Heightfield Merge

Node Type: Heightfield Operator

ノード説明と目的:

『Heightfield Merge』では、ハイトフィールドの混合量と使用する混合方法のタイプをコントロールする簡単な設定に基づいて、2つのハイトフィールドを合併する事が出来ます。実際にはハイトマップ画像にフォトショップのレイヤーオプションのような加工を行い、このノードで作成されたハイトマップ画像を描写します。

設定:

Heightfield A 混合するハイトフィールド

対象のハイトフィールドに混合するハイトフィールドを設定します。今回のサンプルは、右のハイトフィールドに、左のハイトフィールドを混合させます。
Mix amount 混合量 混合率を設定します。
Merge mode 混合方法

Mix-フォトショップのレイヤーオプション「通常」の効果。

Add-フォトショップのレイヤーオプション「覆い焼き(加算)」の効果。

Subtract-TGの除算の場合、画像の黒部分は高度0メートルなため、0メートル以下の場合、そこからさらに除算処理によって地中まで削り取られます。

Difference-フォトショップのレイヤーオプション「差の絶対値」の効果。

Highest-フォトショップのレイヤーオプション「比較(明)」の効果。

Lowest-フォトショップのレイヤーオプション「比較(暗)」の効果。

Multiply-フォトショップのレイヤーオプション「乗算」の効果。

Screen-フォトショップのレイヤーオプション「スクリーン」の効果。