説明

1人から12人までプレイできるプラットフォーム・ゲーム。

一見スーパーモンキーボールのように見えるが、足場を動かすのではなくボール自体をWASDで操作する。

2人以上で取得メロン(スイカ)によるボーナスが、3人以上で順位によるボーナスが入るので、できれば3人以上でプレイしたい。

ルール

足場から落ちないようにスタート地点からゴール地点まで移動する。

通常と同じWASDで移動するが、ボールに慣性が働く為落ちないように注意する必要がある。
ただし、スペースキーによる自発的なジャンプはできない。
MAP上には動く床やワープゾーン、吸着するレーザータワーなど様々なギミックがあり、これらを活用してクリアしていく事になる。

獲得ユニット一覧(Version0.3.4.2で上方修正)

  条件 獲得U
Thanks For Playing ラウンドをクリアする。 200
Per Melon (2Player以上)メロン1個毎に獲得(20個まで) 大玉のメロンは1玉5個としてカウントされる 40
Didn't Die ラウンドを1度もミスすることなくクリアする。 200
First Place (3Player以上)ラウンドを1位でゴールする。 750
Second Place (3Player以上)ラウンドを2位でゴールする。 500
Third Place (3Player以上)ラウンドを3位でゴールする。 300
Pressing A Button (3Player以上?)MemoriesやParadiseなど、ボタンを押す必要があるコースでボタンを押す?(要検証) 300(旧バージョンのまま 情報求む)

ギミック

  • メロン
  • 大メロン
  • 動く床
  • 見えない壁
  • ボタン
  • 加速床
  • ハーフパイプと加速装置
  • ピン
  • 吸着するタワー
  • 反発するタワー
  • ワープゾーン
  • ハンマー

マップ

Nimbus
ラウンド数「10」 難易度「中」
公式曰く初心者向けのマップ。白を基調にした未来的なマップ
実際には中程度の難易度で、所々嫌がらせのような箇所も存在する。
ワープホールで飛んだ先のギミックが近づくまで見えない為、マップをある程度覚えていることが攻略のカギ。
0.1.0.8で大規模な改修が加えられた。
1ラウンドあたりの時間が一番短く、慣れれば3分程度で周回可能。

GLXY
ラウンド数「14」 難易度「低」
0.1.1.3で実装されたマップ。
銀河をテーマにしたマップで、マップの周りには流れ星が流れている。
低難易度かつ短めのマップで、ラウンド数も多く、資金稼ぎにもってこいである。
細かい操作やタイミング合わせを要求されるギミックが比較的少ないので、慣れていないプレイヤーでもある程度の高速周回ができる。

Memories
ラウンド数「13」 難易度「中~高」

反発/吸着する塔を多数使用した、重力をテーマにしたマップ。
ギミックの性質上、比較的難易度が高い。
勢いをつけて進む必要があるマップが多いので、思い切りの良さが成功のカギ。

Midori
ラウンド数「10」 難易度「高」

全Ballraceマップ中最難関のマップ。
その名のとおり、マップは緑色の足場で構成されている。
これがクリアできればあなたもBallRaceマスターだ!
一部運が絡むギミックなども存在する。

Paradise
ラウンド数「13」 難易度「低~中」

比較的難易度が低めのマップ
一部難しめのラウンドもあるが、基本的には簡単にクリアできるであろう。
全体的に時間のかかるマップが多いため、ソロでの資金稼ぎにはNimbusやGLXYの方が効率が良い。

Summit
ラウンド数「12」 難易度「低」

難易度はとても低い。
一部のマップでショートカットが用意されているが、ショートカットをしようとすると少し難易度の高い操作が要求されるかもしれない。
Paradiseと同じく、全体的に時間がかかる為資金稼ぎには向かないか。
 

Prism
ラウンド数「15」 難易度「高」

Midoriに続く超高難易度マップ。
全体的に難易度は高めだが、Midoriがクリアできたプレイヤーなら挑戦してみる価値はあるだろう。
Midoriよりも運要素は低めで、タイミングを合わせて進む事を要求されるステージが多い。

Khromidro
ラウンド数「13」 難易度「中」

トゥーン調の雰囲気を持った中程度の難易度のマップ。
重力を変化させるギミックを持ったマップが多め。
落ち着いてプレイすればクリアすることはできるが、焦っていると思わぬミスを誘発するマップが多い。

 

Oasis
ラウンド数「11」 難易度「中」

砂漠を舞台にした中程度の難易度のマップ。
全体的にタイミングを計って進むようなギミックが多いが、高順位に入るには多少強引なプレイングが要求されるだろう。
クリアするだけなら慎重に進めば一部を除いてそこまで難しい場面はない。