この過酷な世界でリスポーン一回のみの、国造り戦争サバイバル

ページ容量が限界だから新しくページを作るよ!ただ、こっち消さないでね!


ひまっちぃ!仕事しろお!!!


普通さん2枚目の作品が届いたよ!うれしいね!





支援絵コーナー!感謝申します!

+支援絵コーナー!
ひとこと言わせてくれ。ありがとう。感謝しかない。
描いてくださった方は、自分で編集または画像アップロード後コメント欄にてお知らせしていただければ幸いです。
やり方がわからないという人は、はんれいがチャットにて出現した時に画像をください。

はんれいからの一言
嬉しい。ただただうれしいです。
というか人から更新で頑張ってると言われたのは何気に初めてかもしれません・・・。(あーちゃんとかが言ってくれたかもしれない)
きっとここ一か月は何かいいことあるよ。たぶん。


待ってました!ですね!とりあえず相変わらずハイクオリティな絵をお書きになられた…。
いいぞ、もっとやれ(ブラック)
うん、はんれいさんの擬人化を書いてくださったのは多分画伯が最初だと思う。
そして、画伯からあとがきが!

まず、はんれい賢治にああ、長い付き合いなんだなあ、としみじみしました。
そして、やはり背景からも伝わる凄まじい画力…。す、すごうぃ
ポスター?ああ、自分の部屋に張りたいくらいだ、問題ない。
神様仏様あーちゃん・・・。なむなむ。

カメラぼやけましたサーセン。読みにくい所は別に読まなくてもいいです。by普通

はんれいから
おお!手書きですか!
二枚目ありがとうございます!
普通さんの絵は毎回楽しみにしているので、うれしいです
リア充?おとなしいのはいいけど人前でいちゃついたりルール守れないのは爆ぜてほしいです。風紀の邪魔



はんれいなんですよ。яとはなにか?(唐突)投票お願いします~

順位 選択肢 得票数 得票率 投票
1 クレイジーゴースト 12 (27%)
2 そんなことよりおうどんたべたい 11 (25%)
3 いやさ、そんなことよりもうまい棒買ってくる 6 (14%)
4 半分死んでると思う 4 (9%)
5 baka 3 (7%)
6 ラーメン好きなクレイジーゴースト 2 (5%)
7 眠いんじゃないかな 2 (5%)
8 うどん好きだなお前らwwwww 1 (2%)
9 弟分(笑) 1 (2%)
10 美味しい人だと思う。 1 (2%)
11 迷探偵 1 (2%)
その他
投票総数 44

白燈国旗完成!




機体表を作ってみました

建築してほしいもの、リクエストなどどんどんどうぞ!不適切なものを除き、全部作ります。コメント欄にどうぞ!



+資材支援コメントをくださった方々。うん。あがませていただきます
  • 粘ピス3スタックを輸出! -- Mr.M (2017-03-06 06:08:54)
  • TNTトロッコ2スタック。これを使え!!w(微妙なのは俺の気分 -- BOX (2017-03-05 21:50:59)
  • 矢と槍5スタックずつお届けします^p^ -- miu (2017-02-27 14:51:44)
  • TNT×64! -- タッキー (2017-02-26 22:43:08)
  • じゃあ、ピストン5スタック。 -- つばめ (2017-02-26 22:05:08)

+配布ワールドです。よかったら遊んでみてください!
んじゃあ、まずやり方。
ファイルの名前を、ファイル右クリックして変更。でそれをマイブロに読み込む。
+戦争ワールド 初期 暁に勝利を刻みたかったんだよなあ.zip

+配布ワールド第二弾!香翔+商業施設 輪 配布第二弾!.zip

+二章 ワールド 非常に重い 第二章 ピレネー.zip
モデルは絵画「ピレネーの城」です。



+登場人物紹介。
+一章
はんれいなんですよ。я
ここの日記の主人公。新米。
鶏肉と牛が大好き!ときどき人が思いつかないようなことをする。
何よりもぐうたらするのが好き。
あと雪見大福とかのアイス類も大好き。お菓子もね。

司令官(ナカノヒト)
はんれいの補佐役兼、ここの日記の主人。あと、司令官。
はんれいがアクセルなら、この人はブレーキ。
しかし、軟弱なブレーキで、時にはアクセルになる。そのたびにれんに怒られる。
司令官らしくない司令官

れん(堺 練)
空戦、陸戦に、超強い人。あと、前の戦争では特攻隊員だった。
はんれいよりも年上で、よく主人公二人をぼこす姿を目撃されている。
キリッとした性格だが、おなかが減ると途端にゆるくなる。
あとかわいいものに弱い、見るとデレデレする。なんじゃこの人
要するに、いい人。

ゆめ (咲来 結愛)
友達をこよなく愛する人。とりあえず出会ったら最後、井戸端会議は必須。
咲来家第84代目当主。しかし、巫女さんということをあんまり感じさせない。
実は、前の戦争の時の、れんの住家が旧咲来神社だった。

菊花 (堺 菊花
れんの妹。
やせ形だが、食が太い。太すぎる。つまみ食いが人の食事三回分。おかしいね!
しかし、家事が非常に上手い。
しかし、コストがばかにならない

時鳳
はんれいさんのお母さん代わりだった人
料理が上手い。そして美味い。
はんれいのみではなく、このワールドすべての 「お母さん」
現在輪にて居酒屋 「翔鳳」経営中

ジョン
雑貨店 「スマイル」の店主。
超ポジティブ、アウトドア、大酒のみ・・・。
こ奴、ワイハ―育ちか…?
+二章
はんれいなんですよ。я
空いている人員がいなかったからカタリナに派遣された兵士。
最強と名高いラオ剣とともに戦地に赴く

カタリナ方面指揮官(本編では指揮官)
白橙軍のカタリナの指揮官。
カタリナが襲撃された際に兵士たちを見捨てて王族たちと逃げる。
はんれいとの確執がある。


カタリナの王。
兵たちを見捨ててうきしまに避難するも、道中で撃墜される。

更新するかも



+この日記のこといろいろ
+第一章
まず、しばり
  • リスポーン一回のみ
  • ポーション禁止
  • 防具禁止
  • 空中戦闘の時、アイテム所持数に制限がある
  • エンチャント禁止

世界の特徴
  • 敵の戦車など固定ユニットがある
  • 岩盤の壁のその先に、空中に浮かぶ敵の島がある。ここが攻撃の最終目標。いわゆるエンド

苦しい。

+第二章
ルール
  • 防具禁止(サンタ帽などは例外)
  • ハードコア
  • ポーション禁止
  • 艦船は撃破するまで乗り込み禁止
  • 爆弾直置き禁止。
  • 焼夷弾はディスペンサーのみ発射。航空機と戦車ならおうけい
  • ゾン肉食べない
  • 戦闘具(食料含め)は9スタックまで
  • イベントあり
  • エリア占領はエリア内のすべてのユニットを撃破しなければいけない
  • 戦車、航空機、艦船は撃破までツールで構成するブロックを破壊してはいけない
  • エンチャント禁止
  • その他卑怯な手禁止
  • スポブロ全制圧

なにこれ





昨日のお客様は -
今日のは -
今まで来てくれたお客様は -

+本編
+この過酷な世界でリスポーン一回のみの、国造り戦争サバイバル
+本当の第一話 遅れてすいません
こんにちは~はんれ(殴
みてる人 「何してくれやがるはんれい、お前投稿一か月も遅かったやんけ」
大変申し訳ありません・・・。
あ、そうそう。この世界を配布しますので、おたのしみにー
では、本編!あたりめ美味しい

こんにちは!はんれいなんですよ。яです!
さあさあはじまりました新日記!
今度こそ頑張るぞい
司令官 「はんれいの補佐、というか中の人。司令官です。よろしくー」
れんさん 「はんれいの空戦の先輩、れんっていいます。よろしくお願いします」
基本的にこの三人でやっていきます!
れんさん 「俺はもうちょっと後だけどな。今回は出ないよ。」

こちら物資です!もう下さったタッキー様、つばめ様、あーちゃんに感謝です!
司令官 「もうちょっと発展したら支援者様の名前を書いた記念碑みたいなのを建てようと思うから、気長に待っててください」
司令官 (この量の弾薬は多分パート5まで持つと思います)

まずはマイブロの基本!木こり
司令官 「素手で破壊とかすごいね。」
いいや、これやってる側からいうと

手が痛い!

司令官 「お、おう」

ちょっと木をとったし周りを探索探索ってあ?!
司令官 「わあ、みんな大好き戦車先輩だあ」
この後攻撃してきました。地味に痛い

はは反対側にはいないよね?(震え声)
司令官 「さあねえ~」

案の定、いる

あああ鳥さんがぁ、おいしく焼けちゃってるう
司令官 「鳥さんは必要犠牲なんだ…。そうだよね?」
凶暴な戦車です。はい。

とりあえず牛を狩る
司令官 「ああー、罪のない牛さんが・・・!」

牛さんは必要犠牲。未来のためです。まあ皮あんま使わないけど
司令官 「うん?必要ないt(これは必要犠牲なんですよ?わかる?リアルさん?byはんれい)
今回はここまで。
次回はなるべく早く出しますので、気長にお待ちください

+第二話。ウサギ好き注意回。あとはんれいが逝きかけます
こぉオオんにィいいちィィはァァ(こんにちは)
はんれいさんです。
いやね、最近鼻水が止まらないんですよ。花粉症じゃないけど。たぶん
だから食べ物の味がしない。超不服です
でだ、授業中鼻栓してたら鼻血と間違えられたり笑われたりで・・・。
というわけで、第二話、始まりますぞい
れんさんは戦闘機を作るまで登場しないよ~

さあさあはじまったよ過酷サバイバルゥ
司令官 「もう略し始めたね、おまえ。」
仕方ないじゃん長いんだもの。名づけ親だけど

とりあえず竹取物語
司令官 「かぐや姫が出てくるかもよ?」
というか出てきてくれませんかねえ…。不死の薬ほしいよぉ。
おい運営、なんとかそういうアイテム作ってよ。
運営 「無理。」

司令官 「戦車の隣で竹とってるクレイジーゴースト」
え?呼んだ?ってうわっ!!!
司令官 「砲弾くらっても生きてるクレイジーゴースト」
まあ半分お亡くなりになっていますからねえ…。よほどのことでは逝きませんよ

司令官 「再び砲弾を食らうクレイジーゴースト」
もう、このブレイズの砲弾爆発するから意外と広範囲にダメージ来るんだよなあ…。
痛いです・・・。半分生きてるから…。

というわけでレッツクラフト
司令官 「そういや初神者さん、いつ戻ってくるのだろうか・・・。」
まあ、戻ってくるまでしなうすまーととか作って待ってましょうよ。
で、木材作って

作業台製作。
かーらーのー

武力。つまり剣!これ基本
司令官 「ここにクレイジーさを感じる」

そして斧と、ピッケル、スコップ、鍬、くわ、クワ、kuwa。
司令官 「農業系クレイジーゴーストはんれい」
環境に優しいのです。ってゾンビ?!

ゾンビです!初戦闘です!
やめてえぇ、このまえ顔にいたずらでパンプキンパイぶつけたの謝るから、やめてぇ!あと借りてた本も返すから!
司令官 「恨みですな。」

って言っても今返すとは言ってないから。
司令官 「ゾンビさんかわいそう」
ゾンビ君から借りた(盗んだ)から、だいじょうぶ
司令官 「だいじょばないけんについて」

とりあえず周りの木をきころうって?!匠先輩!
司令官 「芸術は爆発」

そうだ!匠先輩に戦車をリフォーム(解体)してもらおう!
司令官 「マイブロ初、匠が味方になった瞬間」

匠先輩、やっちまってってあれ?!
司令官 「匠先輩は犠牲になってしまった・・・。」
うう、クリ―パー初の偉業を成し遂げる前に・・・。
この犠牲は忘れない!
司令官 「お墓を建ててあげよう。後で。」

ううわああんよくも匠先輩をおお
痛いけど、ぬおおお
仇を討ってやるうう
司令官 「やめろおお」

ふう、やったぜ
司令官 「その木刀には神が宿っているに違いない」
初神者さん・・・?

とりあえずこっちも!
司令官 「戦力を減らすぞぉ」

よし終わった!
初神刀つええ
司令官 「こうして神話 「初神刀と戦車」ができたのである・・・。」

とりあえず匠先輩から教わった解体をしよう
司令官 「匠先輩…。」

それは解体中の出来事だった
司令官 「砲撃だ!」
え、ちょ、ま

ドン!

痛い・・・。

司令官 「ボクがワールド作っているときにミスって出しちゃったブレイズだ!」

何してくれてんだよ司令官!

まあ、さらっと倒すんですけどね。
司令官 「よくやt(殴)」
しっかりワールド作ろう?

解体完了!って、蜘蛛だあ
司令官 「はんれいは蜘蛛が苦手です」


倒したけれどHPが1に!
司令官 「とりあえず早く何か食べて!」

じゃあ前回お亡くなりになった鳥さんを!
司令官 「鳥でした(過去形)」
うまい!

というわけで資材確保のために空中要塞に行こう!
司令官 「え?エンダ―アイないよ?」
いやいや、初期スポーン地点の上空にあるんですよ。それが。
というわけで梯子を作っていこう!

と思っていたんだ。
司令官 「梯子が足らなかったのか。」
蜘蛛お

をさらっと倒して戦車発見!ってうさぎさんそんなところにいちゃ危ないよ!

美味しそうな石炭を発見。
司令官 「そのうち重要になってくるアイテムだからな。多くて損はしない」

とりあえず鉄鉱石とかとって帰還ってああ!

うさぎさああん

司令官 「鳥さんに続いてうさぎさんまでもが焼かれてしまった・・・。」

うわあんよくもお
司令官 「戦争は悲しみしか生まないんだな…。今回犠牲が多いな」

というわけで拠点に帰還
うさぎさん・・・。
司令官 「犠牲が多いなこの日記」
今回はここまで。


+2.5話
裏作業回。
先輩と永遠に別れ、戦車を3両倒し、

匠先輩(2号)と出会い、

別れ…。

埋まった蜘蛛(後で永遠の別れ)がここ掘れくもくもしてダイヤとスポーン部屋を見つけ、

スゥライムゥに出会い、

スポーン部屋を制圧。ここを次回トラップ部屋にします。では~

+第三話 連続投稿スタートだあ
こんにちは!春休みをエンジョイしているはんれいさんです
ってわけで、空いた時間にちまちま連続投稿します!
明日も書きますので(たぶん)見てください~♪
あ、そうそう、スキン変えました。自作のです。
まずはトラップ。非常に効率が悪いですが弾薬のためには大事です。
(チッ、ゾンビ肉しか落とさなかったなこいつ…。)

ひい、霊化が進んでいるぅ
司令官 「ただの光源バグです。っていうかまともな家を建ててないからそろそろ立てないか?」
あ、それいいね!

