにあり、あなたは形式に捉われないシェーダのネットワーク構築を通じて、まったくのユニークな効果を作成する事が出来ます。基本的なシェーダは、地形の必要性に応じた身近で使いやすいテクスチャ・コントロールを提供します。複雑な効果を作成するために、より多くのコントロールが必要な場合は、正確無比で構築されるブロック・ノードの一式が、独自のシェーダを構築するために備えられています。


もちろん、Terragen 4は単なるリアリズムに制限される訳ではありません。あなたは標準のシェーダを独創的な使用法で、ユニークで奇抜な効果を生み出し、さらにファンクション・ノードを活用する事で、私達日常の現実の境界を越えた世界を創り出す事が出来ます。Terragen 4はシーン作成において、まさに無限の可能性を備えています。