Casino>ビデオゲーム

レバーを引くだけのスロットとは違う、少し考えることが要求されるゲーム群。
Ver0.1.2.3以降Double or Nothing以外はテコ入れが入って収益率が上がりました。
Casinoらしい遊びをしたいけど、脳死でスロットを回すのは嫌だ……という方はこちらへどうぞ。

Black Jack

Black Jack

至ってシンプルなブラックジャック。プレイヤーとディーラーの1:1の勝負となる。
2-10は数字通り、JQKは10、Aは11(11計算でバーストする場合は1)として計算され、
21を超えない範囲で21にもっとも近い数字を出した方が勝者となる。同点の場合、プレイヤーが勝者となる。
ディーラーに勝利すると、掛け金の5倍のCredit(1Credit=5Unit)を獲得できる。
同点でも勝てるため勝率は通常5割以上となり、なおかつ倍率5倍であるため、確実に稼げるゲームだと言える。
ディーラーは15以下の場合必ずヒットする。

操作説明

  ショートカットキー 行動
DEAL スペースキー 新しい勝負を始める。勝負が始まる前に掛け金を1-3キーで変更可能
(1キー=1Credit=5Unit 2キー=3Credits=15Unit 3キー=5Credits=25Unit)
HIT 1キー カードをもう1枚引く。22を超えるとバーストとなり敗北する。
STAND 2キー カードを引くのをやめ、ディーラーがカードを引くのを待つ。
ここで相手がバーストした場合、無条件で勝利となる。

 

Video Poker

Video Poker

オーソドックスなビデオポーカー。カードは1回交換までで、5枚の手札で役を作っていく。
筐体上に掲載されている数字はJackpotの数値を示す。
Ver0.1.2.3以前はゲームセンターにあるビデオポーカーと同じぐらい渋かったが、0.1.2.3で払い戻しが2倍になり
比較的収益を稼げる筐体となった。
頭を使いながらCasinoを楽しみたい、という方にオススメ。

操作説明

  ショートカットキー 行動
DEAL/DRAW スペースキー DEAL…新しい勝負を始める。勝負が始まる前に掛け金を1-3キーで変更可能
(1キー=1Credit=5Unit 2キー=3Credits=15Unit 3キー=5Credits=25Unit)
DRAW…HOLDしたいカードを選択した後、残りのカードを交換する。
交換した後の手札の役に応じて報酬を獲得できる。
HOLD 1-5キー 交換したくないカードをキープできる。ショートカットキーは1が左端、5が右端に対応

役別払い戻し表

ロイヤルフラッシュを揃えた時の払い戻しが余りにも割に合わなさすぎるので、5Creditsでのプレイを強く推奨します。

役名   1Credit 3Credits 5Credits
ROYAL FLUSH 同一マークで10,J,Q,K,Aを揃える。 500 1500 JACKPOT
STRAIGHT FLUSH 同一マークで連番を揃える。
(例:♥5,♥6,♥7,♥8,♥9等)
100 300 500
FOUR OF A KIND 同一数字を4枚揃える。 50 150 250
FULL HOUSE 同一数字を3枚と別の数字を2枚揃える。
(例:♥5,♠5,♣5,♥7,♦7等)
18 54 90
FLUSH 同一マークを揃える。
(例:♥A,♥3,♥9,♥J,♥Q等)
12 36 60
STRAIGHT

連番を揃える。
(例:♥4,♠5,♣6,♥7,♦8等)
KQA23など、Aと2をまたぐと連番とは見なされないため注意。
現在A2345(バックストレート)もハイカード扱いとなる模様。

8 24 40
THREE OF A KIND 同一数字を3枚揃える。 6 18 30
TWO PAIR 異なる2つの数字を2枚ずつ揃える。 4 12 20
JACKS OR BETTER J,Q,K,Aのいずれかを2枚揃える。 2 6 10

 

Double or Nothing

Double or Nothing

ボタンを押すたびに掛け金が2倍(Double)、もしくは0倍(Nothing,全額没収)となる単純明快にして痛烈に射幸心を煽るゲームである。
最初にCredit数(1Credit=5Unit)を1,3,5から選び、ボタン(スペースキー)を押すと掛け金が倍、もしくは0になる。
やめ時をいつにするか、ということがこのゲームでUnitを稼ぐ一番のカギとなる。
例えば、Double×9(2560Credit,12800Unit)の状況でPay Outすれば12800Unit(キャンバス12枚分)を手にすることができるが、
もう1回押すことで更に12800Unitを手にできるかあるいは12800Unitをドブに捨てることになる。
押せ押せで倍率をドンドン上げていくのは勿論楽しいが、最終的には大金を捨てることになりかねない、ということを心に留めておこう。