はんれいは上るよ~坑道を~
司令官 「急げ、尺がない」
わかってるって・・・。

司令官 「坑道から出ると、外は雨が降っていた・・・。」
雨だ・・・。びしょ濡れだあ

それは建築中のことだった
ヒュン!
司令官 「え、矢が飛んできた…。」
あのスケルトンめが…。

というか矢の量がすごい
司令官 「あいつ、弾幕厨か」

とりあえず基礎ができたので明日引っ越します。
それでは~

+第四話。連続投稿2日目!
こーんーにーちーはーです!
連続投稿2日目。この時すでにもう息がぜえぜえです…。
しかしだ、暇?なはんれいさんは頑張って続けるぞい
家が完成するといったな、あれは空耳d(殴

静岡やるとは言ってないはんれい(東京タ〇レバ娘)


それははんれいが建築中の拠点をさぼって眺めていた時に気付いたことである(おい、何やってんだ!)
ねー、しれーかーん
司令官 「なんじゃ?今忙しい」

窓どうすんの?

司令官 「あっ・・・。っていうか建築はお前の仕事だろうが!」
あー、わかったよ、じゃあ僕一人でとってくるよう…。
司令官 「あー、そうそう、山は上るなよ、敵に落とされた空中都市・・・。っていうか敵の領地だから。下の土地は大丈夫だから山を掘って行ってきなよー」
あー、はいはい

頭上に敵戦車が…。無事にたどり着けるだろうか・・・?

あ、地上だから大丈夫だった!
れん 「おーい、はんれい、生きてるー?」
いや、なんですかその安否確認
れん 「すまん、半分お亡くなりになってるんだったな。ごめんな。」
そういう問題じゃない・・・。
れん 「暇つぶしに来たからな。うん。」
ええ・・・。

ちょっと荷物整理しに戻りました
れん 「丸石ほど厄介なものはないが、ボタン燃料として重宝するからな。」
しかし邪魔だ。うん
んでこれがにわとりさんにタゥマゴォを産ませるためのやつです。
れん 「鶏肉はお前も俺も好きだからな。っておい、やめろ!」
某管理人 「仲間の敵は討つ」

砂利は面倒くさいからよけます

れん 「おい、前を見るんだ!」
ええ・・・。なんじゃこりゃ・・・。全部よけきれるかな…。

何とかなるかな?
れん 「土木検定一級の腕前!世界最高水準だ!おれに任せとけ」

何とかなった!
れん 「言ったろ?世界最高水準と。」

世界最高水準すげえ!

切りがないので上がろう

鉄をとるぞい

れん 「下に参りまーす」
石炭だ!
れん 「焼き石とかにも必要だからな、たくさん獲っておこう」

上に参りまーす
れん 「また石炭だ!やったな!」
地味にうれしい

地上!じゃなかった・・・。
続きます~
+第五話。
突然ですが、ここで問題です!
はんれいさんが今欲しいものは次のうちどれでしょう?
1、コメント
2、コメントゥ
3、コメ(ry
正解は!コメントです。
うん、しつこいね!コメント要求
連続投稿3日目、絶賛遭難中です!(連続投稿すると人はこうなる)
れん 「おい・・・?はんれい?お前コメントが欲しいからって一番上のはさすがに引くぞ」
だって・・・。作ってるから感想が欲しいんですよ…。
れん 「それはわかるが・・・。な?」
わかりましたよ!次の編集の時に消します!
さて、地上が見えました!
れん 「おなかすいたよう・・・。食料は兵器より必要だよう…。」
えええ・・・。じゃあこのオレンジ食べててください
れん 「みかんのほうがよかった・・・。」
贅沢言わない!

どうやら砂漠ですね!砂が手に入る!偶然だけどよかった!
れん 「それにしても熱いな…。(キリッ)」
お、元気になりました?
れん 「ああ。少々腹が減っていてな。もう大丈夫だ!」
(れんさんってお腹減ると途端に弱くなるんだよなあ…。)
れん 「なんか言ったか?」
いいえなんでもないです!

な、なんじゃこりゃ!(マジで中の人がびっくりしてました)
れん 「空中都市の柱だ。この先にもいくつかあるぞ。」
ってことはこの上に都市が…。
れん 「まあがれきの山なんだけどな!」
えええ・・・。

崖だあ
れん 「まあなんとかなる。世界最高水準に任せなさい」
お!

れん 「砂も手に入れたし一回戻るか!」
あ、そうですね!
移動~
と、鶏が、い、いない?!
これは某管理人の仕業に違いない!

んでアイテム整理して戻ったら匠さんですね!
れん 「お、あれは敵軍の大いなる匠だな!」

大いなる匠!なんか神聖


れん 「でも解体だけだからバイバイ!」
匠先輩は遺灰(火薬)を残していった!
れん 「必要犠牲?だ!」

もっとあっちに行こうとしたらこれでした
れん 「断崖絶壁!しかもあの上に空中都市があるからな、戦車がいるから危険だ。」
帰りましょうか・・・。

というわけで拠点が完成しました!
司令官 「まあ俺の仕事が大半だったんだがな」
れん 「よくやった!」
蜘蛛?シラナイナアそんな生き物
ほら、優先してほしい投票あるじゃろ?あれはな、資材が整ったらそれに従うから、もうしばらく待っておくれ
それでは~

+第六話 初出撃!前編
おはよう!(時差ボケ)
明日から超長いお話を出します!やったね!
というわけではんれいの初出撃ですね!
頑張るぞい
れん 「この輸送船邪魔だなー・・・。」
司令官 「そうだ、じゃあはんれい、お前に作戦 初号作戦を発令する。」
え!やった!機体に乗れるよ!
れん 「お前に指導してやろう。これからを担うっていうかここの唯一のプレイヤーだからな。」

れん 「まずは簡易飛行場を作成しよう。まあ、飛行場といってもこの機体は滑走する必要がないんだけどな。」
おk!で、完成したのがこれ。
れん 「棒は置くだけで梯子代わりにもなる万能ツールだな。」

れん 「うーん、じゃあまず乙型爆撃機を作ろうか。」
え、丙型戦闘機にしようよ
れん 「それがな、丙型は光源がグロウストーンじゃないとだめだったから・・・。」
わかりましたよ・・・。
れん 「っていうかこれ爆撃任務だからな。」
でも個人的に使いやすい機種だから大好きですよ?乙型

れん 「まずは進み方について解説しよう。進行方向とは逆の粘着ピストンにレッドストーン信号を送るんだ。」
ふむふむ


れん 「まあ、こうなる。でもう一回信号を送ると?」
粘着ピストンがピストンを引っ張るんですね。これを繰り返すと。
あ、ちなみに甲型は進行方向とは逆のブロックを壊して、それを前に置く。これの繰り返し。超原始的

自機下方!敵船舶発見!
れん 「よおし、対空なしだといいが…。っていってるそばから・・・。」

敵戦車から対空射撃!
れん 「よけられんな。当たったらどうこうという問題ではない。なにしろ頑丈だからな」
すみません非常に痛い

もう!邪魔しないでよう…。
れん 「敵も必死なんだよ。」

れん 「よし、30mmで対地射撃だ!」
えええ、射撃…。
れん 「よくねらって!」

れん 「よくやった!無駄玉が多いが、まあ上出来だろう。次は爆撃だぞ。」
こうはんにつづく


+第7話 出撃後半
こんにちわん!
お知らせです。明日と明後日お休みします。
理由は、

休みをください!

更新作業って大変なんですよ。うん。
文字を打つだけだったらまだいいし、小説も書くだけでいいんですけど、これは撮影の時間も含めているので、けっこう疲れるんですよね…。まあ、そういうわけです。
小説・・・?書けと?嫌ですよ。だってマイブロウィキですもの。折角ですからマイブロのことをします!
あ、昨日の画像ミス、暇さんがやってくださいました。
感謝です…。もうマジ感謝です…。
というわけで暇神様のページに行ってみよう!
もふもふのお布団・・。ごくっ!
司令官 「魔力があるな…。」
れん 「入りたいな…。」
入っちゃいます?
入っちゃいましょう!

翌朝…。
起きてよ!二人とも!
れん 「んー、あと10分…。」
司令官 「んー、あと40ねん・・・。」
まったく・・・。
撃ち―かた―はj
れん 「わかった・・・。」

とりあえず燃料補給完了。
れん 「これで100進めるな。」

れん 「高度を少し爆撃用に変えたぞ。」
え?なんで?
れん 「それはな、爆弾の破壊範囲は高さ3までなんだよ。」
あ、それで誘爆すると。
れん 「そうそう。」

れん 「んじゃあ、爆撃の手引きについて教えるよ。」
わくわく

れん 「じゃあ、まず爆弾をディスペンサーにリロード」
お、おう

れん 「んで、エンジンを動かす。」
お、爆弾が出ると。

爆発すっぞ!

れん 「誘爆したな。」
あのう、痛いんですけどお・・・。
れん 「誘爆しないとは言ったが、決してダメージを受けないとは言ってない」
えええ・・・。

れん 「いれっぱにしてると出しっぱなしになるからな。爆弾を取り外そう。」
はーい

うん?対空砲?
れん 「おそらく輸送船のだろう。まあ、すぐに消し飛ぶ。」

れん 「こっちも誘爆するから屋根を壊そう。初の対空戦闘だな。」
よっしゃ、燃えてきた!

とりあえず投下投下。
れん 「誘爆、やっぱ洋上艦船の爆撃は楽しいな。」

オラオラオラァ!
れん 「近いから外すことはないな。」

れん 「無事撃墜したな。」
対空戦闘もなかなか楽しいもんですね!って対空砲?!
れん 「弾いたが・・・。」

れん 「とりあえず投下しよう。」
うむ・・・?

着弾!いった!
れん 「おのれ、ただの対空砲ごときが…。」
敵も必死なんですよね?

もう一回着弾!
れん 「まともに回避行動ができない・・・。」

とりあえず一回帰還
れん 「輸送船が見事爆沈したな。」

こやつ、回避したぞ…。
れん 「この匠、やりよる・・・。」
匠 「あてられないの?だっさ!」
いらっ・・・。
グサッ!グサッ!グサッ!
匠 「無念…。」

れん 「じゃあ、次は雷撃艇の実戦訓練だ。」
雷撃艇?ただのイカダでは?
れん 「ら・い・げ・き・て・い。」
は、はい
第二の匠が現れた・・・。

うお、敵の艦爆だ!
れん 「まあ、今のはんれいにもってしては、楽だな。」
これ、回避楽!

れん 「敵対空駆逐艦だな。さあ、雷撃(?)の勧めだ。」
楽しみ…!

れん 「1、まずは爆弾設置。」
この時点で雷撃では無い気が?
れん 「気のせい気のせい」

れん 「2、爆弾を付けて、船を捨てて即逃げる!」
戦略的撤退

れん 「爆発したな。」
ヒャッハ~!駆逐艦がゴミの様だ!

とりあえず沈没した船の遺品を回収。

明日、ネコ戦車というゲームで交流戦を開きます!
8時半から、ルーム名「はんれいさんの夜会」で開きます。
参加する人はコメントに書いてください。
ではー!


+第八話。最後に大事なお知らせです!
出撃…。力尽きた…。
司令官 「初めて前置きがないな。そこまで疲れたのか?」
れん 「まあ、なにしろHP3までになったり(裏話)、途中で機体放棄して脱出したからな。(後で回収)」
司令官 「で?初号作戦の戦果は?」
あー、それはね、
輸送船(最初のやつ)
対空駆逐艦 2隻
撃墜機体 3機
司令官 「ふーん、上出来じゃん」
何だよその上から目線!
司令官 「勢いよかったからてっきりラスボスの巨大装甲空母まで倒してくるかと・・・?」
巨大装甲空母?
司令官 「なんでもないですよー、あ、皆さんは配布ワールドでワールドの端っこ行く方向に行くとなんかネザーアイが出てる巨大な物体があると思うけど、それが巨大装甲空母です」
お、おいしそうな豚さん

司令官 「今夜の晩御飯」
もはや犠牲とも思わない・・・。
司令官 「ごめん、どっちかっていうと牛と鶏派なの。」
まじかい

とりあえず、今日は例の砂漠整地をしたい。
というわけでダイヤのシャベルを作りましょう!
司令官 「ガラスはこっから建築に使うからな。」

移動中のこと
司令官 「そういや、ここの洞窟調べてないな。」
じゃあ、明日調べますか!
というわけで明日は洞窟回に決定!

おりゃあぁアァ!!!
整地だ整地!かなりまな板にしてやるう!
司令官 「目指すはすごいまな板だよこれレベル」

画面右端に注目
司令官 「敵地下拠点だな。」
スポーン部屋と言いなさい。宝箱の中身は何だろう!

