設問205:縁側のお婆ちゃん

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

データ製作者情報(以下の4行を必要な数だけコピペしてください)

プレイヤー名:KODOKU
PC名:KODOKU
所属藩国:人狼領地
連絡先(Twitterまたはe-mail):@gudu_kodoku

状態:完了
(※終わったら「完了」にしてください)

※この下の行にツールから出力した@wiki形式のデータを張り付けて保存してください。(この行は消さなくて結構です)

部品構造


  • 大部品: 縁側のおばあちゃん RD:9 評価値:5
    • 部品: 補助的な能力
    • 部品: 自身の収入源
    • 部品: 職業倫理
    • 部品: 着用制限
    • 大部品: 相談者からの報酬 RD:2 評価値:1
      • 部品: 金銭以外の報酬
      • 部品: 報酬のおすそ分け
    • 大部品: 主な能力 RD:3 評価値:2
      • 部品: 相談に乗る
      • 部品: 直談判
      • 部品: 相手を傷つけない配慮



部品定義


部品: 補助的な能力

近所の人の手伝いをする事が出来る。手伝いの範囲は、犯罪にならない範囲での軽作業(農作業や縫い物などの手仕事、料理など)である。

部品: 自身の収入源

農作業、縫い物、料理などの軽作業を手伝う事で、小遣い程度の収入を得ている。食べ物は相談者からもらえるので、自分の出来る範囲で無理なく働いている。

部品: 職業倫理

相談者からの相談内容や愚痴の内容などを他人に漏らす事は、絶対にない。それは職業としての倫理というよりは、彼らの人としての矜持である。

部品: 着用制限

生身の肉体と自我を持つ種族のみ着用することができる(機械の無人兵器などは着用できない)。職業名は比喩表現であり、縁側でなくあらゆるところに存在してよい。女性や老人でなくてもよい。

部品: 金銭以外の報酬

相談者から金銭で報酬を得ることはないが、作りすぎた夕飯の残りや、農作物やお菓子のおすそ分けを受けるので、飢える事はない。

部品: 報酬のおすそ分け

受け取った報酬で、日持ちしないものは、近所の貧しくて腹をすかせた者達を呼んで振る舞う。その代わりに、彼らに自身の身の回りの事を手伝ってもらっている。

部品: 相談に乗る

近所の人の相談に乗ったり、愚痴を聞いたりして相手の不満やイライラを軽減し、すっきりした前向きな気持ちにさせる。傾聴に徹し、アドバイスすることはない。

部品: 直談判

相談相手からの相談や愚痴の内容が、特定の人物や団体に関する同内容のものが20件を超えた場合、その相手に、相談者の個人情報が特定されないように直談判しに行く。

部品: 相手を傷つけない配慮

縁側のお婆ちゃんは、悩みや困りごと、胸の内に不満を貯めている相手を善意から助けようとする。そのため、どんな相手であろうと、肉体的・精神的に傷つけないよう配慮する。ただし、自らの身に危険が迫った場合、および相談者を守るためであれば、この限りではない。ただし相手を殺害することはできない。



提出書式


 大部品: 縁側のおばあちゃん RD:9 評価値:5
 -部品: 補助的な能力
 -部品: 自身の収入源
 -部品: 職業倫理
 -部品: 着用制限
 -大部品: 相談者からの報酬 RD:2 評価値:1
 --部品: 金銭以外の報酬
 --部品: 報酬のおすそ分け
 -大部品: 主な能力 RD:3 評価値:2
 --部品: 相談に乗る
 --部品: 直談判
 --部品: 相手を傷つけない配慮
 
 
 部品: 補助的な能力
 近所の人の手伝いをする事が出来る。手伝いの範囲は、犯罪にならない範囲での軽作業(農作業や縫い物などの手仕事、料理など)である。
 
 部品: 自身の収入源
 農作業、縫い物、料理などの軽作業を手伝う事で、小遣い程度の収入を得ている。食べ物は相談者からもらえるので、自分の出来る範囲で無理なく働いている。
 
