ワールド

3つの世界

マインブロックスには主に3つの世界があります。

 •草木が生い茂ったり雪が降っていたりする地上、

 •全体的に暗く独特の雰囲気のモンスターがわく地獄のようなネザー、

 •このゲームで最後にたどり着くで場所でありラスボスのいるエンド

                               この3つです。

ここではこの3つのワールドについて書いていきます。

 

地上世界

昼夜がはっきりとしゾンビやクリーパーなどがわく世界。ここには草木が生い茂り海や山などがあります。

牛や豚などの生き物もいて少しにぎやかです。洞窟やスポーンブロック、空にはエンドに行くための祭壇のある島が生成されたりします。

プレイヤーは主にここで暮らします。  

ワールドの端は2ブロックの厚さの岩盤の壁が敷き詰められています。

砂漠や海、雪国などのバイオームもあります。

 

 

ネザー

常に真っ暗でマグマの湖がある。地上世界で湧くモンスターはネザーアイとエンダーマン以外はわかずネザー専用のMOBがわく。

とてもプレイヤーが住めるような環境ではないが木が植えられるはずなので縛りプレイなどでは重宝するかもしれない。

あちこちにボーンブロック(骨ブロック)があり大量の骨を確保できたり、城があるため素材を集めるだけに来ることになるだろう。

エンドにいくためには必ずいかなければならない(エンダーアイを作るときに必要なブレイズパウダーの原料のブレイズロッドが必要なため)

                                                    

エンド

プレイヤーが最後にたどり着くワールドにしてラスボスのいるところでもある。ネザーのように暗いものの岩盤はなく落ちれば奈落へまっさかさまである。このワールドにはエンダーマンしかスポーンしなくまた、ゲームのラスボスであるエンダードラゴンがいる。

基本的にエンドストーンで構成されておりエンダージェムという鉱石が生成される。このエンダージェムは作業台でヒーリングクリスタルを作れる。あちこちに 黒曜石の塔があり上にはエンダードラゴンの体力を回復するエンダークリスタルが置いてある。このジ・エンドにいるエンダードラゴンを倒すと地上に帰るため の祭壇が生成されてエンディングとなる