中身。個人的には美味しい宝箱。
司令官 「この後話す企画に関わってくる金リンゴがあるな。」

というわけで今回はここまで。
司令官 「では、企画の話をするぞい。もうすぐ1000人行くな?」
あー、うん
司令官 「今春だな?」
うん。
司令官 「春と言えば桜だよな?」
う、うん。
司令官 「だから桜を作る。」
え?!1000人と何の関係性が?!
司令官 「いや、春だからちょうどいいかなーって。この国のシンボル的な?あと、見てくれる人との関係性を示す?枝みたいに。」
まあ、分かったけど、それと金リンゴに何の関係性が?
司令官 「金リンゴの木をベースに桜を作る」
へ?!ど、どういうこと?!
司令官 「金リンゴの実以外を取っ払って、ピンク色の羊毛と原木で作る。」
お、おう。
司令官 「あと僕たち明日から帰省するから、実家先のパソコンは使い放題だろ?」
そうだね。
司令官 「だからこの四日間をスぺシャルデーにしようと思う。」
わかった・・・。日程は?
司令官 「まずこうだ。
29日 通常更新。7時30分からネコ戦。できれば参加してほしいです。先着6名まで。コメント欄にどうぞ。
30日 洞窟・要塞探検
31日 桜作り
1日 出撃!空軍優先なので空軍
2日 建築祭り
どうだ?盛りだくさんだろう?」
そうですなー・・・。(編集大変そう。)
司令官 「明日からがんばれよ!それじゃあ、また明日なー」
お疲れの出ませんように

+第九話。下準備会
こんにちは!
無事に実家にいます、はんれいさんです。
今回はスキンがもともとのです。早くスキン反映してください(怒り)
明日からビッグデーですね!頑張ります!
おなか減ったからベーコン焼こう!ベーコンは個人的に好きだよ!
司令官 「今日は何をするんだ?」
あ、だいぶ前に設置したはしごを解体します。
司令官 「え?なんで?」
コストの安い棒にします!
司令官 「コストには勝てなかったよ…。」

んじゃ、まずダイヤの斧作ろう
司令官 「ダイヤが消えていくな。」
まあ使わないですし…。陸軍の時くらいしか

はんれいは登る~よ~はーしっごをー♪(線路は続くよどこまでも)
司令官 「尺がないから早く登ってください!」
あれ?なんかデジャブ?

というわけで解体完了!
司令官 「安定と信頼のカット」
これはあれだ、思いやりだ。はしご壊すのみているの退屈じゃろ?
司令官 「はしご壊すの大好きな人がいるかもしれない・・・?」

棒を置いていこう!
司令官 「棒って、使えるね。いろいろと。」

司令官 「見えたな。」
あ、よかった、モンスタースポナーとかなくて

明日を迎える準備は万端ですね!
ここがちょうどいい空間なのでここを攻略拠点にします!
司令官 「洞窟は?」
知らぬ存ぜぬ。
では、また明日~

+第十話 春休み特大祭り!第一回
ついにこの日が来ましたね…。
そう、

春休み特大祭り!

ごめんね、これ中の人の意見なんだけど

この4日間でかなり進むぞこれ

下手すると海軍攻略するかもしれない
というわけで今回は要塞攻略回ですね!っていうか要塞建てたのは中国でしょうか?欠陥住宅専門の建築会社でしょうか?と思うくらいの欠陥要塞 (もはや要塞ではなく、ただの産廃)です。
あ、これとは関係ない話なんですけど、今日キャラメル作ってみたんですよ。
牛乳の塊になりました・・・。
では、本編へ!(何の話だよ…?)
これぞコンパクト拠点!
司令官 「シンプル・イズ・ベスト。これ正解」
それじゃあ、行きますか!

まず左に行くと…?
司令官 「本棚だな。」
だなだな?
司令官 「ほ・ん・だ・な!」
蜘蛛の巣は積極的に回収

司令官 「本棚。読む本には困らなそうだな。」
ほーんーだーなー?
司令官 「ほーんーだーなー。」

司令官 「おお、ご丁寧な出迎えだな。」
ゾンビーフをください。あれさ、腐った肉って言ってるけど、鰹節の肉バージョンみたいでおいしいんだよ?
司令官 「人にk」
人肉じゃない。腐った肉。

ばいばい!
司令官 「うわあん・・・。ゾンビさんがあ…。」
これでおいしい肉節ができたね!

スポーン部屋ですね。
司令官 「あのう、ここってスポーン部屋と本屋しかないんでしょうかあ?」
はい!そうです!
司令官 「コンビニとかコンビニとかコンビニ無いの?雪見大福無いの?」
雪見大福?なにそれ?
司令官 「うわあんん!」

司令官 「階段を下りると、そこは溶岩でした…。」
ふっ、この溶岩上走り一級の僕にこんなトラップで足止めをしようと?甘いな。(慢心)
司令官 「知ってる?それフラグっていうんだよ?」
フラグ?旗など燃やしてしまえばいい!

hahahaノーダメで通過ー♪
司令官 「そこは空気読もうぜはんれい?な?」
ごめんね僕くーき読めないんだhahaha
余裕だぜ!要塞なんて!(超慢心)
司令官 「この後痛い目に合いそうだ。あ、ネタバレですけど、今回亡くならないよ!」

ねえ、蜘蛛君、そんなところで何してるの?ねえねえ?壁の中にいないと僕を攻撃できないんだよ?ふへへ?
蜘蛛 「ぶちっ」
司令官 「なんかお前だんだん慢心してないか?」
慢心、余裕?フラグ?そんなの僕がすべて打ち破ってやりましょう!

レッツ溶岩遊泳!まあ、余裕でしょう!
司令官 「さあ、フラグがもはや東京スカイツリーレベルの高さと太さになったはんれい氏、果たしてどうなるのか?!」
スカイツリー?そんなの46cmで一撃粉砕ですよ!

司令官 「余裕で通過しやがった…。」
蜘蛛 「サッキハヨクモイッテクレタナ・・・?」
あ、君は壁の向こう側で僕を攻撃しようとしていた蜘蛛君じゃないか!(嘲笑い)

蜘蛛君ばいばい!っていうか、なんだこの残念なスポーン部屋…。
司令官 「手抜き建築…。これは伝説の『欠陥住宅の匠』の仕業ですね…!」
ここは中国ですか?
司令官 「いいえ、欠陥要塞です。」
まじかい

またもや手抜きスポーン部屋・・・。
司令官 「なんということでしょう、匠は見事にスポーン部屋に残念感を付与することに成功したのです!」
もはや巨匠

エンダー先輩が深夜徘徊してる…。
司令官 「お前も同類だよ。」
エンダー 「おう、はんれい、元気か?病気してないか?あと、金出せ。」
ひょえ?!この突如の請求これいかに・・・。

エンダー先輩はログアウトしました。
正当防衛正当防衛
司令官 「新四字熟語 正当防衛。」
新四字熟語 必要犠牲
司令官 「新四字熟語 半霊阿呆」
え、ひどい!
司令官 「さあ、酸の海と階段、どっちへ行く?」

決まってます。階段です。
司令官 「おかしいです、はんれいさん」
あたりまえですよ?司令官
司令官 「臆病ものね、はんれいさん」

エンダー先輩がログインしました!
エンダー 「おいさっきはよくもやりやがったなはんれいィ!」
司令官 「どうやらお怒りのようです。」

エンダー先輩g(略)
司令官 「そしてちゃっかり蜘蛛の巣を壊すはんれいさん」
なんか見たら壊したくなった

ちょちょちょ、なんか矢が飛んできているんですけども?!
司令官 「恐らく、敵対空駆逐艦の機銃だろう。」
え、ここまで届くの?!
司令官 「よくは知らん、ただ、あまりにも数が多いからそう推測した。」
いや、敵の機銃手有能すぎるでしょ…。

司令官 「痛々しい姿になってるんですがそれはどういう…。」
大丈夫だ、問題ない。たぶん

司令官 「頭に刺さってる矢が角みたいだな(笑)」
たぶん、レベルとしては子鬼ですね。

男の急所に突き刺さっております。お元気ですか?みなさん?僕は今、非常に恥ずかしいです。
司令官 「これが、東京スカイツリーのフラグの効果です。」
痛いです。本当に

欠陥ポイント、その二 階段が不通
司令官 「ちなみに、はしごははんれいが置きました。」
巨匠の力…。舐めてました・・・。(笑)

初宝箱だ!
司令官 「なーにが入っているのやら」

地味にうれしい
司令官 「レベル10段階の7 親の仕送り級」
いや何そのレベル?
司令官 「宝箱の歓喜度」
あ、教えてほしかったらコメントくださいとのこと

欠陥住宅ポイント その三 途中で建築終了した部屋
司令官 「しっかり立てよう要塞?」
要塞と書いて欠陥住宅

2個目の宝箱
司令官 「これは・・・。レベル6.5 友達の誕生日プレゼント中級だな。」
ほんとにそのレベル何?
司令官 「自分の独断と偏見によるレベル」
あ、おs(略)

見つけちまったよポータル・・・。
司令官 「今思うとエンドラなんて駆逐艦よりも柔いかもな。」
まあ、でもだいぶ先のお話ですから。

それはとあるスケルトンと戦った時のことだった…。
スケルトン 「お前に俺の弓を…。託し・・・た。」
っていうか待って、このスケルトンドロップ品全部落とししたよ?!
司令官 「いいやつだったな…。」

え?!爆発?!
司令官 「これは敵の駆逐艦の砲撃だな。」
どんだけ優秀なのよ敵の駆逐艦…。

というわけで、今回の成果です!
司令官 「なかなかおいしいんじゃないか?」
うん、そう思う。

というわけでここまで!
また明日!


+第十一話。特大祭り2日目!ありがとう1000人の皆さん!
hello there!(これであってるのかな?)
二日目迎えて思うこと。

日中すべてパソコンの前にいます。

自分は、外に出るのも好きなんですけど、ね?うん。
というわけで今回は桜作りですね!あ、これ見てるうちの誰か、今回つまんねえなって思ったじゃろ?
ふっ、何を言っている。

このいろいろ脱線する日記が真面に桜作るとでも?

いや、作ったは作ったけど、個人的にはいいかな?って思ったけど、まあ、どうかを決めるのは見てくださるあなたなので。
では、サクラへ!

じゃあ、まず赤色の染料を作りましょう。
で、桜色作って、ヒツジに染色。
司令官 「実はこれが過去最大レベルに時間かかりました」
途中で心折れました。でもしっかり集めたよ?褒めて!
司令官 「はいはいえらいですねー」
ひどいぃ・・・。

羊見っけ!
司令官 「よっしゃ、この羊の名前はめえすけにしよう!」
ほ、ほう!

司令官 「染まったな。」
なんか、こう、違和感
司令官 「気にしたら負けです」

海を見つめてどうしたの?
司令官 「もしかしたら、めえすけはこの海で散って行った魂たちの一部なのかもな…。」
深い・・・?

司令官 「本格的に黄昏始めたな…。」
ごめん、これ個人的には昔の東宝映画の始まりの波しぶきのシーンを連想してしまう
司令官 「あー、なんとなくわかる」

めえすけえぇぇ!!!
司令官 「謎の死を遂げたな…。ぐすっ…。」
尊い犠牲…。

小奴そっぽ向きよった…。
司令官 「そういや、お前焼き鳥好きだよな?」
あ、じゅるり・・・。
コケ、コッケコケーコk(ログアウトォ)
司令官 「野生動物はこの世界では餌」

司令官 「丁重なお出迎えだな。(2回目)お前この世界で人気なんじゃないか?」
モンスターに人気とか、いやです・・・。

司令官 「ちっこいスライムだな。」
かわいいけどばいばい!
司令官 「幼きスライムは力を知ったのである」

司令官 「この世界で言う戦闘機だな。っていうかよくこんなに喰らってもひるまないな…。」
そりゃまあ、レンガとか岩盤でできているだけあるでしょ。

司令官 「心強い味方が出来たな。」
ワンちゃんですね。これから愛情をかけて育てます!

お友達?って匠先輩?!
司令官 「近づくなあぁ!!!」
ぷしゅう・・・。

司令官 「下のリア充ゾンビこれいかに」
気持ち悪いですログアウトしてください。
司令官 「慈悲はない。」
いろいろありましてできました!あ、念のため言っときますが作業時間5時間です。もちろんクリエイティブなしです。
司令官 「長い、長い日でした。」

まず、ここはかぼちゃランタンを作ろうと思って作ったかぼちゃ小畑です。
司令官 「ここの日記は建築に関してはコンパクト、シンプル、和風を目指しておりますのであしからず。」
かといって実用性はないかもしれない

そしてこちらが桜になります!
司令官 「今編集してる時に思ったことだが、桜の花びらが積もったところカーペットで表現しときゃよかった・・・。」
あと金リンゴ要素が中心だけになってしまったな…。
司令官 「ああ、確かに」
どうでしょうか?自分的にはいいかなとは思ったんですけど・・・?
司令官 「まあ、夜桜だから許す。」

そして作りたくなった神社です。左の赤いのが鳥居、右のは手を洗うところです。
司令官 「なぜ作ろうと思ったのさ?」
前から作りたかったんだけど、桜の前にどうしても作りたくて…。
司令官 「でも、風流だな。」

こちら本殿です
そして左のお方がここの巫女さん、ゆめさんです。あ、あの恰好は咲来流の正装です。
ゆめ 「ゆっくりしてってね、はんれい君!」
は~い!
で、自分の真下のがおみくじです。
右のはここの狛犬(移動します)零下です。
司令官 「大事なことだから何度も言うが、クリエイティブを一切使用しておりません」
野生のをなつかせましたからね。

お賽銭箱に奉納
司令官 「お賽銭は、金塊だけじゃなくて、食べ物でもいいとのこと」
ゆめ 「食費が賄えるからね~」
ゆめさん、それ言っちゃダメなやつです

おみくじ引いたら大吉だった!やった!
司令官 「‘マイブロ世界では‘いいことあるかもな。」
何、その言い方は???

今回は特別に本殿に入らせていただきました!
司令官 「中はがらんとしてるな。」
右のチェストにご神体が入ってますが、特別に見させていただきます。

司令官 「これは!」
そう、初神刀です。日記序盤を支えてくれた名刀として、祀られております。

というわけでここまでですね!
司令官 「あ、そういやここの神社の名前と担当はなんだ?」
えーっとですね・・・?
ゆめ 「あー、はいはい、ここは咲来神社、担当は全般です。縁結びから戦勝祈願、学業成就と様々です。」
ありがとうゆめさん!やっぱり巫女さんってすごいね!
ゆめ 「それほどじゃないよ~、おばあちゃんに叩き込まれたし。」
司令官 「なんか、お前のおばあちゃんの印象って武闘派なんだけど?」
ゆめ 「まあね。」
そろそろ尺がないからね、ここまで!ばいばい!

+第十二話 軽空母建造+出撃2回目
こんにちは!
目が痛い。主にパソコンから発せられるブルーライトで・・・。
さて、今回は出撃回ですね!
出撃だけといったな、(言ったか…?)あれは嘘だ。
今回、敵の船舶を鹵獲して、軽空母を建造しました!
今の資源では、軽空母が限界なのです…。
いつか、100ブロック級の船を作ってみたいですね!
では、本編!
いつものことだけど、見にくいかもしれません。ご注意ください、あとこまめに休憩を!今回40枚だからね!

