ワークフロー

Terragen 4は革命的な改良によって、レイ・トレースされたリアルタイム・プレビューを組み込みました。レイ・トレース・プレビュー(RTP)モードでは、照明、ボリューメトリック・シャドウ(別名「ゴッド・レイ」)の雲を含めた大気のTerragenシェーダをサポートします。下の動画は、新しいプレビューのいくつかを特集し、各カットシーンはリアルタイム動作を紹介しています。より高速な応答のための"対象領域"プレビューを行うには、【レンダラー】の[Crop(切り取り)]タブを使ってプレビューする事が出来ます。これらすべては、あなたが新しいRTP方式で何が出来るのかを垣間見る事になるでしょう。



コンテンツライブラリは、簡単に整理と、シーンファイルやオブジェクト、テクスチャに素早くアクセス出来るようになります。後で検索可能な説明タグの追加、クイック・リファレンス用のお気に入りの選択、プレビュー画像やその他多くのカスタマイズが可能です。コンテンツは、1度に1つのアイテムを追加する事や、迅速にライブラリを構築するためにフォルダ全体を走査する事が出来ます。以下の動画で、それらの動作を確認して下さい。


Terragen 4の全てのバージョンは、サーフェス・シェーダ、地形、雲など多くを含むプリセットコンテンツがバンドルしているので、あなたが迅速かつ容易にシーンの構築を始めるのに役立ちます。さらにSilva3D.comの好意により、20を超える高品質の植物モデルが含まれています。