テウルギア一覧 > イナンナ(027型人機)

027人機(イナンナ)

機体サイズ 13.7m
武装 ・砲各種
・近接兵装各種
・誘導兵器各種
・その他兵装各種

機体概要

 専属やフリーランスのテウルゴスから齎されたデータを元に、設計を一新した新標準型テウルギア。
 シーター発売からの戦訓がフィードバックされており、高出力の新型リアクターを搭載して出力を向上させ、機動性は据え置きのまま装甲やセンサー類を強化して生残性を高めた機体。武装も光学兵器を始めとしてラインナップの充実が図られている。
 外縁部や先端部にブレードの機能を持たせた新型装甲を採用することにより、手足や肩のシルエットが鋭くなったのが特徴。又、関節可動域が広げられており、新型装甲と併せて格闘戦・長期戦への適性が増した。
 また電子装備もアップデートされており、戦場での総合力も高まっている。
 設計がより洗練された事により部品点数も削減され、各パーツも強化された事により、より高いタフネスと整備性を獲得した。
 リアクターやソフトウェア、フレームなどの一部を除き、接続部などはシーターと同規格で建造されており、シーターの兵装も使用可能。シーターよりも高価格になったが、生産ペース次第では値下げも見込めるとの事である。
 シーター以上の整備性や耐久性にシーター以上の性能を併せ持ち、こちらも戦場で好評を博している。しかしながら前身であるシーターがあまりにも優秀な為、輸出売上は前ほどの盛況にはなっていないようである。
また、多くの部品がシーターと共通規格で作られているため、こちらも多くのチューナーたちのおもちゃとなっている。一部ではシーター=イナンナ間の互換パーツも作られており、両者の『いいとこどり』的な機体も存在しているようだ。
名前の由来はメソポタミア神話の女神から。

派生型

  • X027(原型機。実機段階で出る初期不良を洗い出す機体の為、実戦には投入されていない。)
    • X027A(設計を見直した改良型。性能が改善され生産型の基本となった。)
    • X027S(設計を見直し、指揮官型に必要とされるであろう要素を追加した試作型指揮官機。)
  • 027(X027Aを基にした前量産型。)
    • 027A(027の陸軍仕様の改修型。足部接地面や関節部の装甲形状に違いがある。AはArmyから。)
      • 027AM(027AのM型仕様へのアップデート型。)
    • 027S(027Aの指揮官仕様。データリンクなどの通信機能が特に強化されている。シーターと同様にC型との混同を避けるためSupremeから取った。)
      • 027SM(027SのM型仕様へのアップデート型。)
    • 027C(フリーランスへ向けた輸出型仕様。電子装備やセンサーユニットの多規格対応化改修などがされている。CはCommerceから。)
      • 027CM(027SのM型仕様へのアップデート型。)
    • 027MR(027の海兵隊仕様の改修型。部品単位での防錆加工が施されており、各種センサーユニットやブースター類に違いがある。MはMaRinesから。)
      • 027MR-AFW(エンヘドゥアンナの僚機たちに付けられた固有コード。)
      • 027MRM(027MRのM型仕様へのアップデート型。)
    • 027MRS(027MRの指揮官仕様。艦載機との共同作戦を行うことが多いので、データリンクなどの通信機能が特に強化されている他、海軍・海兵隊のシステムに接続できる。)
      • 027MRS-AFW(エンヘドゥアンナに付けられた固有コード。徹底的な改造が施された機体である。)
      • 027MRSM(027MRSのM型仕様へのアップデート型。)
    • 027M(フレームから改良を加え、大幅な改修を加えた現代化型機体。駆動系・アビオニクス刷新を始め、各種ソフトウェアも新バージョンになっている。スーパーイナンナとも呼ばれる。)
      • 027MM(技仙AFWが発表した、027Mをさらに発展させた現代化型。アンガルタ・キガルシェを基にした完全新造機であり、これまでの技仙公司製テウルギアと一線を画する性能を発揮するが、王翠翹の配備開始や価格なども相まって技仙公司への正式配備はないと見られている。)
      • 027ML(技仙公司が試験中に新型機。027MMを基にして、汎用性を重視した仕様になるとされており、これで旧式化した027Aや027Sを置き換えるのではないかとされている。)
    • 027P(複座の練習型機体。仕様はA型と同様である。PはPracticeから。)
    • 027R(擱座したテウルギアの回収を目的とした機体。しかし、回収部隊に回せる程のテウルゴスを確保できなかった為、レメゲトン搭載スペースに電算機を追加し、実質的にマゲイアとして運用された。RはRecoveryから。)