Landmark

Node Type: Object

ノード説明と目的:

『Landmark』ノードは、オブジェクトノードの中でも特殊なタイプです。『Landmark』ノードは、シーンの関連付ける位置にマーキングするるのに役立ちます。これは大きさと距離の判断にも役立ちます。これは3Dプレビュー上で視認するためのもので、レンダリングには一切影響しません。

ランドマークを配置する最も簡単な方法は、3Dプレビュー内でコンテキストをクリックし、ランドマークを配置する場所を3Dプレビュー内でコンテキストをクリックし、"Copy Coordinates(座標をコピー)"を選択します。次に『Landmark』ノードの「Copy/Paste」ボタンを使って"Position"パラメータにペーストします。

ランドマーク位置にカメラを素早く移動する場合、3Dプレビュー内の"Snap to object or shader(オブジェクト/シェーダにスナップ)"メニューからカメラを選ぶ事で行えます。3Dプレビュー内でコンテキストをクリック、または3Dプレビュー下の、「Reset view camera position」ボタンでこのメニューが表示されます。

設定

Style設定

Type タイプ ポップアップメニューからランドマークの形を選択する事が出来ます。
・Flag: フラッグ(旗)
・Arrow: 矢印
・Cube: 立方体
・Sphere: 球体
・Donut: ドーナツ
・Diamond: ダイヤモンド
・Pyramid: ピラミッド
・Teapot: ティーポット
Colour ランドマーク・オブジェクトの色をこのパラメータを使用して設定します。
Display mode 表示モード ポップアップメニューからランドマーク・オブジェクトの表示方法を選択します。
・Wireframe: ワイヤーフレーム
・Solid: 固体
ランドマーク・オブジェクトの表示モードは、3Dプレビューオブジェクト表示モードの影響を受けません。

Location設定

Position 位置 ランドマークの座標を設定します。
Rotation 回転 ランドマークの向きを設定します。
Scale 大きさ ランドマークの大きさを設定します。