三大企業 > クリストファー・ダイナミクス・グループ > ヤロヴィト

ヤロヴィト
所属グループ クリストファー・ダイナミクス・グループ
本社機能施設 旧エカテリンブルグ
主要事業 農業産品生産
軍事機能 施設,領境警備部隊、旧SSCN領の治安維持部隊
外交 ■友好/
・コラ・ヴォイエンニー・アルセナル
・エクステック・フェデレーション
・MADIS
■敵対/
・アレクトリス・SSCN


企業概要/歴史

旧ロシア中部、エカテリンブルグに本拠を置く農業生産企業。
徹底した集中管理農法と大量のエネルギー、水を消費することで、単位面積当たりでの最大収穫量を目指している。
旧ロシア時代の地上8階建ての広大な工場農地を複数保有しており、100万人規模の食糧供給を行っている。
しかし、グループの人口が多すぎるため、食糧難を僅かに解消するにとどまっている。
かつては1500万人分の食料を生産する巨大企業だったが、テロによって統括管理局が破壊されその生産力の大半を失った。
膨大なエネルギー供給と輸送ルートをコラ・ヴォイエンニー・アルセナルに依存しており、グループ内で最大の販売比率として厚遇している。
アレクトリス介入以降、真っ先にコラ・ヴォイエンニー・アルセナル航空軍と地上部隊を受け入れた。
農業基盤崩壊前はグループ有数の金満企業だったが、設備の壊滅により多くの負担がのしかかり、現在も資金のやりくりに苦戦している。

社史

国家消失後、かろうじて破壊を免れた農業工場を中心に発生した。
致命的なまでに農業に向かないこの地で、周囲に食糧を供給することで発展してきた企業。
CDの拡大政策に飲み込まれ、特に立ち位置を変えることなく活動してきた。
以降順調に拡大を続け、CDにおいて地位の低い農業系企業でありながら、決して無視するわけにはいかない企業にまで成長していた。

西部方面での同時多発的な内乱時にCD全体が混乱していたスキを突かれ、農業工場の統括を行っていた統括管理局を爆破され喪失。
空調や栄養管理機能を喪失し、すべての作物が枯死した。
管理局は旧時代の遺物であったために復旧のめどが立たず、どうにかでっち上げた農業ビルで事業を再開することになる。
この時の遺物はいまだに残っており、多くの市民の復讐心の証となっている。

この後、本企業を含めた中央ロシアの主要な農業企業が集中的にテロで破壊ないしは機能を喪失し、CDをじわじわと食料不足が締め上げていくことになる。
グループ全体に食糧問題の影が手を伸ばしてくると、全企業の全戦力をもって速やかにEAAを殲滅し、農地を確保すべしとの決戦論を展開するMADISに同調するが、これは受け入れられなかった。

MADISに対する食糧、兵員援助などを行っていたが、バルハシ湖周辺の農業生産能力がアレクトリス介入時に一度壊滅したために打ち切らざるを得なくなる。同時に輸出食糧の一部を使用した旧SSCN領民に対する食料供給事業も打ち切られた。MIDA向けは少量ながら再始動しているが、それ以降は再開されていない

現在は急速に悪化した食糧事情を背景に旧SSCN領民の反乱が多発しており、周辺の傭兵組織から戦力を調達して現地の治安維持を依頼している。その弾圧は非常に強烈なもので、多くの旧SSCN領民が決死の覚悟でカザフスタンの荒野に向かっている。

第二の農業ビル建造と地下水供給のめどが立ったため、現在工事中。完成すればさらに100万の胃袋を満たすことが可能になる。

軍事

周辺の中小企業に対し、食料と引き換えに歩兵戦力を供出させている。
基本装備はMADISとExt-Fedから購入しており、装備はこの地域としては充実している。コラ社とMADISに訓練事業を委託しており、機甲戦力と航空戦力の連携はかなりのもの。
選抜された中隊規模の強化マゲイア部隊に専属の直接航空支援部隊を付属させた機動部隊、MTFs-μ-6"秘鋼の宣託者"が有名。
軍事企業でない割には戦力を有しているものの、SSCNや技仙の戦力と比較すると見劣りは否めない。



原案/LINSTANT0000