 部品: 職業倫理
 相談者からの相談内容や愚痴の内容などを他人に漏らす事は、絶対にない。それは職業としての倫理というよりは、彼らの人としての矜持である。
 
 部品: 着用制限
 生身の肉体と自我を持つ種族のみ着用することができる(機械の無人兵器などは着用できない)。職業名は比喩表現であり、縁側でなくあらゆるところに存在してよい。女性や老人でなくてもよい。
 
 部品: 金銭以外の報酬
 相談者から金銭で報酬を得ることはないが、作りすぎた夕飯の残りや、農作物やお菓子のおすそ分けを受けるので、飢える事はない。
 
 部品: 報酬のおすそ分け
 受け取った報酬で、日持ちしないものは、近所の貧しくて腹をすかせた者達を呼んで振る舞う。その代わりに、彼らに自身の身の回りの事を手伝ってもらっている。
 
 部品: 相談に乗る
 近所の人の相談に乗ったり、愚痴を聞いたりして相手の不満やイライラを軽減し、すっきりした前向きな気持ちにさせる。傾聴に徹し、アドバイスすることはない。
 
 部品: 直談判
 相談相手からの相談や愚痴の内容が、特定の人物や団体に関する同内容のものが20件を超えた場合、その相手に、相談者の個人情報が特定されないように直談判しに行く。
 
 部品: 相手を傷つけない配慮
 縁側のお婆ちゃんは、悩みや困りごと、胸の内に不満を貯めている相手を善意から助けようとする。そのため、どんな相手であろうと、肉体的・精神的に傷つけないよう配慮する。ただし、自らの身に危険が迫った場合、および相談者を守るためであれば、この限りではない。ただし相手を殺害することはできない。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "縁側のおばあちゃん",
     "description": "Default Root",
     "type": "group",
     "validation": {},
     "children": [
       {
         "title": "補助的な能力",
         "description": "近所の人の手伝いをする事が出来る。手伝いの範囲は、犯罪にならない範囲での軽作業(農作業や縫い物などの手仕事、料理など)である。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "自身の収入源",
         "description": "農作業、縫い物、料理などの軽作業を手伝う事で、小遣い程度の収入を得ている。食べ物は相談者からもらえるので、自分の出来る範囲で無理なく働いている。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "職業倫理",
         "description": "相談者からの相談内容や愚痴の内容などを他人に漏らす事は、絶対にない。それは職業としての倫理というよりは、彼らの人としての矜持である。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "着用制限",
         "description": "生身の肉体と自我を持つ種族のみ着用することができる(機械の無人兵器などは着用できない)。職業名は比喩表現であり、縁側でなくあらゆるところに存在してよい。女性や老人でなくてもよい。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "相談者からの報酬",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "金銭以外の報酬",
             "description": "相談者から金銭で報酬を得ることはないが、作りすぎた夕飯の残りや、農作物やお菓子のおすそ分けを受けるので、飢える事はない。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "報酬のおすそ分け",
             "description": "受け取った報酬で、日持ちしないものは、近所の貧しくて腹をすかせた者達を呼んで振る舞う。その代わりに、彼らに自身の身の回りの事を手伝ってもらっている。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "主な能力",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "相談に乗る",
             "description": "近所の人の相談に乗ったり、愚痴を聞いたりして相手の不満やイライラを軽減し、すっきりした前向きな気持ちにさせる。傾聴に徹し、アドバイスすることはない。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "直談判",
             "description": "相談相手からの相談や愚痴の内容が、特定の人物や団体に関する同内容のものが20件を超えた場合、その相手に、相談者の個人情報が特定されないように直談判しに行く。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "相手を傷つけない配慮",
             "description": "縁側のお婆ちゃんは、悩みや困りごと、胸の内に不満を貯めている相手を善意から助けようとする。そのため、どんな相手であろうと、肉体的・精神的に傷つけないよう配慮する。ただし、自らの身に危険が迫った場合、および相談者を守るためであれば、この限りではない。ただし相手を殺害することはできない。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]