Heightfield Erode v3

Node Type: Heightfield Operator

ノード説明と目的:

『Heightfield Erode』はてんこう雨風と水流の自然効果をシミュレーションします。これはハイトフィールド上にリアルな風化効果を作り出し、強化されたリアリズムが必要な場合に役立ちます。成果は、ハイトフィールドを編集する専用アプリケーションで、他の多くの侵食フィルタと類似しています。効果をカスタマイズするコントロールが用意されています。

設定:

Result mode 成果モード Eroded Heightfield:侵食されたハイトフィールド
Difference(Erosion Field):差異(浸食フィールド)
Flow distance 流動距離
Duration 経過期間
Erosion power 浸食力
Deposition 沈殿
Deposition rate 沈着率
Diffusion 拡散
Diffusion adapts slope 拡散を斜面に適応
侵食の沈殿物は、斜面の高度において空間の増減率と比例します。その演算式を適用します。
図は、左から侵食無し、侵食(斜面適用無し)、侵食(斜面適用あり)
Slip at angle 滑り角
侵食の滑走角度を設定します。傾斜が強い程沈殿物が流れ溝が深くなります。
Auto calculate 自動で算出 パラメータを変更する度、侵食計算して結果を出します。一度に複数のパラメータを変更する場合は、チェックを外しておく事をお勧めします。
Erode Now 侵食開始 このボタンをクリックする事で侵食計算して結果を出します。「Auto calculate」にチェックが入っていない場合、このボタンをクリックするまでは変更したパラメータは反映されません。