始まりました第十二話!ここで中の人には最長と思われる編集時間がのしかかります!
司令官 「永く苦しい編集だった」
言うな。で?この機体は?
れん 「これは機体表には載ってない幻の戦闘爆撃機、イ型戦闘爆撃機 『天峰』(てんほう)だな。新しく、燃料や弾薬を入れる増槽が出来たのが特徴だ。」
というわけで燃料は?
れん 「最大でも、112スタック、もはや乙型なんか笑うな。」
でも燃料の生産が追い付きません、ご了承ください・・・。
じゃあ、出撃!

れん 「敵機!」
うお、これはこれはお堅いネザーアイ先輩ですね

れん 「無事撃墜したな。」
岩盤でできている・・・?

とりあえず、増槽にしまっちゃいましょう。
れん 「これがない戦闘には戻れないな…!」
本当に便利なんですこの増槽

左斜め下、敵艦!
れん 「敵…艦?おかしいな、ここのあたりは前の出撃で大分蹴散らしたはずなのに…。それに砲撃もない・・・?」

れん 「ただの残骸だったな。」
ああ、緊張した…。

敵艦?
れん 「発砲がないな・・・?残骸だろう、よし、この予想当たったら羊肉くれ!」
いいだろう、その賭け、受けて立つ!

れん 「ざーんがいでした~!さあ、帰還したら羊肉ちょうだいな!」
ぐぬぬ、ベテランのくせに・・・。
れん 「ベテランだから、できること。」

敵艦爆!
れん 「今日は心なしか対空戦闘が多いな…。」

無事撃墜。もはや慣れてきました…。
れん 「俺もぼーっとしててもよくなってきた。寝る。」
ええ?!

夜ですな…。なんだか残骸と相まっていつもよりもきれいに感じる・・・。
司令官 「そうだな。このワールドでもう何日過ごしただろう」
何日ですかね…。って司令官!?なぜここに
司令官 「れんが寝たから代わりとして瞬間移動してきた」
じ、地味にすごいな・・・。

司令官 「お、敵の対空砲火だな。実戦はボクも初めてだから興味深い・・・。」
そんなこと言ってる場合じゃない!
司令官 「恐らく飛んできた玉から推測して、10~20ブロックの中にいるだろう」
お、おう、それは感的なあれか?
司令官 「このピストン機体に乗って初めて爆撃と洋上攻撃を行った人の感。」

司令官 「おいはんれい、当たる。」
え、そんな唐突に言われましても?!

司令官 「当たったな。」
いやなんでそんな平然としていられるの?!痛くないの?!
司令官 「はんれいの霊の部分だから、どうということはない。」
れん 「痛たッ!っちょ、なになになに?!目覚ましには度が過ぎるぞこれ!」
司令官 「あ、れんが起きたから、じゃあの!」
シュン!
れん 「あれ?今司令官の声が聞こえたような…?」
きっときのせいですよー(棒)
れん 「ぼ、棒読み…。」

れん 「見えた!」
よし、

れん 「この機体はデカいからな、ある程度の被弾なら回避できる!」
じゃあ、怖いものなしですね!

敵機発見!
れん 「ったく、今日は敵も出てる機体が多い!」
まあ、落としますか。

とりあえず、撃墜!
れん 「敵機直下だ!爆弾を投下しろ!」
リロードリロード

投下!って待った?!
れん 「うん?どうした?」
もしかしてここって誘爆するのでは?
れん 「ああ・・・。仕方ない、念仏でもしとけ。」

れん 「・・・。」
あちゃー、機関系統が全滅な上に、増槽等々敵艦に落下・・・。どうします?
れん 「決めた。この船鹵獲して軽空母に改装しよう。」
駆逐艦ですよ?空母になんかできるわけが…。
れん 「忘れたか?ここはマイブロの世界だぞ?」
あっ!

落下!
れん 「機銃の矢の量がすごいな・・・。」

れん 「誘爆の可能性がある爆弾は撤去しよう。」
爆発したら最後ですもんね!

ブレイズにはこの世から退場してもらいましょ!
れん 「石炭とお命ください」

作業完了!これで完全に鹵獲完了しましたね!
れん 「じゃあ、改装していくか!」

材料取りに本土に戻ります
れん 「泳いで帰るのしんどいだろなあ…。」

偶然、前回の出撃でほおっておいた雷撃艇を発見!
れん 「上から飛んでくる矢には触れないのな」
慣れました慣れました~♪

れん 「この前撃破した艦の乗組員の生き残りか?」
脅威だから撃破

帰還しましたね。
れん 「ひっつじにくー、ひっつじにくー♪」
はいはいわかりましたよ…。

再び艦に戻る
おお、イカさん!いかすみください!
れん 「今夜の晩飯はイカのお刺身だな!」

軽空母が完成したので艦内紹介です!
れん 「ここは艦橋だな。主に指令とか出す場所だ。あとはんれいの寝室も含めている。」
上のは砲台です

これが低高度で飛んできた敵機を迎撃する砲台です。的中率は低いですが、弾幕を張って敵の進行を防ぎます
れん 「攻撃するのではない。防御するのだ。系の武器です」

こちら弾薬庫です。このチェスト群のために拠点にあった木材が消えました
れん 「まあ、使わない…?からな。」
明日の建築スぺシャルに支障が出そう

そしてここが本土との連絡口です。
れん 「本土まで最低でも100ブロックは離れているからな。」

んで、ここが飛行甲板です。滑走する必要がないので短く仕上がっています
れん 「ここまでで艦紹介はおしまいだ。」
個人的には、まあ、いいかな?みたいな感じです。これで空母攻略が速く進みそうです!
艦の名前は 「香翔」(こうしょう)です。

じゃあ、また行きますか。
れん 「発艦したな。」
あの、下で爆発が・・・?
れん 「ご近所さん(敵対空駆逐艦)の仕業だな。迷惑なご近所さんは処理しよう。」

まったく凶暴なご近所さんだ…。
れん 「まあ、あと数十秒後には処理されてるからぁ。辛抱辛抱。」

ってわけで投下!誘爆・・・しないよね?
高度的に問題ない・・・。はず・・・?

れん 「派手に誘爆したな。」
この爆ぜる瞬間が一番楽しい

れん 「はんれい、下に敵機だ!恐らく今撃破した駆逐艦の砲塔のやつだ!」
どんなのが来ようとも楽勝です!撃墜!

着艦しましたね!
れん 「ふう、いろんな意味で疲れた・・・。」
では、編集時間発表の時間です!
撮影も含めると、なんと!

6時間!

たぶん、今までで最長です。うん。
それではな!じゃあの!

+第十三話!準備会!
こんちゃあす!
昨日は更新できなくてすいませんでした!
自宅に帰るのと、材料が多いこと、パソコンが開けないので・・・。
というわけで、本来の十三話になるはずの回を2分割してお届けします!

さあ、始まりましたね!第十三話!
司令官 「あ、ちなみにこの連続投稿は木曜までだからな。そのあとは土日どっちか更新だ。」
春休み、思えばあっという間でした!今回は、建築をしまくります!

拠点にカムバック!
いや~久しぶりですわ~
司令官 「そういや、この犬の名前募集中です!コメント欄に思い付いた方は下さい!」

とりあえず、材料集めのために丸石を掘っていたらスポーン部屋に出くわしました!

司令官 「わかめぇ・・・。」
今夜のお味噌汁はわかめですね!

丸石製造機があったんだった・・・。
司令官 「何のために丸石を掘ったんだ・・・。」
必要犠牲です。うん。
司令官 「環境に悪いですねえ、はんれいさん」

ちっこいスライム×2!
司令官 「かわええなあ」
そうだね!
司令官 「と言いながら攻撃している…。」

司令官 「さっきから出待ちしていたネザーアイだな!」
匠先輩が前にいるぅ

無事倒して地上に戻ってきました!
司令官 「こちら、2代目めえすけです!」
前に謎の原因で逝っためえすけの二代目ですね・・・。

一回資材取りに香翔に戻りました!
司令官 「打ち上げられたいかだな。」
今日の晩御飯はいかめしですね!

司令官 「あー、この人は菊花さん、このおうちのお手伝いさんだ。っていうかれんの親戚」
菊花 「もぐもぐ、はんさん、食料のもぐもぐチェストもぐもぐ、整理もぐもぐしましたよ~」
この通りつまみ食いの域を超えたつまみ食いをします。食料が雇い始めてから三日で底を突きました

そして二代目めえすけがお亡くなりになりました・・・。
司令官 「一代目と言い、二代目も謎の逝き方したな・・・。」
明日、建物紹介です!というか、商業施設一軒を建てた感じです!
それでは!

+第14話 総合商業施設 輪 完成編。あの懐かしいはんれいファミリーが一人あらわれるぞい
(挨拶が思い浮かばねえぇ)
もう14まで行くと、思い浮かぶ挨拶がないです…。
というか、結構更新したな、この日記。
来年受験だから、今年中には終わらせたい・・・。と思っている中の人です!
それでは、本編!
(ここの日記って一日に来る数が異常(過去最高95人)だけどコメントの数も異常に少ないんだよなあ…。)
う、うしさん何してるの…?
司令官 「どうやらここにスポーンしたみたいだな…。そんなことってあるのか?」
まあ・・・?ここは非常識な世界だから・・・?

ここの商業施設は、「輪」と名付けました!
というわけでまずは東館(え、右が東だっけ…?)から紹介します!
ここは一階です!
司令官 「ここは銭湯だな。」

えっと、このレバーがシャワーです。で、ここが浴槽で、マグマで温める感じです。っていうか熱いか。で、左のが銭湯に入り浸ってる銭湯マニアの泥 沼男さんです。
司令官 「なんかとてつもなく入ってほしくない」
あ、右のが脱衣所ですが脱ぐ服もないのでね・・・。

ここは農業見本市です。販売はしていません。ここの種集めのために20分はかかりました。
司令官 「特に人参がな。すぐ出てよかった」

そしてここが2番目にかかった宿泊施設です。羊毛がなかなか出ませんでした…。
司令官 「2代目めえすけのほかにもいろいろな羊ががんばってくれたんだ…。感謝だよ…。」

そしてここは小さな診療所です。余った羊毛で作りました!ポーション作るやつは、艦爆落として手に入れたやつが豊富にあったので使いました!
司令官 「あ、でも言っときますが、ポーション使用禁止です。」

で、ここが東館と西館をつなぐ橋です。
司令官 「先客がいるな。」
エンダ―先輩 「お、はんれいじゃん!ゲーセン無いの?」
え?ここは和風をモットーにしておりますので、うん。あ、でもリクエストもらったら作るよ!

来ましたぜ、居酒屋翔鳳!
司令官 「うむ、ここがないとなんか嫌だ。」
前のモデルとは違って、今回は厨房を中央にしました!
時鳳 「配布ワールドで、会いましょうね~」

で、ここが一番時間がかかった図書館!!!要塞に本棚があるのをすっかり忘れていて、地道にコツコツがんばって牛を狩って作ったやつです。しかし、よく計算しなかったのか皮がまた余るという大失態…。
司令官 「薄暗い図書館、いいな。」

ここは雑貨屋 「スマイル」です。しかし、雑貨を用意する気力がありませんでした。うん。
司令官 「ここはあれだ、空きスペースになんとなく作っちゃったやつだ、うん。」

最後に、ここは中央広場です。自然を大事にしました。
今回はここまで。配布ワールドで遊んだら、できたらコメントください!



+第十五話 兵器開発[陸軍]
こんばんわあ
もう春休み終わっちゃうね・・・。
何かいいこととか思い出できました?
来年受験…。小学生に戻りたいよう・・・。うう・・・。
今回は別ワールドでクリエイティブです。レッツ兵器開発!
司令官 「まあ、タイトルもだが物騒なこの日記」
あ、現実で戦争はダメだからね。ゲームから出てはいけない。絶対に。
というかこの世界は初期リスポーン地点が遺跡なのか・・・。下普通に森林なのに・・・?

まず、爆発範囲から考えたうえでおそらく一番威力のある爆弾
司令官 「それじゃあ、爆発させてみるか!」

司令官 「どうなるか…?」
楽しみですな

うーん、地味・・・。
司令官 「どうやらこれは一斉着火系のやつだな。しかし、この時の中の人は次のアイデアに移っています」
おいおい何をやっている

適当に並べたスぺシャル!
司令官 「もはや投げやりである」

これは・・・。個人的にはいい!威力は別としていい!
司令官 「陸軍で使うか?」
爆弾が余っていたら使います!

じゃあ、次は大砲作り
司令官 「うん?たぶんこれじゃだめだぞ?」
まじかい

改良したら爆発しました・・・?え・・・?
司令官 「そのうちパンジャンみたいなのが生まれるかもな!」
あやつは歴史の産物です。れ、れっきとした兵器なんです!(必死)
司令官 「しかし兵器化しなかった模様」
ううう…。今回はここまで。

+第十六話 物語要素が4枚中2枚だよ!気を付けてね!
こんちゃす!
小説は書かないけど、物語は…っていうかストーリーを書く。
しかし長続きしない場合があります、ご注意ください。
さあ、連続投稿最終日だ!頑張った。はんれい君。というコメントください。よろしくお願いします。
現実世界では桜が満開なの?ここみたいに
司令官 「うん?ニュースで入ってるけど、静岡はまだまだかな。」
見てみたいなあ…。現実世界の桜・・・。
司令官 「お前はここだけの存在だからな…。なんか、すまない」
いいんだよ。別に。それにしても、きれいだね。
司令官 「ああ。今年はいい年になったらいいな。」
そうだね。
司令官 「よっしゃ!翔鳳にのみにいこいう!」
いいね、それ!

