※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「設問205:赤提灯の親爺」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

設問205:赤提灯の親爺」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 **データ製作者情報(以下の4行を必要な数だけコピペしてください)
 プレイヤー名:KODOKU
 PC名:KODOKU
 所属藩国:人狼領地
 連絡先(Twitterまたはe-mail):@gudu_kodoku
 
 状態:完了
 (※終わったら「完了」にしてください)
 ----
 ※この下の行にツールから出力した@wiki形式のデータを張り付けて保存してください。(この行は消さなくて結構です)
 
 
 *部品構造
 
 -大部品: 赤提灯の親爺 RD:10 評価値:5
 --部品: 収入源
 --部品: 提供する食品
 --部品: 酒類の取り扱い
 --部品: 資格の取り扱い
 --大部品: 能力 RD:3 評価値:2
 ---部品: 人生についての助言と説教
 ---部品: アフターフォローの行動様式
 ---部品: 優しさで元気づける
 --部品: 暴力・破壊行為をしないよう配慮する
 --部品: 治安当局への連絡
 --部品: 着用制限
 
 
 
 *部品定義
 
 **部品: 収入源
 屋台を引いて、軽食や飲料を提供し、対価を得ている。屋台さえ設置できればどこにでも出店する。貧困層でも手が出せる価格設定である。
 
 **部品: 提供する食品
 基本的に、本人が住んでいるで生産される食品を簡単に加工して提供している。ただし知能のあるものやその地域で信仰の対象になるもの、麻薬効果のあるもの、摂取により心身に悪影響があるこのは扱わない。
 
 **部品: 酒類の取り扱い
 アルコール類関しては、本人が住んでいる地域で生産されていれば取り扱う。法規制がどうあれ、客が明らかに未成年である場合には提供を断る。
 
 **部品: 資格の取り扱い
 営業を行う地域や藩国で、食品や飲料、販売の取り扱いに免許や資格が必要であれば、その資格を取得しなければ営業できない。無資格で営業して取り締まられる事はリスクであり、職業を続けるために、そのようなリスクは回避しようとする。
 
 **部品: 人生についての助言と説教
 愚痴や弱音、文句を合いの手を入れながら聞いてくれる。内容が余りにネガティブだと人生についての助言、調子に乗っていると説教が始まる。
 
 **部品: アフターフォローの行動様式
 助言や説教をされると、客は一端凹む。しかしその後、親爺は黙って頼んでいないメニューをおまけで出してくれ、黙って客の肩を叩く。
 
 **部品: 優しさで元気づける
 客は、説教をされてオマケを出されると、それは優しさから出た説教であり、自分の事を案じてくれるのだと思うことができる。優しさを感じ、自分の事を気にかけてくれる存在がいるという事実から、心が元気になり、明日を生き抜く活力を得て前向きになることができる。その元気は、厳しくつらい現実においては長続きしないだろうが、その時はまた親爺に会いに店に来ればいいのだ。
 
 **部品: 暴力・破壊行為をしないよう配慮する
 店の評判が悪くなっては、客足が悪くなる。そのため、暴力行為や破壊行為を行わないよう、最大限配慮する。したがってこの職業のみでは戦闘や破壊活動に参加することは出来ない。本人と客に危害が及ぶ場合はこの限りではないが、相手を殺しても信用を失うため、殺害も出来るだけ避けようとする。
 
 **部品: 治安当局への連絡
 店に来た客からの相談や愚痴の情報に、特定の人物や団体の犯罪行為に関するものがあった場合、治安当局か、それがなければ藩国政庁に連絡する。
 
 **部品: 着用制限
 生身の肉体と自我を持つ種族のみ着用することができる(機械の無人兵器などは着用できない)。職業名は比喩である。赤提灯をぶら下げていなくても、壮年男性でなくてもよい。許可さえ出れば例えば潜水艦の中でも営業を始める。
 
 
 
 *提出書式
 
   大部品: 赤提灯の親爺 RD:10 評価値:5
   -部品: 収入源
   -部品: 提供する食品
   -部品: 酒類の取り扱い
   -部品: 資格の取り扱い
   -大部品: 能力 RD:3 評価値:2
   --部品: 人生についての助言と説教
   --部品: アフターフォローの行動様式
   --部品: 優しさで元気づける
   -部品: 暴力・破壊行為をしないよう配慮する
   -部品: 治安当局への連絡
   -部品: 着用制限
   
   
   部品: 収入源
   屋台を引いて、軽食や飲料を提供し、対価を得ている。屋台さえ設置できればどこにでも出店する。貧困層でも手が出せる価格設定である。
   
   部品: 提供する食品
   基本的に、本人が住んでいるで生産される食品を簡単に加工して提供している。ただし知能のあるものやその地域で信仰の対象になるもの、麻薬効果のあるもの、摂取により心身に悪影響があるこのは扱わない。
   
   部品: 酒類の取り扱い
   アルコール類関しては、本人が住んでいる地域で生産されていれば取り扱う。法規制がどうあれ、客が明らかに未成年である場合には提供を断る。
   
   部品: 資格の取り扱い
   営業を行う地域や藩国で、食品や飲料、販売の取り扱いに免許や資格が必要であれば、その資格を取得しなければ営業できない。無資格で営業して取り締まられる事はリスクであり、職業を続けるために、そのようなリスクは回避しようとする。
   
