設問205:アウトロー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

データ製作者情報(以下の4行を必要な数だけコピペしてください)

プレイヤー名:オカミチ
PC名:オカミチ
所属藩国:FVB
連絡先(Twitterまたはe-mail):@okamichi_a

状態:完了
(※終わったら「完了」にしてください)

※この下の行にツールから出力した@wiki形式のデータを張り付けて保存してください。(この行は消さなくて結構です)

部品構造


  • 大部品: アウトロー RD:4 評価値:3
    • 部品: 概要
    • 部品: 違法行為
    • 部品: アウトローに対する社会のあつかい
    • 部品: アウトローのサバイバル術



部品定義


部品: 概要

アウトローとは法的社会制度から外れた存在、いわゆる犯罪常習者のことである。各地域の法に則り逮捕され刑に服する者も多くいるが未だに警察などの司法の手をすりぬけて検挙されていない者も存在する。

部品: 違法行為

彼らはさまざまな違法行為によって利益を得ており、社会に損害をあたえている。強力な警察や法曹組織が存在する地域であればほとんど者は司法の裁きを逃れられない。しかし中には長い間巧妙に捜査から隠れる者も存在する。

部品: アウトローに対する社会のあつかい

一般的に個人や社会に損害をあたえるアウトロー達は、他の社会構成員からは反感や嫌悪の眼を向けられるため、非協力的態度で接せられ警察などに通報される場合がほとんどである。彼らはすでに違法行為に手を染めており、合法的に更生させるためには逮捕し量刑を受けてからという事になる。

部品: アウトローのサバイバル術

法の外で生きることになるアウトローは社会制度のサービスをほとんど受けられないため、恐喝などの違法手段を重ねて生きていくことになる。アウトロー同士が集団化する場合もある。ただし強力な治安能力のある地域では頻繁に検挙されるために大規模化はしにくくなり、警察能力の乏しい地域においてもアウトロー集団同士の衝突が良く起こる理由などで、どちらにせよ長期にわたってアウトローとして活動することは難しい。



提出書式


 大部品: アウトロー RD:4 評価値:3
 -部品: 概要
 -部品: 違法行為
 -部品: アウトローに対する社会のあつかい
 -部品: アウトローのサバイバル術
 
 
 部品: 概要
 アウトローとは法的社会制度から外れた存在、いわゆる犯罪常習者のことである。各地域の法に則り逮捕され刑に服する者も多くいるが未だに警察などの司法の手をすりぬけて検挙されていない者も存在する。
 
 部品: 違法行為
 彼らはさまざまな違法行為によって利益を得ており、社会に損害をあたえている。強力な警察や法曹組織が存在する地域であればほとんど者は司法の裁きを逃れられない。しかし中には長い間巧妙に捜査から隠れる者も存在する。
 
 部品: アウトローに対する社会のあつかい
 一般的に個人や社会に損害をあたえるアウトロー達は、他の社会構成員からは反感や嫌悪の眼を向けられるため、非協力的態度で接せられ警察などに通報される場合がほとんどである。彼らはすでに違法行為に手を染めており、合法的に更生させるためには逮捕し量刑を受けてからという事になる。
 
 部品: アウトローのサバイバル術
 法の外で生きることになるアウトローは社会制度のサービスをほとんど受けられないため、恐喝などの違法手段を重ねて生きていくことになる。アウトロー同士が集団化する場合もある。ただし強力な治安能力のある地域では頻繁に検挙されるために大規模化はしにくくなり、警察能力の乏しい地域においてもアウトロー集団同士の衝突が良く起こる理由などで、どちらにせよ長期にわたってアウトローとして活動することは難しい。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "アウトロー",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "概要",
         "description": "アウトローとは法的社会制度から外れた存在、いわゆる犯罪常習者のことである。各地域の法に則り逮捕され刑に服する者も多くいるが未だに警察などの司法の手をすりぬけて検挙されていない者も存在する。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "違法行為",
         "description": "彼らはさまざまな違法行為によって利益を得ており、社会に損害をあたえている。強力な警察や法曹組織が存在する地域であればほとんど者は司法の裁きを逃れられない。しかし中には長い間巧妙に捜査から隠れる者も存在する。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "アウトローに対する社会のあつかい",
         "description": "一般的に個人や社会に損害をあたえるアウトロー達は、他の社会構成員からは反感や嫌悪の眼を向けられるため、非協力的態度で接せられ警察などに通報される場合がほとんどである。彼らはすでに違法行為に手を染めており、合法的に更生させるためには逮捕し量刑を受けてからという事になる。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "アウトローのサバイバル術",
         "description": "法の外で生きることになるアウトローは社会制度のサービスをほとんど受けられないため、恐喝などの違法手段を重ねて生きていくことになる。アウトロー同士が集団化する場合もある。ただし強力な治安能力のある地域では頻繁に検挙されるために大規模化はしにくくなり、警察能力の乏しい地域においてもアウトロー集団同士の衝突が良く起こる理由などで、どちらにせよ長期にわたってアウトローとして活動することは難しい。",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]