時鳳 「いらっしゃ・・・あ、はんれい君と司令官君!ゆっくりしていってね!」
司令官 「よかった、久々に来たからニートとか言われそうで怖かった」
だいじょうぶだ、それは周知の事実だ。
司令官 「それはそれでひどいよう・・・。」
時鳳 「あれ?そういやれんくんは?」
ああ、小隊長は香翔に乗って偵察に行ってる。
司令官 「あいつはあいつで、大変なんだよ。」
司令官 「そういえば、れんが元々は特攻隊員って知ってた?」
えぇ?!
司令官 「最近、もう使われていないはずのカゲロウとれん君が目撃されたらしい。」
時鳳 「まさか、また命令が下りたとか・・・。」
それは・・・。まさか・・・?
司令官 「指令能力は自分にある。そんな指令は出していない。」
そうだ、図書館に行って戦記を見てみよう

ここか。
「堺 練 戦争中期に入隊。総撃墜数72機。練習学校卒業後、航空隊に編入。その2年後、特攻隊に入隊。」
な、七十二機・・・。まじか
司令官 「おい、はんれい、敵空母が発見された。おそらく100ブロック先だということだ。」
しゅ、出撃ですか・・・。いきなり・・・。

じゃあ、行きますか!
次回、出撃

+第十七話 海軍ラストボス到達!ちょっと攻撃
おやすみってたのすい!
誰か連続投稿試しにやってみてくれないかなー…。苦しみを分かち合いたいのです。
あ、そういえば部活の顧問が変わりました。鬼畜部活になりました。更新週一が危ういですが、何とかします。不定期更新は許しません。たぶん見てる人そう思ってる。(自圧)
さて・・・。海軍ラストボスに到達しましたね・・・。なんか心象に浸っております。ですが・・・。攻略はだいぶ難しくなりそうです。予想では20話には終わってます。たぶん(強調)
あと一言。

コメントと支援絵下さい。なんでもするから(泣)

く、痛い!
れん 「さっき偵察に行ったが、おそらく下の艦は対空巡洋艦だ。気をつけろ!」
と言われましても回避ができない!

れん 「まったく、なんという弾幕だ…。」
ぐぬぬ、ただものじゃない・・・。

敵艦が見えました!
れん 「よし、敵艦が見えたら直下に甲板があると考えてもいいだろう。爆弾を投下するんだ!」

もはやこの作業にも慣れた!いつかマルチが追加されたら分隊飛行とか対戦してみたい!まあボクが勝つけど。
れん 「フラグ…。まあ、でも一回そういうのやってみたいな。」

吹き飛んだ!ちょっといつものより固かったけど問題ない!
れん 「いよいよ海軍ラストボスだな…。」
緊張…。

れん 「ちょうどいい!これを爆雷として使用しよう!」
これの先端に爆弾を付けて爆発させるのね、うっすらわかった
れん 「おう、お前も立派な爆撃手になったな!」
そりゃまあ、プロですから

こうして・・・。爆破!・・・。したら意外と地味だったのでカットしました。
ではまた、次回!
支援絵書いてくれないんでしょ…。どうせ・・・。コメントもくれないし・・・。ボク拗ねたぞー・・・。


+第18話・・・!祝海軍攻略完了!あ、夜戦だよ?画質悪いし船に乗り込んでるけど許して。
来ましたね。この瞬間が。

海軍ラストボス攻略!

今思えばここにたどり着くまでに18話もかかっているのか…。長かった・・・。しかも攻略方法邪道だなと思えてしまう。
しかしだ。まだ陸軍ラストボスと最終ラストボスが待ち構えておるからな。安心できぬ。
では、本編へ!
司令官 「空中からの攻略は無理と見た。これじゃあ一生が終わる。というわけで乗り込むぞ。」
ええ?!じゃ、邪道すぎやしませんかねえ…。
司令官 「作戦だ作戦!気にするな。」
ど、どういう作戦…?
司令官 「ああ、まず乗り込んで、敵の機体発艦部分を破壊、それから艦橋に行って、制圧。どうだ?簡単だろう?」
やっぱりなんか邪道なんだよなあ…。
司令官 「世の中には空挺団というものがあるのだぞ?」
それとこれとは別です。まったく・・・。
ちなみに中の人はこうなることを想定していませんでした。うん。

早速敵機がきましたね・・・。
司令官 「そりゃ、敵のど真ん中だからな。」
ちょうど剣の持ち合わせがあってよかった・・・。
れん 「ふう、これでカゲロウで突っ込むこともなくなったな…。安心だ。」
え?!やっぱりそういうことを思っていたんですか?!まったく。僕たちの星なんですから。そう簡単に逝かれては困りますよ。
れん 「すまない・・・。」
司令官 「真に受けるな。後、命令には従うこと。いいな?」
れん 「了解。」

司令官 「今視認できるのはせいぜい10機以下か。」
この鉄剣の戦果の一部にして差し上げよう。

司令官 「これだな。」
とりあえず破壊破壊!
れん 「四字熟語 破壊破壊」
司令官 「物騒な四字熟語だなぁ、おい」
この世界には合う四字熟語でしょう?

凄まじい数の機体・・・。これが一斉に襲い掛かってきたらと考えると身の毛もよだつ。
司令官 「な?空中戦闘でこんな数のに渡り合っていたら、絶対撃墜されていたぞ?」
練度には自信があるから。
れん 「俺が鍛え上げたはんれいだ。なめたらいけないぞ。」

もう一つあった発艦装置!壊しとこう。
れん 「解体しとこう。」
いやー、これで敵機体がウハウハですな。嬉しい限りです。

司令官 「どうやらこういう仕組みらしいな。スケルトンが感圧版を踏んで、それで生まれた動力で発艦させると。」
単純ですな。モンスターが考えるようなことです。
れん 「そんなこと言ってたけど前にhp1まで追い込まれたよな?」
う・・・。で、でも昔の自分とは違いますから!

とりあえず敵機たちは仕舞っときましょう。インベントリを圧迫するだけですし。
れん 「ここは将来何にするつもりだ?」
うーん、海を抑えるのは香翔だけで足りてますから、ここは何かの施設に改修しましょう

ねえねえ司令官、あそこにご褒美的なチェストがあるんだけど?
司令官 「開けてみな。」

これはうれしい内容。
れん 「これで今シリーズ爆弾に困ることはないな。」
お?これは30話とかで終わりそうですな。

とりあえずここら辺から装甲やぶって上がりますか・・・。
司令官 「適当なのね・・・。」
適当こそ真っ当です。たぶん。

司令官 「お、甲板上に出たようだな。」
ちょうどいい位置に出れてよかった。じゃあ、やりますか。

順調順調♪
司令官 「四字jy(ry」
れん 「この日記は四字熟語を生み出す日記ですか?」
いいえ。戦争する日記です。

これ敵機的なあれだ。たぶん。
司令官 「せっかくだし、装甲の効化も含めて爆破させますか!」

分かりにくいけど右上の爆弾に着火して、今爆発寸前です。
れん 「さあ、どうなる?!」

え?!ちょ、とんできた?!
司令官 「リアルで焦った中の人。爆発してもダメージは逝かない程度なのに。」
最近戦争ゲームやりすぎてるせいだね!

というわけで制圧!
海軍が終わったので、次回からは陸軍攻略を進めていきます。
普通さん、支援絵ありがとう!
では!

+第十九話 ハードコアサバイバルになりましたはい詰んだ。
皆の衆。大事な話がある。
この日記がついにハードコアサバイバルになったぞ!(悲観)
まあ、自分の陸戦スキルが低いというのもありますが…。
あ、後継ぎシリーズをやらないといったな、あれは嘘だ。
現在企画進行中!お楽しみに!あ、この日記は25話以内に終わる予定です。ゴールが近い!
では、本編へ!

陸戦勢、待ったか?というわけで今回から陸戦開始だ。え?なぜ豚に乗ってるのかだって?

これは戦車です。

司令官 「あ、サドルは大人の都合だ。許せ。というか・・・?せんsy」

これは戦車です(迫真)

司令官 「お、おう。」
早速砲撃が開始してますね!では逝きましょう!
司令官 「字がおかしいぞはんれいさん」
気にしないで司令官

戦車が二階級特進しました。君の存在は忘れない・・・。(戦えない豚はただの焼き豚ァ)
司令官 「なーんか聞こえたぞ?」
気のせい気のせい

もういい歩兵だ!戦車など使ってられん!
司令官 「もはや大戦末期の日本兵の面影すら感じる」
大和魂を見せてやる!

とりあえず榴弾をぽーい♪
司令官 「わかりにくいと思うが、今敵の弾薬に火が付いた。」

おお、きれいに爆ぜた。
司令官 「しかしまだ敵の砲手が残っている!気をつけろ!」

まあ、処理しまして今は戦車に乗っています。
司令官 「戦車(生物)」
大丈夫、昔は騎馬隊で戦ってた国もあったんだから。
司令官 「ならばせめてその馬を使おう?」
運営、頼んだぞ。
運営 「zzz」

戦車があ

司令官 「爆発に巻き込まれてしまったようだな。というかお前の体力も大分やばいぞ。」
これはいつかの蜘蛛に襲われた時以来ですな
そしてお分かりただけただろうか?
経験値が減っております。
というわけで今からハードコアサバイバルです。
司令官 「さらっとすごいこと言ったな。」

司令官 「ここは市街地で戦いにくいな。」
うん。特にこんなところに沸いてる敵機は厄介。
司令官 「さくっと倒しますか!」

榴弾よ、とんでけ~
司令官 「しっかし、戦車だからな、モンスターが盾となって弾薬に引火しないことがある。気をつけろ。」

偶然鶏が発生。そして飛んでくる100㎜砲。
司令官 「陸戦の怖いところは、海上戦とは違って脱出ができないからな。あ、この知識はマイブロ世界だけだぞ。現実だとパラシュート脱出しても海だったら生還が難しくなる。」
うう、先輩方も海に散って行ったのか・・・。

いったいなぁ、まったく。
司令官 「100mm喰らっても生きてるのはこの世界だけだろ。」
感謝感激マイブロ世界ですね!

倒した後に道を直していけるようにするのももはや日課。
司令官 「土木も戦場の基本だぞ?」

建物が燃えるぅ!
司令官 「鶏がなんか虚しい。」
何もできずに焼かれるのってどんな気持ちなのだろう…。

司令官 「倒壊した建物が邪魔だから撤去して進もう。」
いろいろ戦場は感じさせるものがありますね・・・。

榴弾連続発射!
司令官 「はんれい!足元!」
フアッ?!

なーんだ?あの爆弾…?不発弾?
司令官 「戦場はカオスだな。マイブロ限定。」

当たり判定がない…?そしてなんだこの中途半端なドア・・・。
司令官 「爆発のバグの一種かね?わからぬ」

謎だ。本当に謎だ。
司令官 「中途半端ですな。」
ですとも。

司令官 「す、すさまじい爆発だな。」
これ、いつもの戦車と絶対違う。何かが違う。

おー、ふしちょーですね!
司令官 「ダメージ音がいちいちでかくていやな敵です。」
なんかⅤ1を彷彿とさせる・・・。コール・オブ・ウォー1942でお世話になってます…。
司令官 「というか右の戦車は砲塔が多いな。」

まーた混沌区域。
司令官 「戦場はカオスがいっぱいだな!」

なんだこの村人みたいなのは。
司令官 「そこは門的なのをイメージして作ったやつだ。こっから戦車しかいないぞ。」
わくわく

この経験値の量である。
司令官 「あ、はんれいのそばにいる球はなぜか不発弾でした。なーんでじゃろ。」
まあ、今日一日を生きられたことに乾杯です。

ふ、不発弾だらけや…。
司令官 「節子、それ爆弾ちゃう、はりぼてや。」
おー?偽装戦車かな?

なんだこのゴジ〇みたいなの。
司令官 「それは中の人もなぜ作ったのかわからない、謎の物体ですな。」
なぜ作った?

喉元ががら空きだよゴジルァ戦車。
では、ここまで!


+最終話。今までありがとう!
えー、次の駅は最終話~最終話でございます~
ついに来たな。完結まで来たの何気に初めてなのでは?
いやぁ、たくさんの方々に支えられて、今がありますからね。!
ありがとうございました!最後にニ期についてお話があります!
では、本編!
ラストボス攻めるには航空機使おうかなあ…。
司令官 「まあ、これが別の行動に移るわけだが。」

司令官 「このワールドで見る最後の日の出…。ここのワールドのみんなとはお別れなんだ…。」
え・・・。そんな
司令官 「またいつか、帰ってこよう。」

何か落ちたけど助かった
司令官 「落下中の砂ブロックの上に乗ったらダメージがなかった…。なぜ?」
まあ、奇跡奇跡。
司令官 「よじjy」
やめようか。
司令官 「はい。」

帰還!
司令官 「攻略再開!」

半ドアを盾に!
司令官 「謎だらけのワールドだったな。」
正確にはバグだらけですね、わかります。

おっおっおっ、体力が減ってる
司令官 「頑張れはんれい、この回が終わったらお前の待ちわびている第二期に入れるんだから!」
いや、待ちわびてはないよ?

とりあえずさっきの戦車に向けて偏差射撃。
司令官 「いつの間に偏差射撃なんて覚えたんだ?」
れんさんに教えてもらったのだ。あと独学

爆ぜた爆ぜた。
司令官 「よしよし、順調。」

司令官 「いつのまにかボスだな。これは要塞メイウンだな。」
よ、要塞。どうりで弾の数が多いわけで。

盾つくって~

連続偏差射撃!
司令官 「しかしぜんぶはz」
余分なことは言わなくていいの。
司令官 「はい・・・。」

無駄だったから装甲壊します。
司令官 「卑怯極まりないな…。」

いっけぇ!
司令官 「これで陸軍攻略か?!」

ただのkakasiですな。
司令官 「だろうな。」
さて、本題のラスボス攻略しますか・・・。

航空戦しようと思ったけどパス。陸から地道に橋架けていきます。
司令官 「これが怠慢人の鏡だ、良い子のみんな、悪い子のみんな、両方ともこんな人にならないようにしような!」
ふっ、ぐうたらは正義なのだよ。わかるかね?
司令官 「あっはっは~シベリア送りにしてやろうか?」
あ、ちょ、待って

ひどい目にあった
司令官 「もはや土まで使う始末」
最終決戦(物量的に)

司令官 「これだな。また卑怯な手を使うのか?」
なぜばれた
司令官 「その鉄剣から出てる怠慢とずるがしこさが物語っております」
う・・・。

鉄剣じゃ無理だったから30㎜で何とかした
司令官 「じゃ、やりますか。」
そうですね!

