三大企業 > アレクトリス・グループ > 天郷

天郷(tenkyo/テンキョウ)
企業名略称 -
所属グループ アレクトリス
本社機能施設 天津市・所属病院を大多数抱える
主要事業 医療、医療機器開発、テウルギア開発
軍事機能 あり
外交 アレクトリス領各所に病院を展開/大和重工とは親密な関係にある


企業概要

かつては医療法人として病院を経営していたグループが戦禍に呑まれながら立ち上げた企業。「戦う医師団」と呼ばれることもある。
「今だからこそすべての人に医療を」をスローガンとしているが医師達はアレクトリスの上流階級出の者が多く下流階層者が受診できなかったり一部では賄賂などが横行し悪人が延命を行い善人が早死にする黒い世界が広がっている。
その中スローガンを忠実に全うすべく「出張療養所」として戦地へ赴き難民などを診療する医師団も数多くいるのも事実で従来は傭兵を雇って行動することが多かったが効率よく尚且つコストダウンをはかるため近年テウルギア開発をはじめている。
しかし開発スタッフの殆どが戦闘に参加したことがなく、理屈だけで開発を進めた結果非常に癖のある機体が完成し、テウルゴス殺しと言われることもある。
上記の通り上流階級出身者が多く、その為か高慢な性格の人間が多く在籍しているというのもあり雇われた傭兵といざこざを起こすことも少なくはない。
また、ムラクモ難民区への支援には積極的で定期的に医師団を派遣し医療支援を行っている。しかし一部上層部が臓器売買のために健康な子供を犠牲にしているとの噂もある。

開発機体

・ライナック
 近接特化型軽量2脚のテウルギア。
 全体的に細身で両手にレーザーブレードを装着。肩にクラスター弾を射出する装置がついている。細身ながら装甲の下では後述する機能の為に 航空機のような自家発電システムを備えている。
背中、両脇に強力なブースターを装備し 、技量にもよるが最高10分の連続飛行を行うことができる。また、ブースターを最大にすることで最大3秒は亜音速飛行を行う。しかしこれを行うと15分は連続飛行が行えなくなる。また連続飛行を行い続けると蓄電している電力が足りなくなり全体的な機能を停止する。再起動までには5分、ブレード等武器を使えるようになるまでそこから15分、全ての機能が回復するまで更に15分かかる。
 速さを追求するあまり装甲が薄く、巨大な火器で撃たれることは死を意味することとなる。
 エネルギー出力調整も難しいものとなっており、初心者向きではない。
 名前の由来はかつて使われていた放射線治療用の医療機器から


・アンギオ・グラフィー
 遠距離特化型の重量4脚。
 巨大なレーザースナイパーライフルを装備しており端から見ると四つ足の自走砲に見える機体。
 非常に重いうえに近接戦の事を全く頭に入れておらず近づかれる事は死を意味する。
 スナイパーライフルのほかは短距離ミサイルとサブマシンガンを装備している。
 背中にポインターと名付けられた6つの小型ドローンを格納しておりテウルゴス及びレメゲトンが制御、ドローンから敵との距離、湿度、傾斜等を精密に読み取り狙撃することができる。
 名前の由来は血管像影検査より。

原案/風零龍緋様