   部品: 人生についての助言と説教
   愚痴や弱音、文句を合いの手を入れながら聞いてくれる。内容が余りにネガティブだと人生についての助言、調子に乗っていると説教が始まる。
   
   部品: アフターフォローの行動様式
   助言や説教をされると、客は一端凹む。しかしその後、親爺は黙って頼んでいないメニューをおまけで出してくれ、黙って客の肩を叩く。
   
   部品: 優しさで元気づける
   客は、説教をされてオマケを出されると、それは優しさから出た説教であり、自分の事を案じてくれるのだと思うことができる。優しさを感じ、自分の事を気にかけてくれる存在がいるという事実から、心が元気になり、明日を生き抜く活力を得て前向きになることができる。その元気は、厳しくつらい現実においては長続きしないだろうが、その時はまた親爺に会いに店に来ればいいのだ。
   
   部品: 暴力・破壊行為をしないよう配慮する
   店の評判が悪くなっては、客足が悪くなる。そのため、暴力行為や破壊行為を行わないよう、最大限配慮する。したがってこの職業のみでは戦闘や破壊活動に参加することは出来ない。本人と客に危害が及ぶ場合はこの限りではないが、相手を殺しても信用を失うため、殺害も出来るだけ避けようとする。
   
   部品: 治安当局への連絡
   店に来た客からの相談や愚痴の情報に、特定の人物や団体の犯罪行為に関するものがあった場合、治安当局か、それがなければ藩国政庁に連絡する。
   
   部品: 着用制限
   生身の肉体と自我を持つ種族のみ着用することができる(機械の無人兵器などは着用できない)。職業名は比喩である。赤提灯をぶら下げていなくても、壮年男性でなくてもよい。許可さえ出れば例えば潜水艦の中でも営業を始める。
   
   
 
 
 *インポート用定義データ
 
   [
     {
       "title": "赤提灯の親爺",
       "type": "group",
       "children": [
         {
           "title": "収入源",
           "description": "屋台を引いて、軽食や飲料を提供し、対価を得ている。屋台さえ設置できればどこにでも出店する。貧困層でも手が出せる価格設定である。",
           "type": "parts"
         },
         {
           "title": "提供する食品",
           "description": "基本的に、本人が住んでいるで生産される食品を簡単に加工して提供している。ただし知能のあるものやその地域で信仰の対象になるもの、麻薬効果のあるもの、摂取により心身に悪影響があるこのは扱わない。",
           "type": "parts"
         },
         {
           "title": "酒類の取り扱い",
           "description": "アルコール類関しては、本人が住んでいる地域で生産されていれば取り扱う。法規制がどうあれ、客が明らかに未成年である場合には提供を断る。",
           "type": "parts"
         },
         {
           "title": "資格の取り扱い",
           "description": "営業を行う地域や藩国で、食品や飲料、販売の取り扱いに免許や資格が必要であれば、その資格を取得しなければ営業できない。無資格で営業して取り締まられる事はリスクであり、職業を続けるために、そのようなリスクは回避しようとする。",
           "type": "parts",
           "expanded": true
         },
         {
           "title": "能力",
           "type": "group",
           "children": [
             {
               "title": "人生についての助言と説教",
               "description": "愚痴や弱音、文句を合いの手を入れながら聞いてくれる。内容が余りにネガティブだと人生についての助言、調子に乗っていると説教が始まる。",
               "type": "parts"
             },
             {
               "title": "アフターフォローの行動様式",
               "description": "助言や説教をされると、客は一端凹む。しかしその後、親爺は黙って頼んでいないメニューをおまけで出してくれ、黙って客の肩を叩く。",
               "type": "parts",
               "expanded": true
             },
             {
               "title": "優しさで元気づける",
               "description": "客は、説教をされてオマケを出されると、それは優しさから出た説教であり、自分の事を案じてくれるのだと思うことができる。優しさを感じ、自分の事を気にかけてくれる存在がいるという事実から、心が元気になり、明日を生き抜く活力を得て前向きになることができる。その元気は、厳しくつらい現実においては長続きしないだろうが、その時はまた親爺に会いに店に来ればいいのだ。",
               "type": "parts",
               "expanded": true
             }
           ],
           "expanded": true
         },
         {
           "title": "暴力・破壊行為をしないよう配慮する",
           "description": "店の評判が悪くなっては、客足が悪くなる。そのため、暴力行為や破壊行為を行わないよう、最大限配慮する。したがってこの職業のみでは戦闘や破壊活動に参加することは出来ない。本人と客に危害が及ぶ場合はこの限りではないが、相手を殺しても信用を失うため、殺害も出来るだけ避けようとする。",
           "type": "parts",
           "expanded": true
         },
         {
           "title": "治安当局への連絡",
           "description": "店に来た客からの相談や愚痴の情報に、特定の人物や団体の犯罪行為に関するものがあった場合、治安当局か、それがなければ藩国政庁に連絡する。",
           "type": "parts",
           "expanded": true
         },
         {
           "title": "着用制限",
           "description": "生身の肉体と自我を持つ種族のみ着用することができる(機械の無人兵器などは着用できない)。職業名は比喩である。赤提灯をぶら下げていなくても、壮年男性でなくてもよい。許可さえ出れば例えば潜水艦の中でも営業を始める。",
           "type": "parts",
           "expanded": true
         }
       ],
       "expanded": true
     }
   ]