司令官 「ついた!逃げるぞ!」
おらわくわくしてきたぞ
司令官 「消されかけるからやめなさい」
お?!ってのわっ?!
司令官 「ものすごい爆風だ?!飛ばされるっ!」
あっつう、体一面カルビになってまう…。
司令官 「その冗談笑えないぞーあっつい」
しばらくして

司令官 「僕たちの、1話から始まった長い長い戦いが終わったな…。」
これでもうこのワールドにはモンスター軍の脅威は?
司令官 「無くなった。やったな。ハイタッチ」
ハイタッチ♪
ぱん!
司令官 「実はひとつ話があるんだが・・・。」
うん?
司令官 「それがな、ここにしばらくいることになった」
え・・・?え?えぇ?!what?!why?!
司令官 「『上』からの命令だよ。」
そ、そんなあ・・・。(いなくなって大して困らないけど)
司令官 「聞こえてるぞー、地味に傷ついたぞー。」
ごめんて。じゃあ、もうここでお別れなのか。
司令官 「今までいろいろ、ありがとな。地味にさびしいぞ、泣きそうだぞ!くぅ・・・!」
これたら…、これたらでいいから、次のワールドに来てね?
司令官 「ああ、約束だ。」
じゃあ・・・。ばいばい!
司令官 「さらばだ、はんれい。」


この過酷な世界でリスポーン一回のみの、国造り戦争サバイバル おしまい
協力してくださった方々

マーク

あーちゃん

箱氏

タッキーさん

つばめさん

普通さん

ラオスさん(次シリーズで剣は採用するよ!)

あと見てくださった方々

リアルの友人たち

ありがとうございました!


では、お約束の第二期のお話。
次のシリーズの題名は、
「浮島で暮らす戦闘発展ハードコアサバイバル」
内容は、
  • 浮島で暮らす
  • ワールドから浮島が100ブロックほど離れているので、ワールドに上陸
  • ワールドには敵がいっぱい
  • ワールドを敵のいない平和な土地にし、さらに発展させる
  • 最終的にラストボス エンペラー要塞を攻略
  • 来たるハードコア
  • エンチャント禁止 (ラオスソードは例外)
  • ポーション使用可(ただし強化は禁止)
以上!
では、お楽しみに!ありがとうございました!

+禁断の兵器 なことっちのアイデアを参考に作ってみました
コメント欄にて、
アメリカ軍…って事は核兵器が落とされるのだろうか…(wkwk)核兵器わくわく -- ナコト写本 (2017-05-18 19:47:37)
      • これは作らなければ!と思い、作った爆弾が予想以上の破壊力だったためご紹介します
なことっちアイデアありがとう!
ここが投下される前の地形です。
まず、最小の威力で行きましょう

こちらが中身です
編集するのが面倒になったので本編にてその威力はお楽しみください。


+重砲。あとたくさん爆薬使うとバンカーバスター。
TNTキャノン?機銃?ふっ、坊やたち、そんなのはおもちゃにしか過ぎないぜ・・・。
今回の重砲は確実に20ブロックは飛ぶぜ。
威力?ふっ、なめてかかっちゃ困るねえ、安心しやがれ。最大火力はバンカーバスター並みだよ。
時代は重砲だ!ソルジャーども!
うーん何がしたいんだ自分
というわけで今回は重砲です。
配布ワールドのジェットコースターから発案しました。
では、どうぞ。

こちらが目標です。
縦20ブロック、横7ブロックの大きさです。

っというわけでこれが重砲
個人的には(流星)と呼称しています。
性能は、飛距離23ブロック、砲弾はTNTトロッコです。

まずここに弾を置きます。

押します。

バグです。うんなんだこの爆発祭り

んで、本来の爆発がこちらになります。
ちなみにこれは一個分です。
では、次に64個でやってみましょう。

手順は同じなので省略。
推測ですが、爆発したトロッコが別のトロッコを押す→トロッコ押される→爆発→押すを繰り返して進んでいきます。
30個ほどがよいかと。

とまあ、このように目標すら貫通してしまいます。
よかったら、使ってみてくださいね~

+war craft
+ep.1
北東にある国、カタリナ。
今この国には、人がいない
なぜなら、10年前、正体不明の軍隊がうきしまを除くすべての領土を占領してしまったからである。
そして、永夜が起きた。
何か国もの軍隊が挑んだものの、多大な犠牲を払って撤退するしかなかった。
そんな中、白橙国が名乗りを上げたのである。
送ったのは、たった一人の兵士であった。
たまたま暇だった兵士であった。
ナメプしてるとしか思えない。
今、その兵士と無限の敵たちのの戦いが始まる・・・うんなんだこれ

画面がひたすら暗いです。ご注意ください
到着!
というわけで始まりました。うきしま戦争。
うん、字ずらだけ見ると和やか
目標は、本土にあるすべての占領判定装置を占領にすることです。
だから、まず燃料作らないといけないんですけどね。
したのが占領判定装置です。
ランプが光ってると、こっちの占領状態になります。
占領判定装置の周りをモンスターが入れないようにしてはいけません。

こちらラオ剣です。
化け物ですね。
でもノックバックと火焔は入れませんでした。だって敵が勝手に倒れちゃうからね。

まず木こり。
この島は資源が豊富なので楽しみですね

で、木材で簡易的に囲いました。

ナン食べてたら蜘蛛に攻撃されていました。
アースジェット!

つおい

で、ここが兵器工場です。
右のがここのボスです。
火炎弾と、スノーゴーレム生産工場です。

生産効率は、気にしない

んで、火打石生産機になるはずだったものです。
火打石は矢とか槍とかに必要ですからね。

とれた。

これはシフト押したままで、左クリックして、でシフト離すと取れます。

カボチャも掘り掘り


で、雪玉を固めます。

ゾンビも二発で倒せる最強剣

最後に、天峰です。
よろしく!

+ep.2
最初に
すいません!
土曜更新目指していたんですが、昨日大会でして…。
疲れて寝ていたらいつの間にか時間すぎてました…。
質を高くした・・・はずですから、お楽しみに!
おそらく次回かその次に戦闘

ふいー、今日もハードコアだ!
? 「そうだね!いったい君はいつボクを使いこなせるようになるのだろう?」
え?!な、なになに?!いやここは自分しかいないはずなのに?!
? 「ここだよ。君のインベントリの一番左。」
え・・・?これってラオ剣…?だけど・・・?
涼 「僕はこの剣の精霊というか怨霊の涼だよ!よろしくね。」
うんうっすら怨霊ってきこえt
涼 「さあ、そんなことはどうでもいいから今日はブランチマイニングするのでしょう?早くしよう!」
お、おう

涼 「さて、この島特有の地層、砂の層が出てきたね!この島は資源が豊富だからいったいどんな資源が出てくるのか楽しみだね!」
あんましこの島について教えてもらってないんだよなあ

おっと砂利が出てきたぞ
涼 「砂利は火打石に使うから重宝するな」

な、なんじゃこりゃあ!!!
涼 「いったじゃろう?ここは資源豊富だと?」
あと地味に左下に水とゾンビがいる

な、なんじゃこ(殴

涼 「同じ言葉は二度と使わない、良いか?」
でもこんなにたくさん石炭が・・・!
涼 「どっかの北コリアと同じじゃろ?燃料生産の時に重宝するぞ。」
でもなぜこんなに資源があるのに敗戦したのだろう?
涼 「掘り出す間もなく人が全滅したのじゃろう。この国に住んでいた人々はすべて土に帰ってしまったからな。」
えぇ・・・。
涼 「残酷だが事実じゃ。これが戦というものよ…。何も生まんのじゃ、犠牲が出るだけでのう…。」
かなしみ

涼 「のう、はんれい?」
なあに?
涼 「矢、飛んできているぞ?」
ふぁっ?!
ぐしゃ
なっっぜそれを早く言わなかった!
涼 「兵士だからてっきりよけるかと・・・?」
人…?だから!!!

涼 「わしの出番の様じゃな。」
よくも狙撃しやがって!おりゃあ!!
涼 「すまんな」

圧倒的取得アイテム量
涼 「切る間にモノやいろいろをとっておいておるのじゃ。感謝せい。」
あの・・・?どうやって獲ってるのさ
涼 「決まっておる、念力じゃよ。マイブロの世界に常識は通用しないからの。」
マイブロの常識は世界二いぃ
涼 「自信がないからと言ってやめなさい。」

しばらくたって

資源がたくさんだあ!!!
涼 「もう嬉しくてたまらん、という顔をしておるの。」
だってレッドストーンと金は兵器に使えるからあるだけとっておきたいんだよ!うれしい!

涼 「デブリのダイヤですね。」
もうこのワールドではブロックくらいにしか使い道がないからね。仕方ないね。

見てくれてありがとう!
次回に続く


+ep.3
どうもぉ~毎度おなじみ戦争日記だぞ~
さて、今回は上陸作戦だ。待たせたな。
さて、今回は戦闘開始に合わせて白橙の英雄が現れるらしい…が…?

何このモンスター率。爆弾魔と生ける屍がいる
涼 「なおこの後この世界からきっちりログアウトした模様」
敵じゃから、仕方あらへん

やばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばい

涼 「急になんじゃ?!別にゾンビなんか…?だあ?!」
占領されてるんだよっ!!!
涼 「戦犯ものじゃぞ・・・。おい・・・。」

を、安心して制圧。焦りました。なにしろ1パート以内にこの世界にある占領装置全部敵に占領されたらゲームオーバーですから。
涼 「さらっとすごいこと言ったな。」
で、上のが燃料作るための丸石生成器です。片方壊してる間にもう片方が作られるのでたぶん効率がいいです

30mm製作。これで少しは安心できるかな?
涼 「まだまだじゃな。前章はたくさん弾薬をほかの国からもらったものの、今回は自力じゃから、やりくりが大変じゃよ。」
安定生産を目指す

卵が火炎弾生産機から大量にとれるので、我々の主食は今日から目玉焼きになりました。
涼 「ちなみに中の人は半熟で塩コショウが好きだそうじゃ。皆はどれくらいの具合で何をかけるのかの?」
生まれてこの方塩コショウと醤油でしか食べたことがない

涼 「出撃じゃな。」
はい。というわけで今回の戦闘具はこちらです。ボタン燃料は三十三個生産しました。

そうそうそうこの感覚だよ!きもちいー
涼 「ほう、これが飛行機というものか…案外悪くないものじゃ」
まあ戦闘始まったらこんなにゆっくりできないけどね

で、現実時間3分?飛んだあと
ザ、ザザ、ザー
?!、なんだこのノイズ
? 「そちらはんれい機でよろしいだろうか?」
は、はい・・・うん・・・?この声って
指揮官 「こちらカタリナ方面司令部、指揮官だ。よろしく」
お前・・・どの面下げてきた・・・?
指揮官 「私には何の事だかよくわからないが、まあ作戦に集中したまえ。」
なんでこのカタリナ方面の指揮をしている・・・?またあの過ちを繰り返すつもりか…?
指揮官 「あくまで作戦行動をしただけだ、嫌われる覚えはない」
お前の指揮には従わない。無線を切る。
涼 「おい、閲覧者が置いてけぼり喰らってるぞ」
そんなことより本土が見えましたね、上陸しましょう
涼 「・・・?」

第一の敵はゾンビでしたが、無事制圧。極めて順調
涼 「ほう、これが本土か・・・?モンスターブロックがあるが、これはもしや」
まあ、完全制圧されてますね…。

涼 「ここは一応制圧した。っと、左から砲弾か来ておるぞ」
おいおいおいそれを早く言ってくれと何度・・・

だあっ!!!
涼 「まあ、直撃しなかっただけでも良かったと思え。恐らく敵は艦船じゃろう。艦種はわからんが」
事前情報によると対空戦艦らしいけど・・・?

体力がやばいので一時撤退。一回浮島に戻って形勢を立て直します
涼 「のう、その指揮官とは何があったんじゃ?」
      • ああ、昔、まだ自分が前のスキンだったころの話だ…。

特別回‘前編’に続く


+4 特別回 島の悪夢 前編
さて・・・、今回ははんれいが指揮官に対して敵意を持つようになった原因のお話です。
大量破壊兵器が出ます、ただし後編。茶番多いよ。というか茶番

まだ僕が昔の姿だったころ
僕たちはドーラ内戦という戦争に参加していたんだ
確か、その日は揚陸艦に乗ってた
たくさんの新兵たちとともに「あの島」に乗り込む予定だったと思う
兵士 「ついにこの戦争も終わりだな…。」
はんれい 「NKT 長く苦しい戦いだった」
指揮官 「そろそろ島に到着だ。必ず勝て」
そのころの指揮官とはまだ面識があったよ。まだ今みたいに恨めしくは思ってなかった

兵士 「そろそろ行くか!」
兵士(別の) 「くぅ、指揮官はいいよな…。だって本土で指令だぜ?」
はんれい 「まあまあ、指揮してくれてるだけありがたいと思わなきゃ」
で、分隊長だったから兵士たちに戦闘命令を出した

分隊員 「突撃ぃぃ」
夜はモンスターが沸くから、という理由で朝から始まったこの戦いは、ドーラ内戦でもっともはげしい戦いになった

兵士 「なんて敵の数だ!流石決戦」
指揮官 「怯むな、進め」
どっかのソビエトかっ!!!
あの戦いでは、練度の高い敵の兵士たちがまだ未熟な新米たちを食っていった
そもそも、新人たちを出すのがおかしかったと思う
優秀な兵員は失うのが怖いからか、内地で待機していたんだ

そのせいか、あの丘で拮抗状態になってた
ただ、瞬間移動で飛んでくるタイプの敵兵もいたからか、いつの間にか戦線が下がっていった
はんれい 「くっ!なんだこの兵士!今まであたったどんな兵士よりも強い!」
分隊員 「衛生兵!えーせーへー!!!」

戦いはこの丘で優勢だったり劣勢になったりした
しかし、こっちの兵員が確実に減らされていた
分隊員 「隊長!第一分隊、第五分隊が全滅しました!」
はんれい 「やはり新兵だけではここはどうにでもできん!増援を呼べ!」
分隊長 「それが・・・、指揮はそれを拒否しています」
はんれい 「・・・?!なぜだ!」
分隊員 「そちらに行ける兵員がないと」
はんれい 「嘘だ!内地にはまだ兵員がたくさんいる」
指揮官は、この時点でもう俺らを見捨てていたんだ

分隊員 「どうします?!」
はんれい 「いいところに機関砲が!これを使うぞ」
分隊員 「すでに装填済みです!撃ちます!」

はんれい 「うりゃあああ!!!」
分隊員 「倒しても倒してもわいてくる…!なんなんだ!」
はんれい 「とりあえず撃つぞ!てぇっー」
分隊員 「だあっ!!!」
はんれい 「く、おのれぇ分隊員をやりやがって!!!」

で、300発くらい撃ったころ、機関が故障した
はんれい 「しゃーない!帰還を直すか・・・。味方はどれだけ残っているんだ・・・?」

それで、修理し終わった時、ついに夜が来てしまった

続く


+ep.5 島の悪夢 後編
さあてここでネタばらしの時間だぁ!
この前後編ができた理由
この前の三連休
土曜 ep.3編集終わった~パソコンとーじよ → 閉じてから → 実家に配布ワールド送り忘れた・・・!!!でももう使えないし…。よし!じゃあ没案の三行で終わるはずだった指揮官とのやつを使おう!時間もたっぷりあるから大量破壊兵器のシーンも作れる!

すまん・・・。


いやね、自分でもつまんねえなあとは思ったんじゃが・・・。ねぇ?
というわけでep.5、はじまります

日の入りから3時間
はんれい 「おらぁ!!!」
本来は夜戦は戦うはずがなかったのに、戦うことになった。
指揮官はこう通告したんだ
「一兵になっても戦え 撤退は許可しない」
すでにもう味方の4分の3は消滅したというのに、今度は玉砕しろという
現場指揮 「ふざけんな!!!もう・・・。こっちは残りわずかな戦力しかないんだぞ…。」
隊員 「しかたない・・・。こうなったら突撃しますか・・・。」
で、今に至る

はんれい 「おお!支援砲撃だ!ありがたい」

しかし、やはり機銃まで後退してしまった
はんれい 「撃つぞ!」
しかし、戦闘から半日を超えてきたからか、
はんれい 「く、弾切れか・・・。」
もはや弾薬やほかの兵の食料も少ない・・・。
はんれい 「次で最後か…。」
その時だった

分隊員 「敵!突撃してきます!うわあぁあ!」
はんれい 「ぐわあぁ!」

これで、丘にいた兵士は全滅してしまった
しかし、突撃指令は撤回されなかった

はんれい 「残りの戦力はこれだけか」
そして、現場指揮の決定で夜明けに突撃することが決定した。

はんれい 「戦況は」
分隊員 「先に突撃した現場指揮の分隊は全滅しました。残り戦力はわが隊含め現在人数は3人、島内に取り残された兵士も数人いると思われます。さらに山の中の要塞には民間人も数十人確認。状況は芳しくありません。」
はんれい 「\(^0^)/」
そして黄昏の時
突如ピストンエンジンの音がした
はんれい 「救援か?!」
と、山のほうで爆発音がしたと思うと、空気を裂くような音がし、直後、頭上でぐぼんという異常な爆音がした

分隊員 「たっ!たたたいty・・・。」

大量破壊兵器がおとされた時の記憶はこれだけだ。













目覚めると、そこは艦内の病棟だった
はんれい 「・・・?」
医師 「お、起きたか・・・。生き残り・・・?」
はんれい 「はっ!外は」


あ、あぁ・・・。
その後聞いた話によると。
現場から全滅の報を聞き、まだ試験段階だった大量破壊兵器を使用したとのこと
しかし、全滅の報などは我々は一切打っていなかった。
そして、最終決定は指揮官が務めた。
やつはこのことを知っていたのだろう、後日、会った時には
「ああ、生き残りおめでとう」
と。
きっと兵の命などどうでもいいのだろう。なぜなら『勝てれば』いいのだから











+ep.6 対空戦艦戦
茶番を乗り越え本編だ!
さて、すまんな、待たせてしまって
さて、話は変わりますが今日友達の大会に行ったんですよ!
でまぁ、アップしてる時に話をしておりまして
中の人 「昨日何時に寝た?」
友達 「九時半くらい?」
中の人 「早い?!」
友達 「逆に聞くけど、いつ寝たのさ」
中の人 「12時」
友達 「・・・?!おいおい、出ないからってさすがに遅く寝すぎじゃん・・・。何してた?」
中の人 「晩御飯食べて、お風呂洗って沸かしたところまでは覚えてる。で、風呂から出るとそこは12時でした」
友達 「うん?今なんて?異世界的な乗りで言ってるけど」
中の人 「だから、晩御飯食べてお風呂沸かして入ろうとしたところまでは覚えてるんだけど、出るまでの記憶がないのさ」
友達 「ねえ、一酸化炭素中毒って知ってる?習ったよね?」
中の人 「うん」
友達 「お風呂で寝ると危ないって知ってる?」
中の人 「うん」
友達 「何時にお風呂入ったの?」
中の人 「たぶん十時」

え、お前2時間お風呂の中で寝てたの?!

中の人 「たぶん」
友達 「えぇー・・・?!」
お風呂ではねないようにしようね!
ハーゲンダッツを後輩が持ってきたのにそれが食べられず拗ね気味の日記、始まります

というわけでこれが上陸地に送った第一次輸送物資です。スノーゴーレムはレーダー替わりなんで重宝重宝
涼 「対空戦のとき便利だな」
エンドラ戦でも使おうかなと
涼 「あとなんかゴミ箱として使われているんだが」
気のせい

一回帰還。別の機体に乗り換えます
涼 「・・・?」

涼 「これは・・・?」
さて、今回は天峰は天峰だけど夜間飛行型にジョブチェンジしたものです
涼 「増槽が亡くなったのが痛いのう」
まあ、そこはコラダメコラダメ

出撃と思ったら空襲
涼 「どうする?!」
りょうたんちょっと力貸して
涼 「きっ、気安く呼ぶな///ええい!貸してやるっ!」

りょうたんつおいね
涼 「あんまり疲れるから使いたくないんじゃ…。血でぬれるし」
りょうたんぬれるとかっていう概念あるのね
涼 「りょうたんやめて・・・なんだかぞわっとするのじゃ」
いやです

でー、まあいつものごとく奈落を超えまして機銃の攻撃を受けました。ハイ。
涼 「どうする?」
前だったら無闇に爆弾おとせたんだけど…。敵影確認するまで待機。

そして機銃の次には対空砲火です。そしてお気づきだろうか
涼 「なんじゃ?」
りょうたん前の日記見た?
涼 「りょうたんいうな!あ、み、見たが?」
あれと対空砲火の数を比べるとこの艦艇の強さがわかる
涼 「若干多いし飛んでくる間隔もはやい・・・。飛ばし方も上手だ。」
やはりあの戦場よりも敵は数倍強い・・・。

涼 「はんれいっ!!!」
駄目だこれ。一時撤退

敵影発見!ではせっかくなので艦艇はどうやったら撃破判定になるかを解説します。
とりあえず、船底に穴が開いたらいいです。致命傷になったと捉えます
涼 「そして対空砲火の数がすごい」
しかも一つの区域に二つ以上の対空砲火が来るのできつい・・・。りょうたん助けて
涼 「りょうたんよぶからやじゃ!」
いや、まて!ここに投下しよう!
涼 「良いのか?!失敗したら命はないぞ?!」
構わないです。その時はその時

投下!



で、成功して今に至る
涼 「普通の天峰に乗り換えたな。装甲も第一、第二が破壊されたな。第三も小破している。火薬庫もむき出しだ!あの時落とした甲斐があった!」
これで仕留める…。では、30mmを火薬庫に撃ちましょう。

誘爆!これは大ダメージ間違いなし
涼 「爆発範囲が近い!はんれい!よけろ」
お、遅いよりょうty

片方のエンジンが壊れてもうた…。でも・・・?

撃破!

涼 「やったな。爆発反応装甲が対応してくれなくてよかったのう!」
はんれい&涼の進撃は続く









+更新できない週のための保険の機体紹介。
ここでは、更新ができない週に、3機機体を紹介していきます。
あ、ちなみにこれ全部うごくので、よかったら作って動かしてみてください♪

特攻機 カゲロウ

今の戦争の前に行っていた戦争で、追い詰められた旧響緑国が製造した特攻機。
対地、対艦に特化したつくりになっている。しかし、特攻機のため、片方にしかエンジンがついておらず、帰還はもはや不可能。
名前の意味は、カゲロウのごとく儚く散る命になぞらえてつけられた。
武装
TNT爆弾 1
スタック数
18スタック

特攻機 散花

カゲロウと同じく特攻機。これは空襲に来る敵機を体当たりで落とすための有人ミサイルで、対空に特化している。
片道分のエンジンで、帰還はできない
名前の意味は、散った花はもう元には戻らない、その散った花を乗組員の命になぞらえたもの。
武装
対空TNT 1
スタック数
18

甲型戦闘機

今の戦争の初期、しかもごく数週間に使われた旧型機。
前の戦争では大きな戦果を出すも、この戦争では旧式化した。
機動力は素晴らしく、上昇、下降ができる。(いつか説明します)
しかし、スピードが段違いに遅く、現在の機体には歯が立たない。
存在でいう、おばあちゃん
燃料がいらない。素晴らしいね!
武装
7.7mm(弓矢)64発
上昇、下降用木材ブロック
スタック数
3スタック

乙型戦闘爆撃機

ピストンエンジンシリーズ一番始めの機体
司令官はこの機体が開発されたときこういったという。
「キタアァ↑!!!」
性能は純粋に素晴らしい。
また、ノンストップ爆撃(爆弾を落とす際にいちいち止まらずに進みながら爆撃できること)ができるという利点もある。
丙型より後に開発されたものの、丙型のほうにトラブルがあったため、乙型が先になった。

武装
爆弾 9スタック(ディスぺンサーの中に収納)
7.7mm 9スタック
30mm(槍) 15スタック
燃料 詰めるだけいっぱい

丙型戦闘機

長距離戦を目的とした戦闘機。
乙型よりも先に開発を進められたものの、光源を何にするかでトラブルになり、乙型よりも後に完成。
火力!火力!な機体で、30mm18スタックはもはや異常。

武装
7.7mm 5スタック
30mm 18スタック
燃料 詰めるだけいっぱい

丁型爆撃機

長距離戦を目的とした中型爆撃機。
「空襲って、火力なんだよなあ」
という司令官(火力狂)のコンセプトにより発明。
爆弾27スタック・・・。へ?

武装
7.7mm 15スタック
爆弾 27スタック(ディスペンサーの中に収納)

昇竜

自国の真上に来た敵機を叩き落とすために開発された局地戦闘機
先端についている爆弾を、はしごごと敵機に突き刺して、爆破しおとす
損耗率が一番高い

武装
30mm 10スタック
対航空用爆弾 1
燃料 18スタック

ヲ型輸送機

遠くの国や基地に物資を送ったりする輸送機。
通称「こうのとり」
名前の通り、輸送中の妊婦が赤ちゃんを産んだという例がたくさんある
助産師先輩ですね、分かります。
武装はない。きれいだわ。血で汚れてないわ。すばらしい

燃料 詰めるだけいっぱい

重爆撃機 鈍龍

別にあんまり需要がないけど作られちゃった重爆。
鈍龍というありがたくない名前をもらっちゃったけど、名前の通りどんくさい。
甲型がおばあちゃんなら、これはひいおばあちゃん

武装
7.7mm 20スタック
爆弾 27スタック(ディスペンサーの中に収納)
燃料 つめるだけいっぱい
+いったい自分は何でできているのだろう?
  • はんれいなんですよ。яの71%は微妙さで出来ています。
  • はんれいなんですよ。яの22%は夢で出来ています。
  • はんれいなんですよ。яの4%は罠で出来ています。
  • はんれいなんですよ。яの1%は怨念で出来ています。
  • はんれいなんですよ。яの1%は不思議で出来ています。
  • はんれいなんですよ。яの1%は度胸で出来ています。
  • この過酷な世界でリスポーン一回のみの、国造り戦争サバイバルの55%は罠で出来ています。
  • この過酷な世界でリスポーン一回のみの、国造り戦争サバイバルの43%は運で出来ています。
  • この過酷な世界でリスポーン一回のみの、国造り戦争サバイバルの1%は祝福で出来ています。
  • この過酷な世界でリスポーン一回のみの、国造り戦争サバイバルの1%は白インクで出来ています。
  • 新 みんなでつくろうMinebloksの48%は気合で出来ています。
  • 新 みんなでつくろうMinebloksの23%は鉄の意志で出来ています。
  • 新 みんなでつくろうMinebloksの7%は濃硫酸で出来ています。
  • 新 みんなでつくろうMinebloksの6%は純金で出来ています。
  • 新 みんなでつくろうMinebloksの6%は波動で出来ています。
  • 新 みんなでつくろうMinebloksの5%は華麗さで出来ています。
  • 新 みんなでつくろうMinebloksの3%は情報で出来ています。
  • 新 みんなでつくろうMinebloksの2%はかわいさで出来ています。


+コメント欄
名前
コメント
  • 容量をダスッ ダスッダスッダスッ -- ラオス (2017-10-17 19:44:09)
  • そうですn・・・おっと誰か来たようだ -- はんれいなんですよ。я (2017-10-14 20:52:23)
  • ひまっちってた○っちになんとなく似ているよね -- ラオス (2017-10-10 19:53:33)
  • じゃがポリじゃがポリ味… 破壊兵器だけが作られる世界 -- ラオス (2017-10-08 20:14:46)
  • おいしそうだなあ(震え)  りょうたんかわいい -- miu (2017-10-08 19:42:45)
  • じゃがぽり雪見大福味・・・これもうわかんねえや -- はんれいなんですよ。я (2017-10-08 19:35:24)
  • いぇーい!じゃあこれまたお久しぶりの雪見大福を投下。笑 ついでにじゃがぽrごめんなさいなんでもないです -- miu (2017-10-01 22:22:15)
  • やったー!コメントだー!あーちゃん久しぶり! -- マルサク (2017-10-01 21:58:48)
  • 大量破壊兵器恐ろし・・・\(^o^)/ -- miu (2017-09-30 22:07:35)
  • まさかの実写 -- ラオス (2017-09-11 16:27:46)
  • そろそろ支援絵2枚目にコメント欲しいなぁー・・・チラッ -- 普通の人(別PC) (2017-09-10 15:22:43)
  • まあ その味 じゃぽねーずをかけてもあんま変わんないので○んだ人が1000万人突破しました! -- ラオス (2017-09-10 10:43:26)
  • 大量破壊兵器…。ですな -- はんれいなんですよ。я (2017-09-09 20:44:28)
  • 涼はじゃがポリ食って0んだのですね! 多分幻と言われるミックス味なんじゃあ(ゲ○+猛毒+デスソース) -- ラオス (2017-09-04 18:16:38)
  • 支援絵書けたけどパソコンがおだぶつ・・・ -- 普通の人(別PC) (2017-08-29 15:22:05)
  • 管理人さん?(チラッ) -- マルサク (2017-08-28 15:58:32)
  • 新シリーズだぁぁぁぁぁぁぁ!(( ラオ剣っぉぃ^p^ ページ名が変わる日は来るのか…汗 -- miu (2017-08-27 21:28:15)
  • ジャンプすれば一撃というすさまじい威力 -- はんれいなんですよ。я (2017-08-27 21:09:49)
  • 僕が考えたのにこの表情w→^0^ これはもう大切に扱ってくださいw -- ラオス (2017-08-26 23:24:42)
  • 日本・・・? -- マルサク (2017-08-25 16:34:18)
  • この機体最大の弱点 落ちやすい -- ラオス (2017-08-24 18:06:47)
  • 墜落した時にロストしないから便利そうと感じた。 -- マルサク (2017-08-24 18:01:15)
  • 新しい機体を考えた 超共有型重輸送爆撃機 いつものエンジンが両端にある そしてチェストがあり ディスペンサー 真ん中にエンダーチェスト 面倒くさい 面倒くさすぎる -- ラオス (2017-08-23 15:25:47)
  • ありがとうございます!支援絵描けるの羨ましいです・・・。ナカノヒトは絵が下手なので。 -- マルサク (2017-08-23 12:47:05)
  • また近いうちに支援絵描きましょうかね・・・あ、リアルで -- 普通の人 (2017-08-22 19:12:39)
  • 確かに爆発威力を高めるのにいいかもしれませんね!ただ、サバイバルだと火薬の調達が大変そうですね -- マルサク (2017-08-22 12:54:52)
  • おお!お久しぶりです!今回の世界はルールも含めてかなりハードな感じなので、土曜日の本編と配布ワールドには期待していてください!一応下にはバックアップ用に未完成のワールドもあるんですけど、あのなかで配布に一番完成に近いのは「ぴれの完成形」です。 -- マルサク (2017-08-22 12:48:07)
  • 核の作り方 クロックとtnt入りディスペンサーを空中に置いたらどうなんですかねぇ tntは64個ほど -- ラオス (2017-08-22 12:36:03)
  • よーみんなお久しぶり windows10に変えてきたぜー -- ラオス (2017-08-22 12:32:06)
  • やったぜ!次シリーズは鈍竜が例の兵器で活躍するかもしれない -- マルサク (2017-07-20 17:35:57)
  • じゃあ、そろそろ暑くなってきたし、雪見大福を差し入れに・・・ -- miu (2017-06-06 22:26:47)
  • ワールド作りが進まない症候群 -- はんれいなんですよ。я (2017-06-04 21:47:55)
  • 出来ないこともないかなー。あ、更新あと一ヶ月待って下さい・・・。 -- マルサク (2017-05-23 23:02:50)
  • アメリカ軍…って事は核兵器が落とされるのだろうか…(wkwk)核兵器わくわく -- ナコト写本 (2017-05-18 19:47:37)
  • あと、ここは連コメはおーけーですよ~。次シリーズはアメリカ軍並みの物量の敵が待ち構えておりますゆえ・・・。様子についてはページトップのをご覧ください -- はんれいなんですよ。я (2017-05-07 10:52:30)
  • と思うじゃろ?それがな、次からの新ルールで爆弾は航空限定になったのじゃよ。あと、爆弾は卵みたいに遠投が出来ないから航空でしか使わないと決めているのだ。あの着火した時がたまんないのだよ。 -- はんれいなんですよ。я (2017-05-07 10:50:25)
  • 連コメゴメン あと火打ち石でTNT着火できてなおかつコストも卵を生むの待つ時間もないので普通にこの世界でチートアイテム候補になっている件について 長文すまそ -- ラオス (2017-05-06 18:52:42)
  • 配布1弾やったが縛りがなくても足場の価値が0になった件について -- コアラ (2017-05-06 18:46:50)
  • え、私に描けと?(((違う(でも描きたかったりする←  いや普通さんのあの笑顔と感動的なのには勝てねえぜ…(´;ω;`) -- miu (2017-05-01 20:57:08)
  • 描いてやったんだから私に支援絵くださいよ(殴 すんませんなんでもないです、miuさんのと比べるとくっそ下手・・・うっ -- 普通の人(別PC) (2017-05-01 18:37:39)
  • 私を誉めたって何も出ないぞ・・・?! 完結おめでとう!楽しかったぞ。二期も面白そうなのでwktkしてます 無理せずね!(てか誰かコメントしようよ私どんだけ連コメしてるんだよ恥ずかしいじゃないか!) -- miu (2017-05-01 15:50:01)
  • 不発弾多すぎ、どんなバグだ・・・。 支援絵、水曜あたりに描き終わってはんさん来たら見せようと思ってたけど、入れ違いになったのでマイチャの自由帳に貼っておきました・・・最初からこうして言っておけばよかった。。。ごめんね -- miu (2017-04-23 21:46:35)
  • 支援絵描き終ってなくてあわあわするmiu氏(泡まみれではありません) -- miu (2017-04-17 17:23:25)
  • なんか感謝しかもらってねぇwまぁ喜ばれることは大変うれしいことなので、とりあえずこっちからもありがとうと言っておきます -- 普通の人 (2017-04-16 22:45:42)
  • 嬉しくて泣きそうになった・・・。ありがとう! -- はんれいなんですよ。я (2017-04-16 20:33:54)
  • なんかすっごく下手ですが・・・載せてもらいました -- 普通の人 (2017-04-16 13:53:37)
  • 普通さん、支援絵コーナーを作りましたので、そこにお願いします。 マーク、うん。それであってるはず -- はんれいなんですよ。я (2017-04-15 21:41:37)
  • 配布ワールドだが、ファイル名をクリックしてダウンロード→zipを解凍→マイブロで読み込む という手順ですよね -- Mr.M (2017-04-14 07:36:19)
  • 支援絵はどこに載せておけばいいですか? -- 普通の人 (2017-04-14 02:54:33)
  • やったよう!(なんだこのしゃべり方は・・・?自分でもわからなくなってきた) -- はんれいなんですよ。я (2017-04-13 16:54:25)
  • 気が向いたら支援絵描くかもしれないよう!(便乗) -- naihaary (2017-04-11 22:20:15)
  • 了解だよう! (・・・ポーランドの国旗でも添えておこうか・・・) -- miu (2017-04-11 21:11:19)
  • これはヘッドホンだよう!あと関係ないけどポーランド万歳! -- はんれいなんですよ。я (2017-04-10 21:51:45)
  • 支援絵・・・想像力と創造力が欠けた私にどうしろって言うんだよお!() はんさんのスキンの頭についてるものが何なのかを教えてくれたら・・・考えようかな・・・ -- miu (2017-04-10 21:12:35)
  • エンチャントコマンドの仕方がわからないんだよって、うわっ! -- はんれいなんですよ。я (2017-04-10 16:38:37)
  • おいい怨念の剣出てねえじゃねえかああ おのれはんれい ダークスマッシュ!!! -- 名無しさん (2017-04-10 15:48:07)
  • 受験なんてえええ(やけ) 連続更新お疲れ様でしたあ!私の圧に耐えるなんて凄いぞ偉いぞはんさん(何様 -- miu (2017-04-06 21:25:33)
  • 超投槍ストーリー -- はんれいなんですよ。я (2017-04-06 16:59:03)
  • 俺は今年受験である。僕も6年くらいに戻りたい。投槍=ジャベリング=ナカノヒト -- @暇人@ (2017-04-05 20:25:01)
  • サバイバルで全部建設は凄いなあ、っていうか宝箱レベ9なのか。雪見大福が誕生日プレゼントって・・・^q^ -- miu (2017-04-05 08:30:22)
  • 更新本当にお疲れ様です(_ _*) おぉ、時鳳さんや!!わかってはいたけど優雨ちゃん居なくてショック・・・() -- miu (2017-04-05 08:28:44)
  • 今日は更新出来ませんでした・・・。すいません・・・。自宅に帰るためにパソコンが開けませんでした・・・。 -- マルサク (2017-04-02 21:46:18)
  • レベル9 誕生日プレゼントですね! -- はんれいなんですよ。я (2017-03-31 17:23:06)
  • あっ欠陥住宅の匠に宝箱破壊された・・・(´・д・`) -- miu (2017-03-31 10:13:44)
  • すっすごい症状だ・・・じゃあ雪見大福詰め合わせ宝箱贈ってあげよう 宝箱歓喜度はいかに・・・ -- miu (2017-03-31 10:12:00)
  • 雪見大福がないと手が震えてしまう・・・。(末期症状) -- はんれいなんですよ。я (2017-03-30 11:40:39)
  • 凄い企画だ…無理しない程度に頑張れえ雪見大福置いておくからあ -- miu (2017-03-30 09:57:49)
  • えぇ・・・。 -- はんれいなんですよ。я (2017-03-29 18:50:16)
  • 7:30は飯タイムなんだよ… -- @暇人@ (2017-03-29 17:28:51)
  • 出来るかはわからないですが、29日の夜7時30分に「普通のはんれい」で開きますね!パスワードは1158 -- マルサク (2017-03-28 08:07:38)
  • ネコ戦車ご一緒にやりたいでーす! -- 普通の人 (2017-03-27 21:16:53)
  • よく分からん -- はんれいなんですよ。я (2017-03-27 16:15:41)
  • 休暇って、楽しい。あ、自分の戦争ワールドの初期の配布します! -- はんれいなんですよ。я (2017-03-27 16:06:50)
  • パスワードは0124 -- はんれいなんですよ。я (2017-03-26 20:35:36)
  • あの赤い光に導かれて…。ほんとこたつは人をこたつむりにする! -- はんれいなんですよ。я (2017-03-26 20:25:15)
  • はんさん、君は頑張った・・・休みを授けよう・・・ついでにこたつとみかんもあげる() ねこ戦行きたいけどPCががががががが -- miu (2017-03-26 09:59:50)
  • 画像ミス・・・。どなたか直していただけないでしょうか? -- マルサク (2017-03-24 17:02:53)
  • やったぜ! -- マルサク (2017-03-23 18:27:02)
  • うん、元k(ザシュ この怨念はじゃがポリ食って死んだ人の怨念 エンチャント(最大レべ)済でーす -- コアラ (2017-03-23 15:45:42)
  • おん?このダイヤの剣持ったらなんか無性に切りたくなってk・・・。っていうかお久しぶりです!お元気ですか! -- はんれいなんですよ。я (2017-03-22 16:32:23)
  • 怨念の剣(ダイヤ剣)を輸出シモースww -- コアラ (2017-03-22 15:04:55)
  • 圧縮→硬くなる・・・? な、なんじゃと! -- マルサク (2017-03-21 23:13:55)
  • じゃあ圧縮する…?←  スケさんは私が派遣した(大嘘) -- miu (2017-03-21 18:43:13)
  • 破裂するぅ・・・! -- マルサク (2017-03-14 18:32:13)
  • 6話も?!期待しておくね^^ あ、潰れちゃったのか・・・じゃあ空気を入れよう(物理) -- miu (2017-03-13 20:11:12)
  • 暇さんに続き…。潰れるぅ・・・!まあ多分6話まではいけるよ多分(震え声) -- はんれいなんですよ。я (2017-03-12 21:40:03)
  • kuwaと初神刀に笑いました^q^ 最近更新多くて嬉しいれす。春休みも順調だろうな♪(圧力 -- miu (2017-03-11 22:03:34)
  • シベリア送り(苦笑)醤油ですね!異論は認めん。某管理人が見たら気絶しそう。 -- マルサク (2017-03-06 17:18:10)
  • 本編だ、やったね! ん?ちょっと待てよ、鳥…?鶏……?…あっ(察し) -- miu (2017-03-06 16:36:19)
  • ラーメンは醤油。反論は許さん -- Mr.M (2017-03-06 06:13:35)
  • あれなんか大日本帝国戦闘機の名前が聞こえ・・・、え、ちょ、なんすか?今時そんな軍服誰も着てませんって。ちょちょちょ、どこつれてくんすかえ、ちょ、ま・・・アーー!! -- BOX (2017-03-05 21:57:31)
  • 定番こそ正義 -- マルサク (2017-02-27 17:23:55)
  • ひいおばあちゃんまで出てきた・・・?!() ラーメン・・・醤油ですかねえ~ -- miu (2017-02-27 14:54:51)
  • ラーメン何味が好きですか?自分は醤油と塩が好きです! -- マルサク (2017-02-23 19:23:12)
  • はんれいの意志は、シャボン玉。 -- マルサク (2017-02-20 17:29:02)
  • 鉄の意志・・・( ゚д゚)ハッ! -- 普通の人 (2017-02-19 21:48:33)
  • 振り落とされるってマジか^q^ おばあちゃんや・・・お元気かい・・・(謎) -- miu (2017-02-17 20:17:08)
  • 散花は、↓押してないと振り落とされる・・・。おばあちゃんです。真面目に。 -- マルサク (2017-02-14 17:09:36)
  • 特攻機2つ来てなんか切ねえとか思ってたらおばあちゃんに笑った -- miu (2017-02-13 17:21:16)
  • 機体紹介の初っ端が特攻機とは…。 -- はんれいなんですよ。я (2017-02-12 21:19:35)
  • ワールドデータ破壊・・・oh...^q^ -- miu (2017-02-05 08:32:10)
  • 反省します・・・。 -- マルサク (2017-01-31 23:05:53)
  • 画像アップロード・・・ -- つばめ (2017-01-31 07:46:50)
  • あまりにも急ぎ過ぎて・・・。次回はまともなのを上げますので、期待して待っていて下さい!でも土日しか編集が出来ない非情な現実 -- マルサク (2017-01-30 18:35:40)
  • まさかの新日記ジャマイカ 頑張れ!れれ! 画像うp出来てないよ -- Mr.M (2017-01-30 01:34:02)

添付ファイル